薬指の標本 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.66
  • (796)
  • (1012)
  • (1633)
  • (155)
  • (24)
本棚登録 : 7841
レビュー : 1093
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101215211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まず「薬指の標本」って何だ?と思う。ちょっと気味悪い。
    ここでの標本は封じ込め、分離、完結すること。
    思い出や思いを標本にできたら気持ちが楽になるかも…。
    「標本技術士」「指先の欠けた薬指」「浴室」作品全体の薄暗くて、奇妙で、不思議な世界観は、なんだか自分もあの古いアパートに入り込んでしまったみたいで、逃げ出したい気分と謎を確かめてみたい気分でぐいぐい先へ読んでしまいました。
    こんなに気になるのに結局謎は謎のまま…
    主人公はどうなってしまっただろう。
    薬指と火傷の標本、ちょっと見てみたいです。

  • 久しぶりに良い本に出会ったと思った。物語の中に、ピンと空気が張り詰めたような緊張感や静けさを感じる。文章から映像を想像しやすかった。弟子丸のやっていることはかなり異様なのに、なぜか彼に上品さを感じる。それは「標本」という言葉のマジックなのかもしれない。

  • とても好きな作品です。
    女子なら誰しもがうっとりするような比喩がちりばめられていました。
    二人の関係がとても密やかでミステリアスでエロティック。

  • 少しずつからめとられていく音のない怖さ

  • 薬指の標本。
    人々の思い出を標本にして閉じ込める標本室で働く私と標本技師。技師の眼差しや、私に背中に添えられた大きな手、正確な言葉、それらにからめとられる女の喜び。保存液の中で音もなく揺れるような物語。

    欠損した薬指の先であったり、黒い革靴であったり、火傷の痕であったり、誰も居ない浴室の静かで清潔なフェティシズムやエロスが支配する物語でもあったけど、一番それをあらわしたシーンは技師が脱がしたビニールの靴を浴室の床に叩き付けた様を優美に感じながらもそれをまだまだ歩き続ける合図のように捉えた女の思考だったと思う。そこが非常に気に入った。

    ラストの終わり方も予想通りとはいえこれ以上ない所で終わっていて気持ちよかった。

    六角形の小部屋
    語り小部屋と呼ばれる六角柱に入り独り言を落とす不思議な話。
    リアリティーを持たせながら非現実的な話を書き、1を10に大げさに描写出来る著者の能力がこれでも活かされてる。
    こちらのほうは主人公の私が嫌いなタイプで合わなかったし、何がという物語でもないので淡々と読み進めていったが内緒話を覗き見てるような感覚で楽しんだ。そして終わり方が最高に好み。

    それぞれ5と3で間を取って四つ☆。

  • 「薬指の標本」と「六角形の小部屋」の二篇を収録した短編集です。
    どちらも胸の詰まるような閉塞感に包まれた、いわば瓶詰め箱詰めの愛といった雰囲気でした。
    短編で読みやすいのにぎゅっと凝縮された痛みが濃く鈍く響いて、読了後はなんとも言いがたい想いが募る。
    すっきりとするわけではないけれど、後味の悪さもない。これでよかったのだとおもえる結末がそこにありました。
    小川洋子さんの透明の中にひとすじの濁りを落としたような文章が本当に美しかったです。

  • 裏表紙のあらすじに書いてある、“恋愛の痛みと恍惚を透明感漂う文章で描いた”という言葉に惹かれて買ってみました。
    読んでみたら何とも言えない感じでした。
    何か難しい。
    文学的というか、感覚的というか、不思議な感じで、短編だから読みやすいんですがあまりハマれませんでした。

    解説を読んでなるほどと思いました。
    「ある」ということ、「ない」ということ。確かにその通りでした。
    薬指の標本はフランス映画があるということだったのでそれはちょっと見てみたいなと思いました。

  • なんとも言えない怪しく官能的な世界。夜中のろうそくの光や、ランプの光の中で醸し出される幻想的な風景。それにしても靴をはかされるってなんだかどんな行為よりエロティックに感じてしまうのはなぜだろう。足を掴まれてぴったりな靴をはかされるシーンには独占欲を、履いていた古ぼけた靴をタイルに打ち付けるシーンには狂気を。どれも恋愛すると抱く感情。

  • 表題作の「薬指の標本」がとても好き。すごく好き。
    靴を贈られる場面がいい。黒い靴の描写も素敵。
    映画ではストラップのついた華奢な靴になっているけれど、私のイメージはタッセルの代わりにリボンのついたヒールのあるローファー。足の甲を覆うデザインの靴。
    アンデルセンの赤い靴の話しもそうだけど、靴は悪魔的な魅力のあるものなのかも知れない。だからとめど無く欲しくなる。
    小説のように、足が侵されてしまうくらいピッタリな靴だったら、何足も欲しくなくなるかも?怖いけれどね。

  • 表題作…変態紳士と言うのはこういうのを言うんだなぁと思いました。
    全体的に雰囲気に浸る小説だなぁと。

全1093件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

薬指の標本 (新潮文庫)のその他の作品

薬指の標本 Kindle版 薬指の標本 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする