だまってすわれば―観相師・水野南北一代 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101209142

作品紹介・あらすじ

通りがかりの乞食坊主から「死相がでておる」といわれた大坂の半端やくざ鍵屋の熊太は、見立てがまさに的中しかかったのに驚嘆、心機一転観相を学ぶ。髪結に弟子入りしてあらゆる人間の顔を眼前に眺め、五体を観るために風呂屋の下働き、死者の顔を覗くためには火葬場の人足と職を転々-。「黙って坐れば、ぴたりと当たる」と言われた天下第一の観相師の痛快きわまる一代記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白い。
    出てくるところも大阪がメイン。
    結局占いというものはその人が見たものがすべてということを教えてくれる
    本でした。
    誰かに習ったからそれが正解。何かに書いてあったからそれが正解という
    わけではなく、そういう知識を元にして人を見たことが正解。
    ということをわからせてくれる本でした。

全1件中 1 - 1件を表示

神坂次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×