六番目の小夜子 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (952)
  • (1679)
  • (3171)
  • (333)
  • (63)
本棚登録 : 12764
レビュー : 1492
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101234137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学生時代に読む印象と先生の年齢になって読む印象は違うだろうなぁ、という一冊。

    『みんながクラスに馴染み、クラスがまとまりを見せるまでの居心地の悪さと緊張が嫌だった。』

    『よく考えると別につらいことでもないんだよな。ただみんなが寄ってたかってつらいぞみじめだぞとおどかすから、ものすごくおっかないことのように思えるだけでさ。これって不思議だよなあ』

    『学校いうのは回っているコマのようなものだな。
    …コマはずっと一つのコマだけど、ヒモを持つ人間、叩く人間がどんどん変わっていくわけだな。オレは…いさめたり、ハッパかけたりする役なんだわな。』

    学生にとっては一生に一回、必ず過ぎ行く月日だが、教師はその青春時代というものをどういう風にみているのだろうか。。
    自分たちはイタい行動しても周りも同年代だし、若気の至りで済まそうとするけれど
    違う次元の大人にとってこの行動は…とか考えるともの凄く恥ずかしくて頭を抱えたくもなる。。

    分かりやすい、キラキラした青春小説ではないけれど、ある意味でその時を正確に捉えている小説だなぁ、というのが二度読みした感想でした。

    解説岡田幸四郎氏もいくつか引用しつつ、もっと深いところまで触れいるので読み応えのある解説。。

    • solala06さん
      私が恩田ワールドにはまったキッカケの一つであるドラマ版「六番目の小夜子」・・・。
      ぜひ観てほしいです・・・。
      女優デビューしたばかりの時...
      私が恩田ワールドにはまったキッカケの一つであるドラマ版「六番目の小夜子」・・・。
      ぜひ観てほしいです・・・。
      女優デビューしたばかりの時期の栗山千明さんと山田孝之氏の美少年時代が拝めます・・・そういった意味でも貴重な映像作品です・・・笑。
      舞台が中学校になっているのや、ドラマオリジナルキャラクターの女の子が主人公だったりと、設定が違う部分も多々あるのですが、原作のミステリアスでありながら青春してる雰囲気は寸分も違わず映像化している作品です!!
      裏切りに次ぐ裏切り・・・謎に次ぐ謎で、非常に見応えがあると思います!!

      やっぱり恩田先生の真骨頂は「日常のふとしたところで口を開いている向こう側の世界」だと思いますので・・・。
      本作も、それは変わりないですよね!
      黒川先生もそういった存在なのかもしれませんよね・・・。

      よしながふみさんの漫画ですね、f0314087さんは漫画にも造詣が深くいらっしゃって・・・教えていただく作品ばかりです!
      なんだか終わり方爽やかめで、キラキラしいところがあるんですよね・・・。
      その点、『球形の季節』、『蛇行する川のほとり』はキラキラしさ少なめっていうか・・・。
      『ネバーランド』や『夜のピクニック』はキラキラしたまま終わるというか・・・。
      (すみません、恩田作品フリークなので、すぐに比較してしまいます・・・)
      2016/06/12
  • 恩田陸作品は大概、読了後に「ん?」となって最初からざっと読み直してしまう。
    オチがなくてすっきりしない、というより、世の中や人生は物語みたいにすっきり終わったりしないんだよ、とでも言われている様な。
    一作品読み終わったときはこれは何だったんだろうと思う。面白かったのか?とも思う。でもまた別の作品を読んでしまう。そういう著者。

    本作の通り一遍のあらすじやら何やらはちょっと調べれば続々と出てくるので省く。

    ミステリーは解決せず、青春も解決されない。

    駄目だ、この年になると青春してる高校生なんてのはデトックスの媒介でしかない。

  • だいぶ昔、NHKでドラマが放送されていたなあと思い出して手に取った一冊。

    表紙とタイトル、出だしから最初はホラーかと思ったが微ホラー程度。そういった要素よりもどちらかといえばファンタジー青春小説。もう一度高校生活を送りたくなる。ミステリー、ともいえるかもしれないが、ミステリーというより……うーん、謎を解いてすっきりするという楽しみ方よりも、あれこれ想像を巡らせる楽しみ方をする本だと感じた。
    最初は謎めいた美少女だった小夜子が、段々身近で可愛らしい女の子の感じられて愛しくなる。
    それにしてもあの演劇のシーンは戦慄した。読んでるこっちの緊張までもがどんどん高まっていった。

  • 続きが気になって、一気に読み進めてしまいました。
    ラストは、恩田先生の作品らしさがありました。

    ただ、私がやはり好きなのは文章です。
    高校生という一度しかない、貴重な時期に感じる、感じていた気持ちを比喩的のようであり、分かりやすい文章で表現されていると思います。
    だから、私は高校生が主人公の恩田先生の作品を読むと、自分が主人公と同じ高校にいて同じことを経験しているような気持ちになります。
    過ごしている時間の大切さに気づくような気がします。

  • 毒のある学園ファンタジーってことでいいのかな。
    まあ面白かった。
    学園祭での呼びかけ方式演劇の描写は緊張感があっていいねえ。
    読んでいて臨場感があるっていうかピリピリした感じが良かった。
    ただ全体になんか不安定なんだよねえ。
    沙世子や黒川の行動とか意味不明なんだよなあ。
    最初と最後に出てくる「彼ら」ってのもなんだんだかいまいち。
    見かけは古びててもその皮膚の下には新しい血液が流れているというのをそのまま素直に読めば桜の樹のことだろうが、それが隠喩だとすれば学校かあるはそれを含む城跡全体なんだろうけど、その辺ももやもや。
    まあそんなところも含めていろいろ不安な部分ってえのが高校3年生ってものなのかもしれない。

    保健所は野犬を野放しのようだし、消防は出火原因をちゃんと調べないようだし、高校教師は見知らぬ土地の高校生の名前と住所を調べているようだし、公務員がいい加減な土地柄のようだ。

    まあ★3つということで。

    今回読んだのは大幅に加筆されたという1998年版の文庫版。
    文庫で出てすぐ絶版になったという1992年版も読んでみたいなあ。

  • 何度目かの再読。地の文に力が入り過ぎて物語に入り込みづらいのはデビュー作だからなのか。それは最初だけで、読み進めていくうちにどんどん引き込まれていく。サヨコ伝説の設定、学校という舞台、魅力のある高校生たちが素晴らしい。何が起こるんだろうという不安感を全体に散りばめて、先へ先へと進めていく力は、今の恩田さんにつながっていて、最初に戻ってこの作品を味わう楽しみでもある。そういえば、これが恩田さんを全部読もうと思った、出会いの最初の一冊だった。久しぶりに好みの作家を見つけて、すごく嬉しかったのを覚えている。

  • 恩田陸さんデビュー作「六番目の小夜子」読了。高校に代々受け継がれる奇妙なゲーム。三年に一度「サヨコ」と呼ばれる生徒が選ばれるという。今年は「六番目のサヨコ」が誕生する年。そこに美しく謎めいた転校生がやってきた。友情と恋愛。限られた期間の学園生活で行われるゲームとは?そして「六番目のサヨコ」とは。。昔から好きな作品で再読しました。懐かしく、ちょっぴり怖い学園物のストーリーで面白かったです。「こんなゲームを御存知であろうか」と冒頭から引き込まれます。まだ、未読の方、学園小説が好きな人にオススメです。

  • 津村沙世子―とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

  • ホラーとは少し違うようなよく分からない暗さとキラキラした青春時代が混ざり合った作品。この不思議な雰囲気が好きです。

  • 同名ドラマを見たのは確か小学校低学年の頃だったと思う。
    覚えていたのは桜と碑と火事と主役二人の少女だけで内容はほとんど記憶にない。
    あらためて小説を読んでみると、春の章は最初以外、夏の章はほとんどで中だるみというか、退屈さを感じたけど学園祭の演劇では興奮を覚えずにはいられなかった。
    ドキドキと早鐘を打つ心臓と駆け足で読み進めていく自分。まるで体育館にいるかのような緊張感を感じずにはいられない。
    そして冬の章でのさらなる伏線と、鮮やかな幕引き。
    これがデビュー作で酷評された作品だとは信じられないです。伏線と意味深な登場人物たちに私も関根秋同様、終始踊らされました。

全1492件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

六番目の小夜子 (新潮文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする