100文字レシピごちそうさま! (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.27
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101218236

作品紹介・あらすじ

待ってました!簡単なのに本格派、大人気の「100文字レシピ」が新たに116品のお料理をどーんとご紹介。晩ごはんに、ちょっとしたお酒のおつまみに、おしゃれに決めたいディナーにと、使えるレシピが満載です。もちろん料理がニガテな人にもやさしくコツを伝授します。ハンディな文庫はお買い物のお供にしても便利。手軽なこのレシピで、自分で作るごはんのおいしさを味わってみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID: C0030069
    配置場所: 本館2F文庫・新書書架1

  • シリーズ3作目。
    感想は前作・前々作と同様、付け加えるとするならば空腹時に読むと、危険だということです。

  • 簡単にできる料理が簡潔に載っている。あと一品、余った食材を使ってしまいたいというときに便利。

  • お腹が空く空く

  • 「100文字レシピ」というタイトルだけに、とても簡単そうなイメージですが、実はこのシリーズ、ある程度料理慣れした人向けです。手とり足とり懇切丁寧なレシピ本が不要なら、本当にシンプルな食材・調味料で日々のおばんさいからおもてなし料理までカバーするこのレシピ本、本当に重宝しています。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

川津幸子(かわつ・ゆきこ)
料理編集者、料理研究家。
早稲田大学在学中に料理編集者を志す。卒業後、ファミリーサークル、世界文化社を経て、1985年『オレンジページ』の創刊に料理部門のチーフとして参加、2年後にフリーに。1988年には一時仕事を離れ、充電もかねて1年間ニューヨークに暮らす。帰国後、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)、山本麗子さんの『101の幸福なレシピ』(講談社)などのヒット作をてがける。1995年再び休職し、エコールキュリエール国立(現・エコール辻)でフランス料理を学ぶ。その後、自ら料理して、その楽しさを伝えたいと思うようになり、『100文字レシピ』など簡単でおいしい料理を提案。一方で、生来の食いしん坊ゆえに生まれた世界のおいしい料理を紹介して、料理好きの支持を得ている。「100文字レシピ」シリーズ、「ビンボー Deli」「ごはんよ、急げ!」「川津さんちのおうちごはんのレシピとヒント 204」「そろそろ大人のおいしい暮らし」「あの味が自分でできる くいしんぼレシピ」など著書多数。


「2014年 『これであなたもひとりごはんのベテラン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川津幸子の作品

ツイートする