月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社
4.32
  • (723)
  • (498)
  • (214)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 4777
レビュー : 413
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240527

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライトノベル実質人気ランキング堂々5位の、殿堂入りシリーズをいまさらながら初読。異界に連れさられた、いわゆる優等生の女子高生は、十二国の運命を握る剣士だったらしい。苦しんで、裏切られて、救われない、なんとも絶望系なダークファンタジー。それでも「あたし、家に帰る」と涙枯れるまで泣き続けるヒロインは、根っからうんこ強いのだった。父親の考えがレトロで笑える。「女の子は清楚でかわいいのがいちばん。賢くなくていいし、強くなくていい」1992年の刊行か、なるほど、時代は男女雇用機会均等法(1987年)。そして今、男子を主人公にせよ。「男の子は清楚でかわいいのがいちばん」byフォレストリバーみさ
    下巻に続く。。

  • ムダでした。

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

月の影 影の海 (上) 十二国記 1 (新潮文庫)のその他の作品

小野不由美の作品

ツイートする