メリーゴーランド (新潮文庫)

著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2006年12月1日発売)
3.42
  • (80)
  • (324)
  • (524)
  • (48)
  • (11)
  • 2120人登録
  • 274レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101230337

メリーゴーランド (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎年巨額の赤字を生み続ける、閑古鳥の鳴く寂れたテーマパーク。
    市役所勤務9年目になる啓は、そのテーマパークの再建をする部署に出向することとなった。
    天下り、煩雑な手続き、業者との癒着、事なかれ主義。
    「お役所仕事」に泣かされながら、啓一はなぜか一念発起、お客の呼び込みに奔走することになる。

    いや~、有川さんの「県庁おもてなし課」にも通じる、ぬるくてやる気のないお役所仕事を皮肉りながらも、奮闘する一職員にスポットをあて、頑張ればこんなに変われる!というサクセスストーリー。
    でも最後までサクセス続きにいかず、あっけない幕切れとなるのがまたリアルなところで、もちろんフィクションだけどけっこう地方の第三セクターを忠実に再現しているのではないかと思った。
    あっちでもこっちでも、酷すぎて選挙の争点にまでなっちゃう第三セクターの話よく聞きますもんね。残念ながら。

    個人的にツボだったのは、入園料が高すぎるのでは、近隣のテーマパークでも値段を下げることで客が増えた…というデータを出向先のペガサスリゾート開発の面々に示したところ、
    値段を下げて客が増えれば、今までが間違っていたことになり、責任問題になりかねない→じゃあそのままで!(満場一致)
    というエピソード(笑)
    唖然としちゃうけど、違う世界なんだなぁというのがよくわかって笑ってしまった。

  • 公的機関勤めの身としては、主人公が感じる理不尽さ、前向いてんだか後ろ向いてんだか分からない仕事、内部での足の引っ張りあい等、「分かる!」と共感できる部分が多かった。でも、そんなしょうもない世界に慣れてしまってる自分もいたりして。
    終始明るい文体で、読んでて楽しかった。メリーゴーランド乗りたくなりました。

  • ただのエンタメ話じゃなく、やり切れなさや苦さも味わえる。
    温かい気持ちにもなれる。
    芯のある話。
    イベントの描写は読んでて楽しい。
    「県庁おもてなし課」よりずっと読み応えある。

  • 何だろう、公務員ならみんなで安心してぶっ叩けるのかあ?

    おもてなし課読んだ時も思ったけど、
    民間にいた時の体験とかもあるのかもしれないけど、
    現場の実情を肌身で知るわけでもないのにお約束のようなステレオタイプを安易にコピペしてる気がして、すっきりしない。

  • 9年前に過労死続出の職場を辞め、Uターンした主人公は市役所に転職していた。
    愛する妻に子供たちと無難な職場で平穏無事な毎日だったが、市役所員たちの重要な天下り先でもある超赤字テーマパークの再建部署に異動。
    とは言え再建部署とは名ばかりで、単に市役所の無駄遣い追及の市民団体をごまかすポーズでしかなく、きちんとした改革案を打ち出しても幹部たちは上のゴマすりのため改革を認めない。
    市役所で流されるまま生きてきた主人公だが、息子に誇る仕事を取り戻すため孤軍奮闘開始。果たして彼の改革の結末はーー?


    以上、そんな作品です(^-^*)/
    まずは僕も場や内容は違えど、3年前から改革を始めて、ようやく去年改革が実り万歳してたら、今年になって上も自分の立場も変わると共に後任の方々が改革前よりも酷い状況へと悪化させて、苦い思いを抱いたので、物凄く共感する作品でした!

    まさに作品の通りに、どれだけ頑張っても上が変わればなかった事になりますし、それが社会の現実の一端でもあります。
    それでもより良く改革に取り組んだ日々は自身の経験として蓄積され、別の場でいつか活かされる事もありますから、どんな事でも無駄にはならないというのも社会の現実の一端だと思います(^-^*)/

    作品の結末には賛否両論あるように思いますが、現実を上手く捉えつつ、現実で戦う全ての方に『それでも頑張っていきましょう』とエールを贈っている名作に感じました(^o^*)☆彡
    あらすじが気になったら是非オススメですO(≧∇≦)o

  • なんとなく「オロロ畑」を思わせるストーリーです。
    カリカチュアされた役人たち、アングラ劇団、暴走族。相変わらずそういった登場人物の配置が見事で、それだけで話がどんどん進んで行く感じがします。ただ、極端な笑いと泣かせの混合物だった「オロロ畑」に比べれば、良くも悪くも少し抑えられた感じはあります。その分、ペーソスだとかしんみりした感じは出ているのですが、笑いは少々抑えられた感じです。まあ、私が荻原作品に慣れたせいかもしれませんが。
    こういう流れも、なかなか良いんじゃないかな。でも、これ以上行って欲しくは無いのです。

  • Uターンした公務員がテーマパークを再建する話。
    なかなか読み進められなかった。

  • ほろ苦い。とても素敵な話なのだけれど、大人としては心のうちで密かに燃える暗い炎があることを感じる。

    サンドイッチ構造にすることで、物語をリアルに見せている。

  • コミカルに描かれた辛辣なまでにリアルな日本の歪み。社会経験がある人なら分かるだろう理不尽さや納得できない不条理が描かれ、コミカルな内容のはずなのに苦しくなる。

  • 公務員の人、公的機関の人は読んだら笑ってしまうかもしれない。自分たちの仕事の愚かさがストレートに書いてあるから。「起案書」「代決」「鶴の一声」ピンとくる人は読んでぜひ笑ってください。そして自分の仕事を見つめ直したくなること必至。

全274件中 1 - 10件を表示

メリーゴーランド (新潮文庫)のその他の作品

メリーゴーランド 単行本 メリーゴーランド 荻原浩
メリーゴーランド Kindle版 メリーゴーランド 荻原浩

荻原浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

メリーゴーランド (新潮文庫)に関連する談話室の質問

メリーゴーランド (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする