コールドゲーム (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (158)
  • (446)
  • (798)
  • (118)
  • (16)
本棚登録 : 3222
レビュー : 436
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230313

作品紹介・あらすじ

高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが-。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学時代、クラスのほぼ全員からイジメを受けていた被害者が、イジメられた方法と同じような方法で、クラスメンバーに復讐を始めた。

    元クラスメイトが1人、また1人と被害にあっていく。

    何となく似たような小説を先に読んでいた為、割と真相に近い推理が出来てしまっていた(^_^;)
    最初は少し単調でイマイチかな?と思ったが、後半は畳み掛けてスピード感がアップした。

    これはイジメの加害者側から書いてある小説だが、被害者側から書いたらたまったもんじゃないだろうな。。。

  • イジメミステリー。
    ハッピーエンド的な〆方だけど、全くハッピーエンドじゃない。
    頭おかしくなるまでイジメ抜いたヤンキーが何故かちょっと良い奴扱い。
    胸糞ですなー。

  • 高三の夏、中二の時のいじめの標的だった廣吉によると思われる復讐が始まる。北中防衛隊として連み始める当時の主犯格の一人や何もしなかった光也たちのノリが死まで絡む陰惨な事件に対して軽く、過去も今も重く捉えていないことが苦しい。大人も子供も自分を正そうとせず蹂躙して、誰に感情移入して良いかわからなかった。

  • 文章は好きなのだが、イジメや青春ものの設定、後味の悪さ含め嫌悪感しか抱かない。読まなきゃ良かった。

  • いや、今までと全く違いました。
    いつものユーモアを期待していたのですけどね、それは全く影をひそめ、陰湿ないじめとそれに対する復讐という、ひたすら暗い内容ですね。
    いじめの加害者側が主人公というのは、ちょっと変わった視点のようにも思います。しかしいじめそのものが主題では無いので、深く突っ込まれることは無い。
    次々に同級生を襲う恐怖。正体のわからない犯人。やはりサスペンスに分類される内容でしょうね。その分、(サスペンスに興味に無い)私の評価は下がってしまいます。確かに、背景、人物設定など良く出来ているとは思いますが。
    エンディングは荻原さんらしくスッキリしていて、そこに救いがあります。

  • 面白かったけど最後がなあ。ちょっとなあ。
    3分の2過ぎたあたりから子供向け小説みたいな気がして来たよ。ミステリーと見せかけて思春期少年少女向けの成長物語って感じ。これが主人公が大人だったらもう少し現実味を帯びてたんだろうけどなあ、、、作者も半ばやけくそだったんだろう。
    いじめとか受けた方は一生忘れないよね。一生かけて復讐しようとおもうよね(私はしたつもりです、軽いものだったけど、彼女たちの好きな男を奪ったり元カレとセックスしたり好きな男と親友になったりね)
    いじめってめちゃめちゃでかい罪だと思う。でも本当に本の父親が言ってたように、大人になったらそんなこと全部大したことなくなる、周りにどう思われたって一人でいくらでも楽しく好きに生きていけるようになる。なのにそれも分からずに命を絶ってしまうのは、許されないことだし、それにいじめられた方も悪いっていうのは本当だと思う、自殺は結局自殺で社会のせいでも他人のせいでもなくて結局自分のせいなんだよ、、、、いじめだけじゃなくて全てにおいて、自分で考えられる年になったら他人のせいにするのはやめよう、と改めて考えた。
    加えて、子供に対する親の愛ってものは揺るがないんだなあとおもった。
    日本人作家ってとこにいつも読まないから気をとらわれて批判的な読み方して、はあ?みたいなポイントちょくちょくあった。あと野球に絡める意味もわからないしコールドゲームってタイトルもなぜそうしたのか謎

  • 被害者の心の傷は生涯残る。加害者はそれを自覚してほしいな。自身の行動がどれほど残酷なものなのか。最後まで緊張感が続く、面白い一冊でした。
    あらすじ(背表紙より)
    高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだが―。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。

  • イジメは当然悪なわけで、そのイジメも相当残酷なら報復も尚更である。トロ吉側を退治してハッピーエンドみたいな終わり方だったけど、それがやたらと複雑な感情をそそる。

  • いじめの復讐です

    どんなに月日が立っても、やぱりそれは「いじめ」から始まったこと。
    救われる人はいないよね。

  • どんでん返しがイマイチ

全436件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年埼玉県生まれ。広告制作会社勤務を経て、コピーライターとして独立。97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞、14年『二千七百の夏と冬』で山田風太郎賞、16年『海の見える理髪店』で直木賞を受賞。『砂の王国』『花のさくら通り』『ストロベリーライフ』『海馬の尻尾』『極小農園日記』など著作多数。

「2018年 『それでも空は青い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コールドゲーム (新潮文庫)のその他の作品

コールドゲーム 単行本 コールドゲーム 荻原浩

荻原浩の作品

コールドゲーム (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする