深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (670)
  • (766)
  • (986)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 5966
レビュー : 425
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東南アジアを訪れた後に読んでよかった。田舎の東南アジア人に流れる時間は都会のそれと比べると時空が歪んだように見えるかもしれないほどのんびりしている。東南アジアに求める温もりは田舎にこそある。

  • マレー半島・シンガポール編

    香港編よりワクワクしないのは、マレーシアとシンガポールが多民族国家であり、それらの国に大きな特徴が無いといったところからくるのであろうか。

  • 最初に訪れた香港の熱気が忘れられず、東南アジアに満たされなかったとのことだけど、にしても、やっぱりすごい行動力だと思った。
    だいたい、鈍行での旅なんて、怖いし辛いし(笑)
    でもやっぱり羨ましい。

  • 行く先々の人との交流が読んでて楽しかった。
    香港マカオ編とくらべてあっさりしてて高揚感が少ないなと思った。
    けど、それは主人公と同じく、海外はあれが当たり前みたいな感覚が自分にもあったからなんだろうな〜。
    それだけ自分も一緒に旅してる気持ちになれる本だということ。
    次も楽しみ。

  • 対談の、物を持ちたくないからお金を稼がない。という考えに目からウロコが。

  • 悟り、逃げる、ここではないどこかへ。
    なぜ旅に出るのか?日常で満たされないものを埋めるのではなく、解き放たれたなかで真実を見つける為に。本当にやりたいことはなんなのか?
    ・それは幼い子供とも思えないほど毅然たる拒絶だった。
    ・ウィリアム・サロイアン:人間喜劇:マレーシアのユリシーズたちも、列車に向かって無心に手を振っていた
    ⚫️私自身は何者でもないが何者にでもなれる
    執行猶予。恐らく私がこの旅で望んだもの。私は回避したかったのだ。
    マレー半島を南下しながら香港を求めていた。なんと勿体ない事を!

  • 1を読み終えて、非日常の世界の続きをのぞきたくて2も読んでみた。次は3を読む予定。

    巻末に高倉健さんとの対談があった。
    唐突だった。ファンの人はうれしいかもしれない。

  • シンガポールにて出会う方の一言。

    「日本人は、日本人がいると、安心な」

    その通り!深い。

  • 後半に高倉健さんとの対談があってうれしかったです!

  • 2015.1.22

全425件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)のその他の作品

沢木耕太郎の作品

ツイートする