深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.83
  • (670)
  • (766)
  • (986)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 5963
レビュー : 425
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東南アジアのタイ、マレーシア、シンガポールの旅の内容で、行ったことがある国だったので、現地の風景や生活感などがイメージでき、自分の経験にプラスの情報として読むことができた。
    長旅の前半のため、節約志向が強く、ただでさえ安いホテル代も毎回安くしてくれと交渉している様子が印象的だった。今では、事前にネットで価格調べて予約できるので、交渉することがなくなったし、現地に着いてからホテル探しをする必要も無くなったので、旅をしやすくなったと思う。ラオスとタイの国境付近を旅した時に、ホテルを予約せず現地で人に聞いたり足を運んで、何件か安いホテルを探したことがあるが、4件目でやっと泊まる宿泊先を決めたことがあった。その時は、ホテル探しで数時間使い、疲れて午後は観光せず寝て過ごしたことがあるので、計画のない旅は効率が悪いと思うようになった。深夜特急のような旅のスタイルは、今ではオススメ出来ないと感じた。

  • 1からの流れで読んだが、香港マカオに比べると、タイ・マレーシア・シンガポールはそれほど個人的な思い入れがないためか、逆にさらっと読めてしまった。
    そのあたりのエリアをじっくり旅行できたら、また感想が変わるかもしれない。。

  • 著者にとって印象の良い国と悪い国の差が激しい。

    娼婦達とそのヒモの話が面白かった。
    悲壮感はなくただただ陽気な連中。
    読んでいて楽しく著者のここに長く居たいという気持ちがよくわかる。

  • 2015/10/07

  • 巻末の高倉健との対談が良かった。物や人間関係、増えるほど縛られてしまう。居酒屋兆治観たくなった。

  • ​1・・・香港・マカオ
    2・・・マレー半島・シンガポール

    ユーラシアをバスなどで放浪して、最終目的地はロンドンへ行くという旅の記録
    氏は手練れのルポライターとか(ご本人が巻末対談でおっしゃってる)
    よく書けている、おもしろい放浪記でした

    このおもしろさの整い方は何ゆえに・・・

    沢木耕太郎氏が日本を脱出してたのは1973年ころ
    執筆されたのは1986年ころだそう

    その10数年のタイムラグというか間が興味深い
    作品はルポルタージュではないということか
    いえいえ実際に行かなけれなこんなふうには描けません

    行かないでベトナムを舞台にフィクションしてしまった
    結城昌治さんの​『ゴメスの名はゴメス』​ではないのだから

    この温めていたということが作品を端整にしたのでしょうか

    ものごとは直後でない方がいいときもある
    いいものだけが残る可能性もある
    悪いことが増幅されることことになるかもしれない

    なるほど
    こしかたが自身の中で醸造され「思い出」となって残るのは
    人間にしかできない「わざ」なのだ

  • 第2巻では、タイ、マレーシア、シンガポールでの体験がつづられます。

    香港とマカオの熱気を体験した著者が次に向かったのは東南アジア。しかし著者は、そこに中国のような熱狂を見ようと空しい努力をつづけます。やがて、東南アジアの中に「中国」を求めようとすることの誤りに気づいた著者は、中国とはまた別の、強烈な熱気を帯びたインドへ向かうことを決意します。

    巻末には、俳優の高倉健との対談が収められています。

  • 旅がしたい。

  • やっとこさ3巻読める

  • マレーシアに居た時にプレゼントされた本。なんとも粋なプレゼントだった。旅行記的な本は主観が多くて嫌悪感を抱く事が多いけど、そんな事はなかった。

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

深夜特急2-半島・シンガポール- (新潮文庫)のその他の作品

沢木耕太郎の作品

ツイートする