バーボン・ストリート (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.53
  • (35)
  • (92)
  • (156)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 807
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関口良雄の『昔日の客』という渋い装丁のエッセイを読んでいたら、関口さんが登場すると言うエッセイがあるとのことでお借りする。沢木耕太郎はアンソロジーでよんだことしかなかったんだけれど文章もうまいし面白いね。

  • かっこいい男といえば、沢木耕太郎である。切れのよい文章、渇いた感性、、、本当に素晴らしい。RPパーカーが好きだとは知らなかった。パーカーってけっこう古い人なんですね。

  • 山の中で方向を知るにはどうしたらいいかという文章を読んだことがあった。星が出ていたら星で知る。星のないような夜だったらどうするか。木にさわってみればいい、肌のつるつるしている方が南で、苔が生えている方が北だから、というのだ。熊狩りをするアイヌの狩人の智恵であるらしく、同じく山で野宿をする時の焚き火には枯れ木を使わないといったことも記されていた。ヤチダモとかアオダモとかの生木を使っておくと燃え終わっても灰にならう燠になっていて、夜中に目が覚めた時でも最初から火を起こさなくてもすむというのだ。

    (P.183-184)

    若者は常に退屈している。昭和三十年代の石原慎太郎の小説の登場人物も、常に何か面白いことはないかと叫んでいたような気がするし、四十年代の私だっていつもそう思っていた。退屈で退屈でたまらなかった。すべきことはいくらもあるのに、もっと面白いことはないかと思い続けていた。だから、私はよく街をうろついた。(中略)

    「テレビは強制的に貴重な時間を奪う。貴重な、というのは、その時間にすばらしいことができるのに、というのではない。退屈で不安な時を奪うからこそ、テレビは敵なのだ。退屈で不安だから、人は何かを考え、作ろうとする。」

    (中略)

    退屈も捨てたものではないのだ。いや、それどころか、退屈はできる時に深く、徹底的に味わっておくべきなのかもしれないのだ。退屈こそ若者の特権だといえなくもない。

    (P. 195-196)

  • 「彼らの流儀」を読んだときほどではなかったが(もともと狙っているところがちがうのだから当たり前ではあるが)、やはり面白く読んだ。この人のエッセイは自分の文章に酔っていそうで、酔っていないところがいい。

  • 2018/1/26-1/31
    30年前に書いた沢木耕太郎のエッセイ。まだ楽しむには読書量も知識も浅く、めちゃくちゃ苦しかったー!数行読んで眠くなるのは、知らない固有名詞から来るものなのか、ただ単に俺の頭が悪すぎるのか、とにかく先に進めず何度もやめてしまおうかと思った。
    井上陽水の話にはグッと来た。ワカンナイを聞こう。
    悲しいかな、この時の作者は自分より年下なわけで、これだけ生きていく過程で人間というのは変わるものなのだなと感じた。
    もっともっと読書をしよう。

  • いろいろなよもやま話が詰まった本。
    ルポライターだけあってすごく鋭い。
    1番面白かったのは井上陽水の歌の話。
    まさかワカンナイという歌はこんないきさつでできたのか。
    ほんとバーボンとよく合いそうな話が多い。

  • 軽く読んでいけるエッセイ集。
    宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」を元に「ワカンナイ」という曲を作った井上陽水の話が面白かったのと、退屈を真に味わうことができるのは若者の特権という説が印象に残っている。

  • 沢木耕太郎さん好きなんですが、私自身、格闘技や競馬といった男性好み(?)のスポーツに興味がないので、そういう話になるといつも親しいけれど恋愛感情は持っていない異性が熱く語ってるのを聞き流すかの如く右から左へと流し読みしてしまうのです。でもとっても楽しそうに熱く語っているので、「好きなんだなぁ」ってなんかこちらまで嬉しくなってくるし、本や映画やお酒なんかの話もこれでもかと言う程豊かに拡げていくから、その教養の広さと深さに感嘆する。数ある作のうちでも著者と対話してるような気持にさせてくれる本。挿絵も素敵。【キーワードメモ】トム・ソーヤ―のポケット/井上陽水と宮沢賢治/有楽座/古本屋の「白っぽい本」

  • ネタは若干古い所もあるがためになったり、感心させられるところの多い名エッセイですね。アスリートインタビューから記事になるときの記者の創作は本当だろうか?いずれにしても笑えました。

  • 「昔日の客」という、古書店「山王書房」店主、関口良雄氏の幻の随筆集についての話があると聞いて読んだんですが、ほんの最後の一節だけでした。

    うーん。

全76件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

バーボン・ストリート (新潮文庫)のその他の作品

バーボン・ストリート 単行本 バーボン・ストリート 沢木耕太郎

沢木耕太郎の作品

バーボン・ストリート (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする