凍 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.22
  • (323)
  • (283)
  • (121)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1919
レビュー : 280
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235172

作品紹介・あらすじ

最強のクライマーとの呼び声も高い山野井泰史。世界的名声を得ながら、ストイックなほど厳しい登山を続けている彼が選んだのは、ヒマラヤの難峰ギャチュンカンだった。だが彼は、妻とともにその美しい氷壁に挑み始めたとき、二人を待ち受ける壮絶な闘いの結末を知るはずもなかった-。絶望的状況下、究極の選択。鮮かに浮かび上がる奇跡の登山行と人間の絆、ノンフィクションの極北。講談社ノンフィクション賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「深夜特急」のような陽気なところが少なく、雪山登山らしい、辛く苦しい挑戦の話だった。
    昔ウチに帰るまでが遠足だよと良く言われたが
    山も下山してベースキャンプに無事戻って初めて登頂成功となる。
    凍傷で多くの指を失っても、また登山に挑む姿は、呆れるを通り越して、諦めない姿勢が見事だと考えさせられた。
    次はもう少し明るめの沢木作品を選ぼう。

  • 2年以上という月日を経て当時の出来事を思い出す山野井夫妻。それを根気よく聴き取り、躍動感ある文章で表現する沢木耕太郎。この作品は彼らの絶妙なハーモニーのように感じられる。登山というものがこれでもかっていうほど苛酷で危険だということを痛感させられた。この壮大かつ壮絶な物語は、ノンフィクション作品の極みと言えるだろう。感動させられた。

  • 読み応え抜群の作品。
    小説ではなくノンフィクション。

    【本の内容】
    「ギャチュンカン」という、決して大した勲章はないが非常に難易度の高い山を登攀した、日本人夫婦のノンフィクション・ストーリー
    男女2人だけのアルパイン・スタイルで、夫婦というより「パートナー」である夫婦2人で登り、山野井泰史だけが頂上を踏み、2人とも凍傷で大怪我をしたが無事生還した、前後9日間にわたる不屈の戦い。

    ※「登攀」・・・登山で、険しい岩壁や高所によじ登ること。


    【感想】
    まず始めに、このギャチュンカン登攀に同行していない沢木耕太郎がここまで繊細にノンフィクションでストーリー化できるのが凄い。
    なんてゆうことだ、一体どれほどの取材力をしているってゆうねん。あんなにリアルタイムで書けるのは化け物レベルだろう。

    次に山野井夫婦について。
    この人たちは一体何者なんだ?
    あれだけ絶望的な状況でも一切うろたえず、客観的いうか落ち着いた状況で死も受け入れていらっしゃる。
    なんでこんな極限状態で、危険な思いをしてまで登攀するんだ?
    大した稼ぎにも名誉にもならない(むしろ出費になる)のに、何故生活の全てを「趣味」である登攀に賭けれるんだ?
    凍傷して大きな手術を行ない、指もほとんど切断してしまったのに、何故また登りに行くんだ?
    この夫婦の人生って何なんだ?

    そもそもマトモな神経している人は、こんな危険な登山なんてしないのだろう。
    本当に人としてスゴイと尊敬する反面、一切自分とは相容れることのない人達だ。

    まぁ、納得できないというか到底真似できない生き方だが、何はともあれこの1冊の読み応えは専門的だが相当凄まじい。
    沢木耕太郎の熱意も感じるくらい、面白い作品だった。


    【初めて知ったこと】
    ・世界には8000メートルを超える山が14座ある。
    ・世界で初めて登られた山やルートには自身で命名できる。
    ・登攀前は、様々なデータを収集して複数名で解析し、アタックポイントをミーティングする。


    【引用】
    ・ギャチュンカン
    標高7952メートル。
    ヒマラヤ高峰群の100の谷が集まるところにある雪山。
    高峰群の中でも、とりわけ未踏の谷の奥深く。
    登頂するのが難しいのに、8000メートル未満なので勲章を得ることが出来ない。

    ※世界には8000メートルを超える山が14座ある。


    ・ギャチュンカンの登攀費用は2人で150万円ほど。
    航空費、ビザ代、現地近くまでの輸送費、一緒に行くコックの賃金、食料や燃料費、山岳協会への支払いなど


    ・2人の普段の生活は非常に慎ましい
    →家は奥多摩の古民家で家賃2.5万円(近くにクライミングできる岩場があるため)
    →家具はほとんど友人から貰い受けたもので、車は廃車同然のもの、食べ物は近くの山で採れた山菜ベース
    →収入は山野井が冬の山場でする強力(ごうりき)作業と、妻・妙子の宿坊パートが基本。
     スポンサー契約は自身が登りたい山に行けないため行なっていない。
     登山用具メーカーとのアドバイザリー契約も少しだけしているが、決して多い額ではない。


    p21
    登れるかどうかは全く分からないが、分からないという部分に強く惹かれるところがある。
    すべてが分かっており、全く安全だというなら、登る必要がない。


    p?
    その山を頂上まで登ったのなら、次はルートに視線が行く。
    新しいルートを突くことが一番の楽しみ。


    p169
    登攀中は上しか見ないが、下降中は下が見える。
    それは自分がどれだけ高いところにいるかを常に意識しなくてはならないということである。
    「オマケが全くないなぁ。」
    ギャチュンカンは「オマケ」を中々くれようとしなかった。
    予想通りの、あるいは予想以上の難しさだった。


    p?
    頂を前にした自分には常に焦っているところがある。
    決して功名心からではなく、そこに確かな山があるとき、その山を登りたいという思いが自分を焦らせてしまう。

  • ノンフィクションだから可能なリアルが詰まっている。夫婦で挑んだ死闘の果てに見えてくるものとは。ここまで引き出す著者の力量に感銘を受けた。掛け値なしの過酷さを追体験できる。山野井夫婦の生き方がなんと爽快なことか...。予備知識があるに越したことはないが、山登りに詳しくない人でも手に取ることをお勧めする。

  • ちょいちょい読み進めるはずが、半分を超したあたりから止めることができず、そこから一気読み。

    作者の山野井夫婦に対する敬意が文章にとても現れていて、過剰なんじゃ・・とも途中感じる部分があったのだが読み終えてみて全然過剰じゃなかった。

    私が想像できる人間の精神力、行動力
    すべてを超越している。
    その自分のリアリティーからかけ離れている状況を
    まるでそこにいて見ているように感じられる文章。
    怖かったけど素晴らしい。

    どんな状況でも、一歩前に踏み出せば
    いつかゴールにたどり着ける。どんなに歩みが遅くとも。
    心にとめておきたいなと思う。

    いつか山野井夫婦にお会いして握手できたらいいなと
    本気で思う。


    2018
    イベントで山野井さんの講演を聴ける機会があり、
    一目でもと行きました。
    お会いできるだけでも幸せ。だったのですが
    握手し、一緒に写真を撮って頂きました。
    握手した手の硬さやごつさは一生忘れないと思います。
    妙子さんにもお会いしたいなあ

  • 過去に山関連では植村直己「青春を山に賭けて」、著者関連では「深夜特急」を読んだ状態で読了。「青春を山に賭けて」では植村直己のとんでもない情熱と傾注力に触れて、深夜特急では不思議な旅を独特な文章で魅せられた。これら(題材×文章力)が掛け合わさるとどうなるかと気になりつつ読み終えた。

    読み終えた率直な感想は、やっぱりこれが史実なのかと驚きを隠せない。幼少期からの過ごし方、今回の挑戦までの動機、山野井と長尾が結ばれた経緯などどれをとっても不思議さと想像できないことの連発だった。ただどこの点においても決意と達成しようとする情熱はすごかった。植村直己と同様、アクティビティであると同時に命をかけてやらないといけない山登りの性質かもしれない。
    一番驚いたのは長尾の身体についてかもしれなかったが・・日本一優れた女性クライマーといっても過言ではないかも知れない。ディスアドバンテージを人よりも持ちつつも肉体面・精神面で勝てる人はいないのではないだろうか。

    ただ、本作はすこしばかりの物足りなさを感じた。前述の「深夜特急」で綴られた文体がありながらも、万人受けするような読みやすさ重視の文章になっていた気がする。そして、臨場感やその情景を感じられない場面が多々あった。これはおそらく、著者の沢木氏の史実ではないからだろう。

    ただ逆に言うと、この本はどのように書かれたのだろうか。ノンフィクション作家は基本的に自身の経験を書くものだと思ったが他人の物も書くのかと知らされた意味で、その概念が崩されたということで本作は良かった。それにしてもどのように書いたのだろうか。本作を書くことになったきっかけ、どのように書いたかが気になる。

    山野井は本作の話の後も登山を続けているよう。未踏峰ルートも登ってるということで真似できないし尊敬する。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%87%8E%E4%BA%95%E6%B3%B0%E5%8F%B2

  • やー…すごい本だ。というかすごい人たちだ。自分が好きなものを知っていて、それに全力で取り組んだ人って、たとえ手足の指18本無くしても動じない。妙子さん素敵すぎる。二人とも世間からの要求や、「こうあるべき」姿、ピークハントから自由で、「次はどこがおもしろそうか」の軸で決めているから、誰のせいにもしないし後悔もしないんだろうな。ほんとすごい本。

  • 読んでいく内に、心が震えて、凍っていた何かが溶けていく感じがした。山野井夫妻のあり方、生き方が素敵だった。

    この人だという人に出会えるのは、一生にあるのかな。早く忘れようとしてるのに、ふと思い出したり、何気ない一言を覚えていたり。ずっとひとりで生きていくって思ってたから、心配する対象ができて、こんなにも好きになったことがなくて、自分の普通の状態というか、チューニングがおかしくなってた。自分の器、そんなでかくなかった。壊れてしまってた。自分が回りに伝えてた言葉が悪い意味で繋がって、無意識に突きつけられた感じで、そんなことあるはずないのに、自分は死ねばいいとか、酷い愚かだとか、ごめんなさいとか、思ってしまってた。ほんとヤバい状態だった。やっとひとりで、と思ったのに、いまさらだけど、自分の生き方はどーなんだろうって考えるようになってた。

    寡黙になったり、ときどき苛立ったり、そして、二人がスピリットを尊重し合っているのが、かっこいい。

    なんとなく「へー」くらいに読んでいた一冊一冊が、すごい。やっぱり、君のセレクトする本はすごいなぁと思う。ぼくは、どんなに満たされて、安全地帯にいたとしても、好きな人が選んだ本を読んでいたいな。そして、そういう人を笑顔にさせられたらと思うけど。。。原点の山に、アタックして、ぼんやり自分の生き方を考えてみる。なにか違う景色に見えてくる気がする。人生の折り返しに新しい挑戦ができる。嬉しい。

    今日は、大丈夫だ。ひとりじゃないよ。それは、ぼくじゃないのが哀しいけど。人を引き寄せて、相手の魅力を最大限に引き出す愛で溢れてる。君といることは、みんなの喜びなんだろう。独り占めしちゃいけないんだろう。

    君と出逢って死ぬのが怖くなった。好奇心がわいてきたからなんだって、やっとわかった。

  • 宇宙開発とか深海探索とか南極探検とか、人類に進歩をもたらすためにリスクをおかして挑戦するのはわかるけど、登山家といわれる人たちは、ほとんど何の利益ももたらすことなんかなさそうなのに、いったいなんのために大きな危険をおかしてのぼるのだろうかと思っていた。この本を読んでもやっぱりわからなかった。わかったのは、登る動機はただ登りたいという気持ちだけなのだということ。
    考えてみると結局どんな人だって、程度の差はいろいろあれど、自分のやりたいことのためならリスクをおかしてでもやっているのだ。遊園地でジェットコースターにのるのも、海外旅行のために飛行機に乗るのも、もっと言えば外を出歩くだけでもリスクはあるけど、(人類の利益になるかどうかにかかわらず)何かしたいという気持ちがリスクを心配する気持ちを上回ればなんだってやってしまう。そういうことなのかなと思った。

  • 今井通子、植村直己、加藤保男、小西正継、長谷川恒男、ラインホルト・メスナー、ガストン・レビュファ。これまで様々な登頂記を読んできたが、その多くは登山家自身によるものだった。

    本格的な登山経験のない作家が取材により登頂記を書くのは、なかなか難しいのではないかと思う。しかし途中からは夢中になり、最後はベッドの中、日をまたいで(都合により^^)懐中電灯の灯りで読了した。

    特に下山時の極限状態が生々しく伝わってくる。フィクションではない事実の凄まじさ。作家は後景に退き、主役はどこまでも山野井泰史、妙子という登山家だ。このブクログで山野井泰史自身による『垂直の記憶』という著書があることを知った。いつか読んでみたい。

全280件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

さわきこうたろう
作家。
1947年、東京都生まれ。横浜国立大学卒業。79年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、85年『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞、93年『深夜特急第三便』でJTB紀行文学大賞、2003年それまでの作家活動に対して菊池寛賞、06年 『凍』で講談社ノンフィクション賞を受賞。近著に、短編小説集『あなたがいる場所』、エッセイ集『ポーカー・フェース』、児童書『月の少年』、絵本『わるいことがしたい!』などがある。

「2013年 『いろは いろいろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢木耕太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
トム・ロブ スミ...
沢木耕太郎
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

凍 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×