数学する身体 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101213668

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、東大工学部・理学部数学科を出た(文Ⅱから理転)独立研究者・森田真生(1985年~)が2015年に発表した初の単著で、史上最年少で小林秀雄賞を受賞したもの。(2018年文庫化) 著者は現在、数学をテーマとした著作・講演活動などを行う。
    本書で著者は、古代ギリシアからの数学史、ナチスドイツの「エニグマ暗号」を解読し「人工知能の父」とも言われる英国人アラン・チューリング(1912~54年)、そして、多変数解析関数論の研究で世界的な業績を残した数学者・岡潔(1901~78年)を語りながら、「数学とは何か」、「数学にとって身体とは何か」、「数学とは何であり得るのか」を問うている。その過程では、数多の数学者のほか、建築家の荒川修作、『生物から見た世界』のフォン・ユクスキュル、脳科学者のラマチャンドランなどにも話は及ぶ。
    しかし、解説で鈴木健氏が言っているように、著者の関心は明らかに岡潔に注がれており、著者が岡潔の『日本のこころ』に出会ったときに、「私は、岡潔のことをもっと知りたいと思った。彼が見つめる先に、自分が本当に知りたい何かがあるのではないかとも思った。簡単に言えば、「この人の言葉は信用できる」と直観したのだ。」という確信に基づいて語る言葉は、私には強い印象を残すものであった。
    「「情」や「情緒」という言葉を中心に据えて数学や学問を語り直すことで、岡潔は脳や肉体という窮屈な場所から、「心」を解放していこうとした。・・・岡潔は確かに偉大な数学者であったが、生み出そうとしていたのは数学以上の何かである。」
    「岡は科学を丸ごと否定しているのではない。彼は「零まで」をわかるためには「零から」をわかるのとは違う方法が必要であると言っているのだ。」
    「自他の間を行き交う「情」の宿る個々の肉体は狭い。人はその狭い肉体を背負って、大きな宇宙の小さな場所を引き受ける。その小さな場所は、どこまでも具体的である。友情もあるだろう。恋愛もあるだろう。人と交わした約束や、密かな誓いもあるだろう。苦しい離別もあれば、胸に秘められた愛もあるだろう。そうしたすべてが、ひとつひとつの情緒に、彩りを与える、そこに並々ならぬ集注が伴うと、それが形となって現れる。岡潔の場合、数学となって咲いた。」等々
    私は、岡潔の『春宵十話』は以前読んでおり、その中にあった「数学とはどういうものかというと、自らの情緒を外に表現することによって作り出す学問芸術の一つであって、知性の文字板に、欧米人が数学と呼んでいる形式に表現するものである。」という表現に衝撃を受けたが、その真意は十分には分からなかったし、本書についても、一読しただけで著者の言わんとすることが消化できたとは思えない。
    しかし、著者が「あとがき」に記している「よく生きるために数学をする。そういう数学があってもいいはずである。この直感に、私は形を与えていきたい。」という思いには直感的にシンパシーを覚えるし(更に、岡潔も著者も「よく生きるために●●をする」の●●は「数学」である必要は必ずしもないとも言っているのだ)、それを少しでも身体で感じられるように、今後時間をかけて思索してみたいと思うのである。
    (2018年5月了)

  • 単行本が発売された時、岡潔を語るなんて(稀有な)面白い若者がいるんだな、と思っていた。
    改めて文庫版を見てみると、小林秀雄賞受賞とある。なるほど。『人間の建設』だなー。

    第一章半ばから第二章半ばくらいは、割と流してしまったけど。
    チューリングと心と機械の話。
    コンピュータが、人間の生活の中で密接に関わるようになると、それは単なるモノではなくなってしまうと締められる。

    第三章からは、岡潔と情緒と数学の話。

    「岡潔は常に、「自明(トリヴィアル)ではなく本質(エッセンシャル)」を追求する人である」

    という一文を考える。
    目で見えるモノの世界が、そのモノが秘めている本質とは必ずしも一致しないということか。
    今、ちょうど美について考える機会があって、個人的な感想になるのだけど……。
    人が自然持っている(はずの)感じる心。
    けれど、なぜソレに対して感じるのかという所はその瞬間は明らかには分からない、のだと思う。

    この場合、感じたことは本質なのだろう。
    そして、その本質への帰り道を岡潔は数という世界を通して顕にしようとしたということか。
    自分という身体を通して、本質に接続していく。
    言葉にしたけど、言い切れていないような……。

    「数学は零から」と「零までが大切」という対比は、バランスが危ういほどの深遠を感じる。

    「自他の間を行き交う「情」の世界は広いが、情緒の宿る個々の肉体は狭い。人はその狭い肉体を背負って、大きな宇宙の小さな場所を引き受ける。その小さな場所は、どこまでも具体的である。」

  • 快著である。チューリングに至る、身体性にからめた数学史のさらい方も唸るものがあるが、岡潔を通して、逆方面から数学を大きく、深く写し出した思索も見事である。文も美しい。

  • 「動くことは考えることに似ている」

  • ずっと読んでみたいと思っていたら文庫になったのでさっそく入手。

全5件中 1 - 5件を表示

数学する身体 (新潮文庫)のその他の作品

数学する身体 単行本 数学する身体 森田真生
数学する身体 Kindle版 数学する身体 森田真生

森田真生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
サン=テグジュペ...
村田 沙耶香
サン=テグジュペ...
恩田 陸
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
松村 真宏
ピエール ルメー...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

数学する身体 (新潮文庫)はこんな本です

数学する身体 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする