博士の愛した数式 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.86
  • (3185)
  • (3579)
  • (3949)
  • (296)
  • (57)
本棚登録 : 27371
レビュー : 3000
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101215235

作品紹介・あらすじ

「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた-記憶力を失った博士にとって、私は常に"新しい"家政婦。博士は"初対面"の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人は生きていくうちに何かを失くしたり何かが欠けてしまうことがある。そんな時に、そっと耳元でそれが人なんですよ、それでいいのですと囁く声がする。
    人と違う自分を受け入れられず苦しむことになるかもしれない。けれど、この世に一人しか存在しないあなた、そのあなたが私はいいのですと肯定してくれる声が聞こえる。
    それが私にとっては小川洋子さんの物語だ。この「博士の愛した数式」は特に強くそう思える作品だった。

    80分の記憶しかもたない博士と、家政婦の私、私の息子ルート。3人の過ごした日々はお互いをいたわりあいながら、歓びや驚きに満ち溢れた日々だった。過去から前に進むことが出来ない、記憶力を失くした博士。けれど、失くすことの出来ない博士の数学への崇高な愛に触れた私とルートは、博士の欠くことの出来ない本質に惹かれていったのだろう。

    失くすことは悲しい。それでも、それがあなたの全てじゃない。あなたがいてくれてよかった。
    あなたがいるから、私がいるのですよ。
    私にも伝えたい人がいる。

    • mayutochibu9さん
      私はこの本を読んで心が温まりました。
      昨今、シングルマザーが多い時代ですが、博士の影響を受け、立派な大人になったのがとても感動をしたところ...
      私はこの本を読んで心が温まりました。
      昨今、シングルマザーが多い時代ですが、博士の影響を受け、立派な大人になったのがとても感動をしたところです。
      私も子供たちにどれだけいい影響を与えられるか、日々、考えております
      2019/12/07
    • 地球っこさん
      mayutochibu9さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます♪
      そうですね、私もとても心が温まりました。
      子どもというのは...
      mayutochibu9さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます♪
      そうですね、私もとても心が温まりました。
      子どもというのは、大人が思う以上にいろいろ考えてますよね。
      ルートが「私」が博士を信じていなかったと涙を流して怒る場面がありましたが、それは自分が博士を守れなかったと自分自身に対する怒りでもあったと思います。
      私はそこに博士と過ごすうちに成長したルートの姿を見ました。
      きっと「私」もルートの怒りの意味を判っていた思います。
      「子どもたちにどれだけいい影響を与えられるか」
      mayutochibu9さんのお言葉に、身の引き締まる思いがいたしました。
      ありがとうございました(*^-^*)


      2019/12/07
  • とてもとても素敵な話しだ

    80分しか記憶がもたない博士
    シングルマザーの私
    父親を知らないその息子

    皆何かが(結構)欠けている人たちばかりだ
    そんな3人が欠けているものをまるで補うような、そんな素敵な関係を壊れ物をそっと直すかのように優しさで埋め合う
    幸せって何か価値のあるものを持ってることじゃないんだ
    こんなふうにそっとそっと作り上げていく時に感じるものだ 
    改めて人の幸せについて考えさせられた
    幸せの尺度を勘違いしている世の中に
    「大事なことはこういうことなのですよ」
    と静かにそっと囁いて下さるようなそんな小説だ

    皆の境遇からして重くなりがちな内容であるが、阪神タイガースネタが何ともこの小説に明るいユーモアを挿し色のように添えている
    残念ながら私は巨人ファンであるが当時の選手たちの名前に懐かしさを覚え、楽しくなった(亀山はかっこよかったなぁ)
    3人で初めて球場に行ったときの描写も素晴らしい!
    自分も初めて球場に行ったときのことを思い出した
    想像を越えた球場の広さ
    まっさらで綺麗な手付かずのベース
    応援席の歓声のボリューム
    すべての圧倒的な臨場感
    3人の興奮は私の思い出の興奮と同じだ
    何か嬉しい

    数字の世界も良い
    知らないことがほとんどだが、数学って綺麗な世界なんだ
    こんな目線で数字を見るって素敵じゃないか
    数学の苦手な自分だがとても興味深くキラキラしたものとして博士に教えていただいた(笑)

    そしてルート君
    君はなんて良い子なんだ
    決して恵まれた境遇ではないのに
    なんて公正で思いやりがあるのだろう
    君の行動や発言には何度も感動したよ
    (息子になって欲しいと思う女性が続出に違いない)


    自然で嫌味がなく居心地が良い
    地味なんだけど、じんわりくる暖かさが本当に素敵である
    幸せのお裾分けをしていただいたような、
    そんなほっこりと優しい気持ちになれる

    大切なことは身近にあるし、ただ気づいていけばいいのですよ
    気づくことが大事なのです
    「私」が博士の背中を優しく撫でながら
    「大丈夫ですよ すぐ良くなりますよ」と言って下さっているように…そんなふうにに優しく教えていただいた
    そんな小説だった
    他にももっとたくさんの想いがあるが、言葉にするより、心に暖めて噛みしめていたいなぁ…


    とてもとても感謝の本

    • やまさん
      新年明けまして、おめでとうございます。
      今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。
      いつもいいね!有難う御座います。
      やま
      新年明けまして、おめでとうございます。
      今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m。
      いつもいいね!有難う御座います。
      やま
      2020/01/01
    • ハイジさん
      やまさん
      あけましておめでとうございます。
      今年もどうぞ宜しくお願い致します。
      こちらこそいつもいいねをありがとうございます!
      やまさん
      あけましておめでとうございます。
      今年もどうぞ宜しくお願い致します。
      こちらこそいつもいいねをありがとうございます!
      2020/01/01
  • この小説も西加奈子さんの「i」と同じく虚数から始まる。
    年末の旅行、帰省のお供にと購入した2冊の文庫本が、期せずして共に虚数から始まる偶然に、まずニヤニヤしてしまった。

    何だよ、アイはあちこちに存在するじゃないか、曽田アイ。

    この本は、
    80分しか記憶が維持できない博士、シングルマザーの家政婦(私)、そして、家政婦の息子ルートの3人が織りなす、何かが欠けていつつも心あたたまる交流の話。

    80分の記憶ではどこにも到達し得ない。だからこそ、美しくかけがえのない、純粋な愛がそこにはある。

    幸せとは何か?ということを考えてしまった。

    感想書きながら気がついたんだけど…
    そうか、博士と義姉(未亡人)はかつて恋仲だったのね。事故で博士の脳挫傷を負って、その禁断の愛は永遠に封じざるを得なくなったんだ。

    それは、義姉の胸中を察すると、大変重くて辛いものがある。

    でも、「オイラーの等式」が全てを包み込んでくれた。
    数学に疎い僕は、まだその部分がぼやっとしているけど、もう少しこの数式を勉強すれば、もしかするとまた違うものが見えるのかもしれない。

    あと、背番号が完全数の江夏豊が大々的にフィーチャーされていて…というか、江夏豊なしにはこの小説は成立しない。
    江夏豊がこんなインテリジェンスな小説の中で、そんなに重要な存在であるということも、よくよく考えてみると笑える。

    じわじわっといろいろなものが広がってゆく。
    とても不思議で奥が深い小説。
    すごいっす。

  • なんだろう。この心が温かくなる感じ。
    小川洋子さんの紡ぎ出す文章の美しさと暖かさ。
    日々の生活に追われ殺伐とした心が真っ白で太陽の香りで満たされたシーツに優しく包まれていくような心地よさ。
    いくらでもこの文章を目で追っていけるような、そして文章から生み出されるこの美しき世界に取り込まれていくようなそんな感じがするのです。

    小川洋子さんの小説を読むのは『密やかな結晶』に続いてまだ2作目ですが、もう完全に小川洋子さんの生み出す文章の心地よさに身をゆだねてしまっています。

    『コンビニ人間』や『消滅世界』のような普通の生活をまるで異次元世界のように描くことができる村田沙耶香さんの小説にも中毒性がありますが、このごく普通の生活のなかにある美しい部分、それだけを抽出して読者の目の前に広げてくれる小川洋子さんの小説にもまた違った意味での中毒性があるのです。
    例えるなら、村田沙耶香さんの小説が日頃歩いている道がいきなり崩れ落ち、気がつくと全く価値観の異なったパラレルワールドに迷い込んでしまっているような気持ちにさせられるのだとしたら、小川洋子さんの小説は日頃歩いている道に落ちている石ころが実はダイヤモンドだったり、エメラルドだったりということを気づかせてくれるような小説だと言えば分かりやすいでしょうか。それくらい、何気なく過ごしている毎日の生活には小さいけれどかけがえのない美しいものが詰まっているということを小川洋子さんの小説は教えてくれるのです。

    それから、この『博士の愛した小説』を読む前に事前に(これは偶然ですけれど・・・)、サイモン・シン氏の傑作『フェルマーの最終定理』を読んでおいたことが、本書を読むときに非常に役に立ちました。
    本書は、ある自動車事故から「記憶が80分しかもたない」という障害を負ってしまった数学者である博士が主人公なのですが、自分が数学者であった時の記憶ははっきりとしているので、障害を負った後でさえ、数学への愛はまったく以前と変わっていません。そんな博士のお世話をすることとなった家政婦の「私」とその10歳の息子・ルート(これは本名ではなく、博士が息子に付けたあだ名です)との数学を通じた交流が描かれるのです。

    本書には、「友愛数」「完全数」などという数学の神秘がなんども出てくるのですが、これは『フェルマーの最終定理』を事前に読んでいたので「ああ、あのことね」と難解な数論の話もついていくことができました。『フェルマーの最終定理』には数々の数学者が登場するのですが、この主人公の博士も彼らのように数学の美しさに取り憑かれた一人なのだなと、本書を読みながら一人で勝手に納得していました。

    それからもう一つ個人的に良かったことは、この小説の舞台が1992年のことなのですが、ルートが大の阪神タイガースのファンだったこともあって、本書には当時の阪神タイガースの試合の動向や選手の名前などが頻繁に出てきたところです。僕も、ちょうどこの頃、阪神タイガースのファンとして一番応援に力が入っていた時期で、背番号00を背負った亀山やパチョレック、久慈、和田、ノーヒットノーランを達成した湯舟、メジャーに行く前で若手とした大活躍していた新庄などの名前と出会うたびに、学生だった当時の僕の記憶が色鮮やかに浮かびあがり、この小説を読むことで僕だけの楽しみ方が出来たことでした。
    そして、阪神タイガースが博士の数学と絶妙に結びつき、博士の記憶の中で燦然と輝く阪神の大投手・江夏豊の背番号の秘密とが相まって、このラストへの壮大な伏線となっているところは見事でした。

    本書は、記憶が80分しかもたない博士と、家政婦の「私」と、その息子ルートとの「大人の愛の物語」と言い切ってしまっていいと思います。
    そこには、ドロドロとした恋愛ではなく、あくまでも真摯で崇高な愛の姿が描かれます。
    数学への愛、尊敬すべき者への愛、家族愛、庇護されるべき小さき者への愛、そして秘めたる愛。いろいろな形の愛が描かれ、そして、その一つ一つが暖かな光となって、この小説を読む者の心の中に優しく灯っていくのです。

    小川洋子さんの描くこのような美しく柔らかで暖かな小説は、僕の読書人としての今後の人生に非常に大きな部分を占めていくことになるのは間違いないと思います。
    本当に素晴らしい読書経験でした。ありがとうございました。

  • 2020年積読本消化1冊目。
    記憶という閉ざされた空間と数字が絡む物語。思っていたよりも内容が難しかったせいもあり読み終えてからも、どうまとめたらいいのか分からない…という日が続いた。

    小川さんの作品を読むといつも感じることがある。物語はスノードームの内部ように完全で美しくて静か。陽だまりでふんわりしているけど寂しさが含まれている。本を読んでいるのに、輝くひんやりとしたスノードームを手に取って外から眺めている感じがした。

    記憶が80分しか持たない博士が言う「祝福」という言葉がとても素敵だった。世界中の子どもがルートくんみたいに大切に、意思を尊重されて育つことが出来たなら、どんなに素敵なことだろうか…。本当に儚くていとおしい世界観でした。

    「お祝いをしよう。子供には祝福が必要だ。いくら祝ってやってもやり過ぎということがない。ご馳走とろうそくと拍手があれば、子供は幸せなのだ。」(239ページ)

    ママと二人暮らしのルートくんが、博士と出合い、抱擁されて祝福されて日々成長してゆく。博士に愛された数式というのは、きっとルートのことなんだろう。
    博士にとっては、たとえ消えてなくなってしまう記憶だとしても博士の身体の隅々深部に間違いなく影響を与えてくれていた家政婦さんと、家政婦さんの子どものルートくん。特にルートくんと博士のあたたかい友愛で結ばれた心の絆は、読むものの心を温める不思議な空気が流れていて、何度もじーん…としてしまいました。よい作品でした。(第一回本屋大賞…本屋大賞なめてた、ゴメンね)
    次あたりは『生きるとは、自分の物語をつくること』を読むこと。

    • nejidonさん
      まっきーさん、こんにちは(^^♪
      すごい!一発クリックで読めたことに感動してます!
      この本を読んだのはかなり前ですが、記憶の糸を手繰り寄...
      まっきーさん、こんにちは(^^♪
      すごい!一発クリックで読めたことに感動してます!
      この本を読んだのはかなり前ですが、記憶の糸を手繰り寄せてレビューを
      読みました。
      そして私もカッコ内と同じことを思いましたよ。
      全作品ではないですけどね、小川さんのこの作品は素晴らしいです。
      すぐに読めた喜びとともに書きこみました。
      2020/01/11
    • まっきーさん
      nejidonさん、コメントありがとうございます!
      一発クリックで行き来できて、相互フォロー出来てよかったです(^^)便利ですね。

      ...
      nejidonさん、コメントありがとうございます!
      一発クリックで行き来できて、相互フォロー出来てよかったです(^^)便利ですね。

      小川洋子さんは色々な方がお薦めしてくれていたのですが、ここ数年で読み始めて
      世界観に魅了されてしまいます。本当に素敵ですね。
      あとカッコ内のことは私だけじゃなかったのね…と、すこしホッとしています。
      これからもどうぞよろしくお願いします<(_ _)>
      2020/01/11
  • 博士と私とルートのお互いを思いやる空気感がほのぼのとして良かった。
    いわゆるアルツハイマー認知症と違って、記憶が80分しかもたないと自覚のある博士は辛いだろうなぁと思う。そして私とルートがそれを理解してほんとに優しい。
    誰一人、名前が分からないままなだけに登場人物がすごく身近に感じられた。

  • 家政婦である「私」。
    事故により80分しか記憶が保てない元・数論専門の「博士」。
    その博士が「ルート」と名付けてくれた家政婦さんの「息子」。

    忘れてはいけない事柄を背広のそこかしこにクリップで留め、
    世の中のあらゆるものを美しい数式にあてはめ、
    瞬く星を線で結んで夜空に星座を描くように
    美しい作法で導き出した数字で人と人の間を結んでくれる博士。

    まだ空が明るい雲の切れ間から
    一番星に誰よりも早く気づくことができた博士。

    夜の準備はもう始まっている。
    一番星が出たのだから。

    博士の世界はいつも静かで敏感であったかくて優しい。

    こんなにも数式が、数字の世界が、美しいとは。
    あまりに美しくて、もうそれは下世話な意味ではなく、
    官能の領域にすら感じる。シャラシャラと音を立てて
    数字が薄い氷の上を滑るような透き通るような青く透明な世界。

    "なぜ星が美しいか、誰も証明できないのと同じように、
    数学の美を表現するのも困難だがね"

    確かにカタチがあるようでない"美"という観念を
    言葉で追うことは難しい。でもそれを1冊を通して
    いとも簡単なことであるかのように目の前に数字の美しさを
    取り出して見せてくれた博士たち。

    数字音痴で理数系の才能の欠片もない私が
    そこに広がる数式に、深まりゆく数字に、
    こんなにも静謐で美しい世界を感じられるとは。
    そんな魔法のような感覚を可能にしてくれる小川さんの
    筆力に驚嘆して、読後暫く茫然と呆けてしまった。

    3人で夕方に夕食をとり、ラジオで野球を楽しみ、
    今は見ることのできない江夏の姿に想いを馳せ、
    素数の中でも殊更に美しい素数「11」の誕生日を迎えた
    ルートの誕生日を祝い、ただただ穏やかで静かな時間を
    共有する3人の日々。

    どんな数字でも嫌がらず自分の中にかくまってやる
    寛大な記号「√ルート」。そのルートを広く自由で
    温かい数字の世界とともに育ててくれた庇護者、博士。

    連続した自然数の和で表すことができる完全数。
    数学、江夏、28。
    3人が証明してくれた美しい数式に涙が止まらなかった。

  • 本を少し読み進めただけで、今まで聞いたこともなかった"友愛数"や"完全数"などという数字について、まるで理解した気になり、楽しくなっていた。物語中に登場する数字の1つ1つが、小川洋子さんの文章によってとても深い魅力をもつ特別なものとして伝わってくる。

    人間が存在するずっと以前から、数字という見えない存在は在って、それを人間が発見して学問する。それが数学なのだと知った。

    誰ががある時0という数字を発見したことについて博士は、「無を数字で表現した。非存在を存在させた。素晴らしいじゃないか。」と褒めたたえる。確かに。こんな風にして数字や言葉は、目に見えないものを見えるようにするんだろう。その事がどれだけ革新的に世界を前に進めるか。物語の随所に、はっとするような大切なことが散りばめられていた。

    数に対する畏敬と愛が物語全体に溢れている。小川洋子さん作品らしく、どこか哀しさの漂う、けれども愛情あふれる物語。 

  • 小川さんらしい とても洗練された作品。

  • 家政婦の「私」は、数学者だった老人の家に派遣される。
    14年前の交通事故で脳に損傷を受け、その後の記憶力が80分しかもたないという状態のため、会う度に挨拶をして、すべて新しく始めなければならない。
    数式を美しいと感じる博士の世界は、静かに澄み渡っている…
    その人柄に次第に好感を持つようになっても覚えていては貰えず、時には会っている途中に、博士が何も知らない状態になってしまう哀しさ。
    未婚で一人息子を育てている主人公が子供を連れて行くと、必ず博士はとても優しい面を見せ、ルートと名付けられた息子との交流も慈しみに溢れて胸をうちます。
    既に語り尽くされている感はありますが… 独特なので、読んでみる価値はあります!

全3000件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川洋子(おがわようこ)…岡山市生まれ。早稲田大学文学部卒。1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。91年「妊娠カレンダー」で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞、同年『ブラフマンの埋葬』で泉鏡花賞、06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞、13年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。著書に『猫を抱いて象と泳ぐ』『原稿零枚日記』『人質の朗読会』『最果てアーケード』『いつも彼らはどこかに』『琥珀のまたたき』などがある。海外での評価も高い。


「2020年 『密やかな結晶 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

博士の愛した数式 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×