深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (670)
  • (766)
  • (986)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 5966
レビュー : 425
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 〈そうだ、シンガポールは香港ではなかったのだ…〉この一文が印象的。旅をするときに、無意識に何かの面影を探しているのでは、そこを旅した意味がない。

  • 一巻よりぐっと面白くなってきた。

  • 2巻は香港から名残惜しみながらも進んだマレー半島(タイ、マレーシア、シンガポール)。この巻は連続で他国を旅する時に誰もが感じてしまうのではないかという感情が色濃くでている。

    ただ、全体を通してそのような内容となっているため、すごい面白い!というわけではない。

    いろいろな人と出逢い、いろいろ考えていた主人公はいいなと思った。

  • 深夜特急マレー半島・シンガポール編。旅に慣れてきた主人公の心理的な描写が1よりも見ものになっていたような気がする。一人旅ならではの自分との対話という部分が様々なエピソードとともに描かれており、自分を投影することで今の自分自身を見つめ直そうという感情にもなった。

  • 異国を味わいながら、自分自身と会話するような旅。

    香港と出会う前に2巻目で旅する街に出会ってたら、どんな話になったんだろう。そういうのも含めて、どんな旅もふたつとない旅・・・。

  • 比喩表現や誇張した描写がほとんどなく、淡々と綴られているのにグイグイ引き込まれた。旅の前日譚に感動。とびきり臆病で好奇心旺盛だなぁと思った。

  • マラッカからシンガポールへ向かう乗合タクシーのエピソードが好きでした。辛いマレー料理を頑張って食べているところがとても楽しそう。

  • 対談がタカクラケンや…
    そうだ、あそこへ行こう、と思いついて、実際行く。自由だな。
    自分だったら自由すぎてぎくしゃくしてしまいそう。すごい行動力。

  • 著者の、全く飾らないままに旅を綴る雰囲気に刺激を受ける。自分の生き方と誰もが照らし合わせ、思うところがある。。遠いようで近い文章だからこそ、誰もが読みたくなるルポなのかなと思った。

  • 1巻目の興奮の渦から、
    2巻目は慣性と飽和。
    なんだって、生きているって、そういうことですね。

    ただ、その余りある時間と余裕をもって
    自分と向き合うことができるか、できないか、
    他人の言葉に耳を傾けられるか、られないか、
    なんだって、それが命運の分れ道なんですね。

    当時27そこらだった、沢木さんの心の中の声は、
    わたしの心の中にも思い当たるところがないわけでもなくて、
    とてもずん、としました。

全425件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)のその他の作品

沢木耕太郎の作品

ツイートする