丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社
4.05
  • (691)
  • (786)
  • (449)
  • (57)
  • (8)
本棚登録 : 5774
レビュー : 729
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240589

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4つの短編集。3つの官吏の話と戦乱で苦しむ民の話。王や上層の人間の華々しい生活ではなく、国の混乱に翻弄されながら日々の仕事や暮らしを生きていく人びとを丁寧に描いている。司法を扱った話では死刑制度の考え方を、山の官吏は生態系の崩壊の恐ろしさをと、空想世界を借りて語らせているように思えた。古代中国(周とその後あたり)の雰囲気を感じさせながら、借り物でなく緻密に練られている世界。次の巻も楽しみ。

  • シリーズのファンの方には物足りないだろうけれど、小説としては本編よりも素晴らしい作品だと私は思う。
    特に『青条の蘭』、人々がわけもわからず希望を繋いでいくシーンは涙なしには読めない。

  • 読み終えてしばらく登録してなかった…

    細かい部分は忘れたけど、仕事頑張ろう!って気になる短編集でした。

    前提知識として十二国記シリーズはそれなりによんでおいた方がよい。

  •  表題作を含む短篇集。
     十二国記シリーズ最新作、「長編じゃないのかー」と残念に思いつつ買いましたが、やっぱり良いですね。最近小説を読まなくなっていたけれど、夢中になって読みました。

  • すごいなあ、としか、言葉が出てこない。さも現実世界を精密に描写しているように書いているけど、架空のものなんだもんな。自然科学や法学や民俗学にも精通してないと書けないのではと思ってしまうほどの豊かな描写。表題作がいちばん好きでした。想像力が豊かでない私でも、自然と情景が浮かんでしまう。

  • 短編なので軽めかと思いきや、重厚感に圧倒されました。民を思い悩み苦しむ男たちのひたむきな努力が眩しい。
    「丕緒の鳥」 … 大射の儀式の色彩と音が胸一杯に広がります。陽子の言葉がむしょうに嬉しかった。
    「落照の獄」 … 瑛庚の下した決断にホッとした自分がいて、これが“理屈を超えた反射”なのだとしみじみ思いました。
    「風信」 … ちょうど燕の卵がかえる時期に読んだので、希望にあふれたラストシーンは感激もひとしおでした。

  • 難しい。
    それぞれが国の有り様を示している。
    各国各様の事情に即した色々な問題がある。
    でも、もっと王の即位の物語が読みたかった。

  • 十二国それぞれの国で暮らす民の話。
    王と麒麟の話を読みたいと思って開くと肩すかしを食らいます。
    しかし設定はものすごくファンタジーなのに、出てくる人達のリアルさは流石。
    死刑について考えてしまうとは。

  • 2年前に新刊で買ったのに半分しか読めてなくて、やっと全部読み終わった。
    他の十二国記に比べて地味だし満足感は少ないけれど、大好きなシリーズ。

  • 十二国記シリーズの(今のところの)最新作。
    購入はしていたのですが、図書館の本の方が優先されるので、しばらく積読でした。
    前情報なく読んだので、どこの国の話かなぁ?誰が出てくるかなぁ?なんて読み進めていたのですが、知ってる登場人物としては、陽子がちょこっと出てくるだけでしたね。
    基本的には、十二国で暮らす国民達の話です。

    十二国シリーズの世界観の完成度の高さを感じさせる作品でした。
    異世界ではあるけれど、死刑の是非だったり、環境問題だったり、現実世界の問題を考えさせるような内容だと思いました。
    よもやファンタジーを読んでいて、死刑の是非について考えることになるとは思いませんでしたが(苦笑)。
    どの作品も面白かったですが、個人的には落照の獄が割と好きです。

    陶鵲を見てみたいと思いました。

全729件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

小野不由美の作品

ツイートする