まぶた (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.37
  • (100)
  • (248)
  • (548)
  • (68)
  • (9)
本棚登録 : 2250
レビュー : 262
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101215228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。
    偶然か、運命か、たまたま居合わせた人や、偶然出会った人との、奇妙な体験が、静かに語られているものが多いです。

    どのお話も、ひんやりとした空気が流れていて、雑音のない、美しい作品でした。

    「匂いの収集」などは、読み終えたあと、思わずため息をついてしまうくらい、美しいお話でした。

  • 初・小川洋子。表紙見てホラーかとおもったけど、さらっとした純文学の短編集だった。かなり女性向き。

  • 淡々としているようで、どこか奇妙な感じのする短篇集。

    独特の雰囲気が、何とも小川さんらしいです。表題になっている「まぶた」を始め、どの物語も不思議な後味が残りました。

  • 独特。不気味さがあって、気持ち悪さがない。すぱっと終わる。考えされはしないけど、シーンの画像が強く残る。

  • 再読。『詩人の卵巣』がよい。

  • 短編集です。収録作品「バックストローク」が大好きで、何回も読んでいます。他の作品も素敵なものばかりです。

  • 表題作を含む、8つのお話が収められた短編集です。

    表題作の『まぶた』は、『ホテル・アイリス』によく似た話でしたが、あんなに激しくはなく、オチも少し違いました。

    どの話も、死、或いは死に近い気配が感じられ、どことなく不安な気持ちになります。
    それが、非常に小川洋子さんらしくて、好きなのですが。
    凄いな、と思うのが、読み始めてすぐに、彼女の世界にぐっと入り込んでしまうところ。
    長編も好きだけれど、やはり、短編が凄く上手い人だなぁ、と、感じました。

  • 短編集。小川洋子の淡々とした文は癖になります。ちょっとダークなファンタジー。ミステリ(匂いの収集)は好きだなあ。

  • 博士の愛した数式から惚れ込んでしまった小川洋子の短編集。必要最小限の場面描写で物語を綴る小川作品は短編が合う。

    それぞれ普通の暮らしをしてきた主人公たちが少し不思議な体験をすることで自分の人生を考え直す。どんな体験をしても生き方を大きくは変えられないが、考える行為が大切なことだと気づかされた。
    休日に静かな所で読みたい。

  • 現実のようで、すべてが非現実。
    白昼夢みたいな心地よさと残酷な鋭利さ。
    最後にすっと冷たくなるような。

全262件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

まぶた (新潮文庫)のその他の作品

まぶた(新潮文庫) Kindle版 まぶた(新潮文庫) 小川洋子
まぶた 単行本 まぶた 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする