深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (1375)
  • (1174)
  • (1382)
  • (73)
  • (22)
本棚登録 : 9779
レビュー : 1167
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よこちゃん

  • 本当に旅をしている気分になれました。筆者と一緒に香港では人々の熱気を感じ、マカオではサイコロ博打に魅せられました。ギャンブルにハマる人の気持ちがわかった気がします。

  • 一気に私も香港へ旅立ってしまった気分になれた。
    マカオでは博打にハマる著者に、ハラハラどきどき。
    こんな旅行の仕方私には出来ないけど、旅行気分を味わえました。読み終わりたくない・・ゆっくり読もう。

  • 自分の人生に大きな影響を与えた一冊。

  • 旅好きなら必ず人に勧められ出会う本。
    一人旅をして共感することだらけだけどこのようになかなか表現出来ない。
    ぐっと物語に引き込まれ、一緒に旅をして匂い、温度まで伝わりあっという間に読了。

  • たびに出たい

  • 知人の紹介で読み始める。

    目標は「デリーからロンドンまでバスで行く」
    決まっているのはただそれだけ。
    下調べなし、地図も持たない、最低限の下着と洗面道具と友人から餞別として安く譲り受けたカメラ、漢詩の本一冊をザックに入れて旅立つ。
    どこに何日滞在して何をして過ごすか、その日の気分と出会い、偶然に身をまかせて流れるままに過ごす。

    自分とは180度異なる旅のスタイルに目から鱗がボロボロと落ちていく。

    この本を読み作者とともに旅をしていると、「自由とは何だろう」考えさせられる。

  • 人生半分も遠に過ぎてから言わずと知れたあのバックパッカーのバイブル「深夜特急」はないだろう…
    とは思ってはみたもののかく言う私もバンコク拠点のローカルバス放浪はじめ旅に関しては脛に傷持つ身、そのDNAは表紙を開いた瞬間から刺激されっぱなしでロンドンまでの放浪に同伴することとなってしまうのだ。
    第1巻は香港とマカオ、曲芸アプローチの啓徳空港から摩羅街〜廟街〜スターフェリーで香港仔へと香港通のツボもしっかり抑えてあってその熱気はビンビンと伝わってくる。
    マカオも行ってみたくなったね、賽の目に賭ける人生もいいもんだ。
    40年近く経っても全く色褪せない旅の魅力と情熱、こいつはハマるわどっぷりと

  • 3年前くらいはんーって感じで進まなかったけど、今読んだら面白い。マカオの博打のところとか、飛行機降りてから黄金パレスに行くところとか旅だなー!

  • あれっ?これ読むと旅に出たくなるんじゃないの?途中で脱線したままおわってしまった。

全1167件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)のその他の作品

沢木耕太郎の作品

ツイートする