風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)

著者 : 小野不由美
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社 (2013年3月28日発売)
4.41
  • (391)
  • (248)
  • (82)
  • (4)
  • (1)
  • 2267人登録
  • 146レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240565

作品紹介

人は、自分の悲しみのために涙する。陽子(ようこ)は、慶国(けいこく)の王として玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に、苦悩していた。祥瓊(しょうけい)は、芳国(ほうこく)国王である父が簒奪者(さんだつしゃ)に殺され、公主の平穏な暮らしを失くし哭(な)いていた。そして鈴(すず)は、蓬莱から流され辿り着いた才国(さいこく)で、苦行を強いられ、蔑まれて泣いていた。それぞれの苦難(くるしみ)を負う少女たちは、幸福(しあわせ)を信じて歩き出すのだが──。

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『月の影 影の海』で王になった陽子、その続編の物語となります。

    王になったからと言って、全てが思い通りになるわけではなく、
    むしろ異邦人であることをいいことに、イイように転がされています。

    本人もそれが分かっているだけに、なおのこと苦しくて、、
    というか、景麒ももうちょっとどうにかねぇ、、とも言いたくなりますが。

    なお、陽子の他にも二名ほど主人公がいて、全部で三人。

    一人は、陽子より100年ほど前に流されてきた海客・鈴、
    一人は、先の芳国の公主であった・祥瓊、

    実年齢的に「少女」と言っていいのかどうかはわかりませんが、
    それぞれの苦悩と向き合い、一皮むけるまでの物語となっています。

    終盤に展開されるカタルシスは、相変わらずにが心地よく、一気に。
    今のところ、シリーズ中では一番好きな物語です。

  • 『月の影 影の海』以後の陽子、元国王の娘の祥瓊、蓬莱から一人異国の才国へ流れ着いた鈴、三人の少女の苦闘の様子を描いた十二国記4作目。

     この『十二国記』の世界は本当に甘えの許されない世界なんだな、とここまでの新装版『十二国記』を読んでいて思います。今作もまさにそのことを思わせる内容で、陽子は前作の苦難を経験し、悩みながらも前進をめざし行動する様子がしっかりと描かれていて、そうした陽子の姿も読みごたえありなのですが、それ以上に上巻で印象的なのは後の二人の少女の姿。

     祥瓊は国王の娘ながら、その王は行き過ぎた法の制定のため反乱の末殺されてしまい、自身は身分を偽って暮らすこととなります。父の暴走なんて知らなかった、という祥瓊に対し、周囲はそれを許しません。

     最初は国民たちの感情論的な部分もあるのかな、と思ったのですが、それだけではなく国王の娘として生まれた責任のことを言っていたのですね。好きで王の娘として生まれたわけじゃない、と祥瓊は言うのですが、一方で王の娘として贅沢な暮らしをしていたのも事実なわけで、そのため自分の現在の境遇を受け入れられないわけです。しかし上巻終盤で偶然、『月の影 影の海』で陽子を助けた楽俊と出会い、少しですが彼女に変化の兆しが見えてきます。

     鈴は何の落ち度もないのに言葉の通じない異国に投げ出された自分の運命を呪います。これに関しても同情的な意見はほとんどないですね。確かに異国に落とされそれから百年近くずっと自分の運命を嘆き続けるのもどうか、と思いますが、それでも自分は鈴に同情的に話を読み進めていきました。

     でもそれって、今ある程度恵まれた生活を送っているから同情的になれるんだな、と読んでる途中で気づきました。十二国記の世界は、食べるものにこと欠く人もいれば、妖魔に襲われ身内を亡くした人、国が荒れ故郷を失った人などさまざまな不幸に襲われる人がいます。そうした中でも人々は生き続けなければならない。そのためには自分の不幸を嘆く甘えなんて感情は許されないのです。だから鈴に対しても、協力してくれる人はいてもその不幸を一緒に嘆く人はいないのだ、と気づきました。

     鈴も旅の途中でそのことに気づき始めるのですが、上巻の最後に大きな事件が待っています。彼女がそこから立ち直れるのかも非常に気になります。なかなか辛い話も多いですが下巻も楽しみです。

  • 新潮文庫で出直したので再び読む(●´艸`)

    小野先生の凄いなぁっと思うところは、一つの物事をさまざまなキャラクターの視点から描き分けされているということ!( • ̀ω•́ )✧
    今回は 陽子、鈴、祥瓊、の3人がそれぞれの道を歩み思いが交差する(・∀・)

    最初はいけすかない子だなって感じていた鈴や祥瓊も様々な人たちとかかわるにつれ素敵な子になってゆくのです(●´艸`)その気持ちの変化が読んでいて本当に楽しい!実に読み応えがありますよ!!!(๑′ᴗ‵๑)

  • 人は、自分の悲しみのために涙する。

    陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。
    祥瓊は、芳国国王である父が纂奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。
    そして鈴は、蓬莱から辿り着いた才国で、苦行を強いられ泣いていた。

    それぞれの苦難を負う少女たちは、葛藤と嫉妬と羨望を抱きながらも幸福を信じて歩き出すのだが―。

    。・゜*・。 ・゜*・。 ・゜*・。・゜*・。

    H25.7.28 読了

    物語としてももちろん面白かったが、清秀と楽俊の言葉たちに、もうやられてしまった。。。

    反省しながら、でも楽俊に「気付いたときから始めればいい。生きている限り遅いということはない。」と励まされながら読むことが出来た。

    1日で読み切ってしまったのも久しぶりかも。
    下巻も楽しみ。

  • 玉座に就いたものの、女王であるために官吏に侮られ、また蓬莱の生まれであるが故に道理がわからず、自分の不甲斐なさに苦悩する、慶国王・陽子。
    王と王后である父母を目の前で殺され、位を剥奪されて過酷な労働をしながら生きなければならない自身の境遇を呪う、芳国の公主・祥瓊。
    十二国へ流されて来てしまい、言葉の通じる仙にしてもらうことと引き換えに傲慢な主人の仕打ちに堪える、蓬莱の少女・鈴。
    三人の少女が慶で出会い、自身の在り方を見つめ直していく。

    最初は彼女達、特に祥瓊と鈴の辛い境遇に思わず同情したくなってしまう。
    読み進めていくと、彼女達を取り巻く登場人物に未熟さを指摘され、それにまた納得してしまう。
    そして納得すると同時に、彼女達に同情してしまった自分にひやっとする。
    自分の中に存在する、「私は悪くない」という責任逃れの気持ちを指摘されたような気がして。

    序盤は祥瓊や鈴の境遇や言い分が尤もなように思ってしまう、けれども徐々に彼女達の甘えに気付かされ、最終的にはそれが覆される。
    小野主上は本当に、読者の思考をキャラクターに寄せるような書き方が上手い方だなぁと思います。
    旧版を何度も読んでいる作品なので、さすがにキャラの思考にいちいち同調してしまうことはなかったですが。
    ひやっとする部分があったということは、まだまだ自分も、周りや状況のせいにしてしまうことに心当たりがある、ということなんだろうな。
    『月の影 影の海』と、この『風の万里 黎明の空』はシリーズ中でも特にそういう傾向が強いような気がして、好きなんですが気軽には読めません。
    何度読んでも、大人になっても、このシリーズから学ぶことは多いなぁと思います。
    大好きです。

  • 十二国記シリーズの中で、いちばん好きな作品の1つ。「おしん」と「暴れん坊将軍」(ついでに「水戸黄門」)の要素を含んでいて、いかにも日本人好みな物語に仕上がっている。10年以上前に読んだときは、この話の主人公3人(陽子、鈴、祥瓊)それぞれの苦悩と決断の重さを完全にスルーして読んでいたのだと気づかされて、自分も年を取ったものだと思った。(上下巻まとめてのレビューです)

  • 陽子の回はなんとなく薄暗くなる傾向にある気が…。登場人物が大体生真面目に見えるという不思議。

  • 慶国の女王になった陽子。
    芳国の王の一人娘だった祥瓊。
    日本から虚海を渡り仙籍をもらった鈴。
    恭国の女王で祥瓊を預かった珠晶。

    立場の異なる同世代の若い女性たち。

    それぞれの赤裸な言葉がリアルすぎて、胸に刺さりました。自分が悪いの?そんなことない、あの人が悪い。環境が悪い。誰もわかってくれないことが悪い…はい!他人に責任をなすり付けて自分を慰めることをやめます!

    僕がこの本を読んで、そう勉強したように、陽子、鈴、祥瓊も次第に学んでいく。そう、大きなきっかけがないとなかなか人は変われないよね。どういう事が一番恥ずかしい事なのかを改めて考えさせられた。

    続き、読むしかない!

  • 既に慶王となった陽子以外の登場人物はほぼ初出ですが、みんなそれぞれに魅力的なキャラクタたち。地理的に遠く離れた3人の少女たちが、これからどのように絡んでいくことになるのか興味をつなぎつつ下巻に続きます。

  • 上・下巻。

    新潮社版 十二国記 エピソード4

    『月の影 影の海』から繋がる慶国の話です。

    主人公は3人で、元芳国公主 祥瓊と海客の鈴。
    そして景王となった陽子の話が絡み合って一つの物語になってます。
    人の弱い部分の感情が妙にリアルに書かれていて、その心の成長過程がとても面白いです。

    読むたびにラストの3人娘たちのカッコ良さにウルッとなります。

全146件中 1 - 10件を表示

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)のその他の作品

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空〈上〉―十二国記 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする