男と女の進化論―すべては勘違いから始まった (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.15
  • (1)
  • (17)
  • (41)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 163
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101238128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一部の方には嫌われかねない、かなり辛辣な内容であるも軽妙な文章で気軽に読め、面白い。
    生物学的な男女の進化論と著者の独自の仮説満載。
    ・女のシワについて
    ・背の高い男は何故モテる?…
    ・理系男子、同姓愛、ポルノについて…

  • ふざけてるのか真面目なのか、よく分からないが、男と女の性質の違いをコミカルに説明してる作品。っていうか、ただそれだけの作品。言葉遣いは巧みだなと感じた。ただそれだけの作品。

  • 思いつきやアイデアはとてもユニークで面白い。

  • 【本の内容】
    女はなぜシワを恐れるのか?

    なぜ背の高い男がモテるのか?

    男はどうして若い女の子が好きなのか?(類人猿社会では、子育ての上手な経験を積んだメスの方が人気があります)

    日ごろの疑問が一挙に氷解すると同時に、“同性愛は平和に役立つ”“ポルノは地球を救う”など、竹内流の鋭くユニークな説がたっぷり楽しめる、目から鱗の落ちる本。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 背の高い男は何故モテるのか、何故男は若い女が好きか、女は何故シワを怖がるのか等、一般的な定説を進化論という観点で説いたエッセイ。
    かなり強引と思われる解釈も多々あるが、テーマをここまで掘り下げて持論を展開できるってすごい。ま、こうゆう考え方をする人もいるんだなということで。

  • よく考えられているけれど…ホント〜??

  • ほほう。

  • (1996.08.16読了)(拝借)
    すべては勘違いから始まった
    (「BOOK」データベースより)amazon
    女はなぜシワを恐れるのか?なぜ背の高い男がモテるのか?男はどうして若い女の子が好きなのか?(類人猿社会では、子育ての上手な経験を積んだメスの方が人気があります)日ごろの疑問が一挙に氷解すると同時に、“同性愛は平和に役立つ”“ポルノは地球を救う”など、竹内流の鋭くユニークな説がたっぷり楽しめる、目から鱗の落ちる本。

    ☆関連図書(既読)
    「そんなバカな!」竹内久美子著、文春文庫、1994.03.10

  • 「男と女の進化論」4

    著者 竹内久美子
    出版 新潮社

    p124より引用
    “部数が伸び悩んでいる男性誌では、まずその他の真面目な記事
    を充実させてはどうだろう。格調の高い記事は、グラビアを見る
    格好の口実を提供するに違いない。”

     動物学者である著者による、生物としての人間を男と女の違い
    などから分析した一冊。
     女性にシワが出来る理由からグルメ文化についてまで、著者独
    自の理論が記されています。

     上記の引用は、ポルノグラフィについて書かれた項の一文。
    難しい記事を読んである程度我慢することによって、グラビアの
    興奮度が上がっていいかも知れません。
    何事も当たり前のように手に入ってしまうと、ありがたみは薄く
    なるのではないかなと思います。

    ーーーーー

  • 芸術は下剋上。

全21件中 1 - 10件を表示

男と女の進化論―すべては勘違いから始まった (新潮文庫)のその他の作品

竹内久美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする