波の音が消えるまで 第1部: 風浪編 (新潮文庫)

著者 : 沢木耕太郎
  • 新潮社 (2017年7月28日発売)
3.85
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101235233

作品紹介・あらすじ

サーフィンの夢を諦め、バリ島から香港を経由し、流木のようにマカオに流れ着いた伊津航平。そこで青年を待ち受けていたのはカジノの王「バカラ」だった。失った何かを手繰り寄せるようにバカラにのめり込んでいく航平。偶然の勝ちは必要ない、絶対の勝ちを手に入れるんだ――。同じくバカラの魔力に魅入られた老人・劉の言葉に導かれ、青年の運命は静かに、しかし激しく動き出すのだった。

波の音が消えるまで 第1部: 風浪編 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皆が怖くて、でも憧れる「果ての果て」に、私たちの代わりにいってくれた話。
    解説を読んで、さらに面白かったと思えた。
    最初のほうはかなり飛ばしてしまったけど、また機会があったら読み直してみようと思う。

  • 偶然訪れたマカオで出会ったバカラ

    バカラの持つ熱に魅せられた主人公はどんどんのめり込んでいく。

    ギャンブルの最中はつねに自問自答。
    どこまで自分の信念を貫き通すことができるかが勝ちにつながる。

    主人公の内面の動きが上手く描けていて面白い。

  • 読了。レビューは最終巻で。

  • 沢木耕太郎『波の音が消えるまで 第1部 風浪編』新潮文庫。

    久し振りに読む沢木耕太郎だった。『凍』以来だろうか。20年以上前に読んだ『深夜特急』に衝撃を受け、貪るように沢木耕太郎の作品を読んでいた時代もあった。

    序章で主人公が亡くなった劉さんが残したノートに記された『波の音が消えるまで』という1行を目にした時、何故か涙が零れた…理由は解っている。

    面白い。非常に面白い。

    ハワイのノースショアの大波に敗れ、バリ島へと居を移し、マカオへと渡ったサーファー伊津航平を主人公にしたサーフィン&ギャンブル放浪小説。確かにギャンブル小説という色合いが濃いのだが、間違いなくサーフィン小説としての一面も持っている。ここまでサーファーの心理を描いた小説はなかなか無い。

    サーファーとギャンブラーが挑み、ワイプアウトした時に翻弄される大波。タイトルの『波の音が消えるまで』という意味が何となく解るような気がする。サーフィンに熱中し、毎日クタクタの状態で夜に目を閉じると頭の中にいつまでもうねりが映り、波音が聞こえるのだ。

    第2部へと急ぎたい。

  • バカラの場面ばかり
    人物描写 最低

全5件中 1 - 5件を表示

波の音が消えるまで 第1部: 風浪編 (新潮文庫)のその他の作品

沢木耕太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
塩田 武士
東山 彰良
ピエール ルメー...
沢木 耕太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

波の音が消えるまで 第1部: 風浪編 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする