教祖誕生 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.48
  • (4)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101225166

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何となく入信した青年が教祖に祭り上げられる。
    まじめな信者-駒村と俗物まるだしの教団幹部-司馬
    罰が当たるなら神はいる

  • 100204(m 100218)
    100403(s 100523)

  • 表紙が無い…だと…。
    北野武の小説で一番面白いと思った一冊。

    新興宗教団体の布教活動に興味を持った主人公がその宗教に入信し、
    活動内容がインチキだと知ってしまった後も、その宗教の中で
    活動してゆく、という話。

    映画見た事無いのですが、映画はコメディみたいですね。
    小説だとコメディではなく、現代の宗教観や皮肉を描いていた
    ように思います。

    引越のとき無くしてしまった一冊…しょぼん。

  • ビートたけし。

  • 新興宗教にハマっていく主人公の話。大学の課題で読んだ

全5件中 1 - 5件を表示

教祖誕生 (新潮文庫)のその他の作品

教祖誕生(新潮文庫) Kindle版 教祖誕生(新潮文庫) ビートたけし

ビートたけしの作品

ツイートする