丕緒の鳥 (ひしょのとり) 十二国記 5 (新潮文庫)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 新潮社
4.05
  • (691)
  • (786)
  • (449)
  • (57)
  • (8)
本棚登録 : 5775
レビュー : 729
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101240589

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きなシリーズ『十二国記』の最新刊。今回は短編集という事で、本音は長編を読みたいと思ったけれど、短編一つ一つが内容が濃く、大満足。

    期待を裏切らない、さすが十二国記!
    やっぱりこの世界観が好きだなと思わせてくれる。

    陽子が少し描かれている表題作、『丕緒の鳥』も読後感がすっきりとしていてよかったが、私的には『青条の蘭』がとても良かった。

    特別じゃない、スポットライトが当たらない『民』一人一人が愛おしくなる短編。

    装丁が新しくなったバージョンが新潮文庫で発売されているが、既に十二国記は持っているのに、こちらのバージョンも欲しくなったり。。。

  • yomyomで既出の2作と書きおろし2作を収録。
    「丕緒の鳥」陽子が登極して間もなくの話。
    丕緒の思いは王に通じるのか・・・大丈夫。だって陽子だもん!
    「落照の獄」柳での話。司法をつかさどる官の瑛庚は、
    凶悪な殺人犯の処遇に頭を悩ませていた。
    「青条の蘭」傾いた国で起きた山林の疫病。
    標仲は王に薬を届ける事ができるのか?
    どの国のどの時代の話なのかは途中でわかる。
    結末は描かれていないけど、たぶん誰もが思った。
    大丈夫だ!って。
    「風信」国の末期。家族を失い、村をも追われた蓮花。
    浮世離れしている春官達。その姿に、蓮花は憤りを覚える。
    この国に希望はあるのか?大丈夫。陽子が来てるから。
    短編集ではあったけど、たっぷりと考えさせられ
    そして感動しました。

  • シリーズものを読んでから読むほうがよい。
    どこの世界でも悩み、苦しみながらも頑張ってる人っているんやなー。小説の中のことですが、なんかリアルに感じました。

  • 「死なないラインハルト」を君主としていただく世界は、どういうふうになるだろう。

    「死なないラインハルト」でも、世界が理想的な生活を送れるわけじゃありません。という短編4つの十二国記です。「死なないラインハルト」については、「銀英伝」9巻の解説どーぞ。徳間文庫です。

    国のTOPがどうであれ、日々の生活をよりよくしていくには、投げっぱなしではいけないよ、という印象受ける4編。
    「死なないラインハルト」さえいれば、悠々自適な生活が保障されるじゃん、何もしなくていいんじゃない?
    といった身勝手な考えを封じ込める短編集です。

  • 自分の力が及ばない絶対的な世界と、私、その両天秤を精密に描き切るところ、しかもそれをファンタジー世界でやってしまうところに十二国記の物凄さがあることは自明すぎるけど、短編で主人公を民衆の側に移してもその点はまったく変わるところがなく力強い。十二国記は一貫して正しさとは何か?について訴えてきたように思う。そしてその正しさというものは一人一人のなかで、色を帯び、変わっていくものであるがゆえに、ふとした瞬間に誰かの正義と自分の正義が拮抗してしまう、そうした誰もが出合う本当の苦悩のうえに物語の種を蒔いて、しっかりと大きな花を咲かせてしまう。本当にすごいなぁと思う。
    青条の蘭で、クライマックス、主人公の手から蘭が離れ、人々の手で王宮を目指し始めるという構成の直線的な伸びやかさには、短編とは思えない大きなものを見たような気がして、とても感動しました。
    それと、風信の蓮花のキャラクターのように、分かってはいるけどむくれちゃうというなんともいえない感情の機微をきちんとすくい取ってくれるところが、個人的に小野さんの小説を読んで癒されるポイントであるような気がする。
    長編死ぬほど楽しみです。

  • 十二国記シリーズ、12年ぶりの短編集!!
    ブランクがあっても、読めばすぐに十二国記の世界観に惹き込まれます。
    小野不由美氏、流石です… 感嘆…

    王や麒麟ではなく、官吏や民の視点から、国の栄枯が語られている作品。
    登場人物の葛藤がリアルに表現されているので、読んでいてついつい感情移入してしまいそうになります。

    また、短編集を書いてくれることに期待して…

  • 十二国の世界に生きる人々の四編の話。最初に前巻までの登場人物は出てこないと知ったとき、少し落胆したのだけれども、読み進めていくうちにこのような名も無き人々のお話があるからこそ、十二国記の世界が成り立っているのかもしれないと思った。必要不可欠だからこそ、小野さんは長編を執筆する前にこれを書いたのではないかと。
    どのお話も次への希望を見出せるような、力強いパワーを感じたのだけども(『落照の獄』は少し違うかもしれない)、とくに『青条の蘭』が好き。標仲が初めて人に助けを求めたシーンは泣きそうになってしまった。物語のラストに実った卵果は彼の国のこれからを予感させて気持ちよく読了できた。
    次の長編がとても待ち遠しい。

  • 全部の短編が良かったけど、私にとっては「風信」という短編が特に良かった‼

    東日本大震災のとき、多くの、震災とか人命救助とかの技術とは直接関係ない研究をしていた研究者の人たちは、あのときの彼らと同じ思いをしたと思う。私も(いちおう某所の研究員なんだけど)そのときのコトを思い出して、切なくてやるせない気持ちがぶり返してきました。
    。゚(。ノωヽ。)゚。

    こんなマイノリティーな人たちの気持ちを小説にしてくれる人がいるとは思わなかった‼
    小野不由美さんは、すごい作家さんです‼

  • 08/05/2013 読了。

    苗の話と暦の話が好き。

    自分がどこかにいるのなら、こうやって考えられるだろうかと、
    登場人物の考え方に、強さに驚く。

    大きな括りでの善悪とかじゃなくて、
    個人単位での善悪の「はかりかた」をするので、
    個々の立場がよくわかって、とても考えさせられる。
    いつも。

  • 民の目線から書かれた短編4作。
    どれを読んでも、「王は民の希望なのだ」ということが、実感としてわかる。
    「丕緒の鳥」では、主人公の国を憂い、王に伝えようとしてきたこと、そして最後に「報われた」と感じたことが、美しいイメージとともに読み手の胸を打つ。
    そして、陽子の王としての存在感! 立派になって…と嬉しくなってしまった。
    「落照の獄」は、とても考えさせられた。
    現代の死刑制度にも通じる、賛否両方の意見は、小説の枠を超えて重くのしかかった。
    たんなる理論合戦にならず、主人公の家族問題が絡むところも、物語として血肉が通っている。
    「青条の蘭」、最後はこっちまで「頑張って、お願い、王の元まで」と手に汗握って応援してしまった。
    これだけ確固たる世界を多面的に描く十二国記、もう、すごい、の一言だ。

全729件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

小野不由美の作品

ツイートする