時代小説―読切御免〈第1巻〉 (新潮文庫)

制作 : 新潮社 
  • 新潮社 (2004年2月発売)
3.10
  • (2)
  • (4)
  • (22)
  • (1)
  • (2)
  • 68人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101208350

時代小説―読切御免〈第1巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 1997年刊の新潮社の単行本「歴史の息吹」、「白刃光る」、「市井図絵」の一部を再編集し、コラムを追加して、2004年3月文庫化した7編のアンソロジー。北方謙三:杖下、宮部みゆき:謀りごと、小松重男:一生不犯異聞、安西篤子:刈萱、南原幹雄:決闘小栗坂、皆川博子:土場浄瑠璃の、船戸与一:夜叉鴉。底本になった3冊から選んてあるので、特にテーマは無いようだ。1巻めは、やや硬派な話が多いように思う。

  • 売。
    宮部みゆきに惹かれて買ったら既に手持ちの本に収録されている話でがっかり。
    途中の「一生不犯異聞」が小説と呼べないようなただ起こったことをたんたんと書いていてつまらない。
    萎えて途中放棄。

ツイートする