数学者の言葉では (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (15)
  • (36)
  • (46)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 298
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101248028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和56年に出された、著者の「若き数学者のアメリカ」に次ぐエッセー。

    著者は、学者として大成するための性格条件として、「知的好奇心が強いこと」「野心的であること」「執拗であること」「楽観的であること」の四つを挙げている。「好奇心がやたらに強く、いつも野心をたぎらせていて、周囲を辟易させるほどにしつこく頑固で、傲慢と言えるほどの自信家」が学者の理想的気質であり、「日本人の伝統的美徳感から外れている」人種なのだと。数学者が特にそうなんだろうなあ。

    本書では、「旅の思い出」の章が「若き数学者のアメリカ」と同様の、自意識過剰な著者の赤裸々な告白調になっていて、読んでいる方が恥ずかしくなって参った。

    特に面白かったのは「数学と文学のはざまにて」と「父を思う」の二章。

    「数学者のストレス要因は、長い「産みの苦しみ」の後で、何も産まれないかも知れない、という不安感であり、作家のそれは、一定期間で何かを産まなければいけない、という圧迫感」、「淡々とした文章で深い情緒感を表わし、抑抑制のきいた言葉で精神の高揚を表わす、というのが父の理想とする文章作法」等は、テイクノートしておきたい感じだ。

  • 460円購入2004-01-29

  • 著者の数学(数学者)エッセイと違い、雑文の集積。数学関連エッセイには横溢する他者への敬意。一方、本書のようなエッセイで滲み出るのはあまり根拠のない自尊心。そもそも自尊心の高さが努力・頑張りに向けられたら印象良しなんだが、発想や態度の狭矮さに繋がると鼻白む。後者の典型の一書、古書店行き。

  • 数学者藤原正彦氏のエッセイ集。とても読みやすいし淡々としたユーモアが心地良い。学者の視点から語られる学問への考え方、数学と文学の対比など内容は多彩だったけれど、何だかんだで新婚旅行記が一番面白かった気はする。ところどころそれはどうかなという意見もあったものの、数学者というのは普段こんなことを考えているのかあという思いで始終楽しく読めました。薦めてくれた友人に感謝。

  • 日本人とか研究者の,なんというか本質がよく見えてくる.文章の感じが,さっぱりと切れ味よく,独特の読了感が得られる.

  •  数学者、藤原先生の強烈な個性爆発。『若き数学者のアメリカ』と一部重複する箇所があるように思うが、どのはなしも面白く読める。自分が日本人であると感じたいなら外国へ行くことだ。それも旅行程度の日程ではなく長期滞在をするに限る。日本人と自覚することでその後の人生にどんな影響があるのか、海外体験がプラスに働くことを願いたい。

  • 「数学者」という堅物なイメージに反して、文章は読みやすくユーモアに富んでいます。中学校三年生のころ、はじめての進路選択に悩んでいた時に励まされた本です。数学者になりたかったというわけではもちろんないのですが、あらゆる物事に対する厳しくも温かみのある文章に叱咤激励されたような気分になったのです。

  • 【「平成23年度第二回室工大教員オススメ本」による紹介】

    著者が数学者だからか非常に鋭い切り口で、大学や学生・学問・社会などについて書いている。しかも適度にユーモアがあり、読んでいて飽きない。当時から社会や大学はかなり変わったが、本質的なことはあまり変わらないのだとあらためて気付かされる本である。

    桃野 直樹/准教授 しくみ情報系領域

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00339785

    #室蘭工業大学読書推進プロジェクト企画「平成23年度第二回室工大教員オススメ本」により紹介されたものを許可をいただき掲載しています。

  • 厳密な論理にもとづく科学。その中でも厳密な数学。その中でも基礎である数論は数学の女王とまで呼ばれる。科学を専門とする人間は変わったキャラクターを持つ人間が多い。曖昧な世界で生きる人と論理性の世界で生きる人間の世界に対する見方・取り組み方の違いが出るのであろうか。著者も数論を専門とする数学者で最近は本職よりも様々な文化論・国家論で有名。論理も行ききってしまうと逆に世界に対する諦観が生まれるのであろうか、一途なキャラクターも人間味を感じる。

全24件中 1 - 10件を表示

数学者の言葉では (新潮文庫)のその他の作品

数学者の言葉ではの詳細を見る 単行本 数学者の言葉では 藤原正彦

藤原正彦の作品

数学者の言葉では (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする