父の威厳 数学者の意地 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (13)
  • (25)
  • (45)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 219
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101248059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『遥かなるケンブリッジ』や『若き数学者のアメリカ』などに比べると、見劣りするなあというお印象。
    単純に自分が海外が舞台のエピソードが好きというのもあるけれど。

    ただ、最終章の学校や都を相手にした奮闘振りはなかなか読ませるものがあった。
    さすがに自分ではここまでやろうとは思わないけれど(笑)

  • 反骨精神で世の中のあらゆる問題に立ち向かい、武士道精神を熱く語り、家族からは頑迷さをあきれられる著者自身の姿を、ユーモアで包み込んで語っているエッセイです。また、著者の両親である新田次郎、藤原てい夫妻のエピソードも多く語られています。

    『国家の品格』(新潮新書)で語られる著者のナショナリズムには賛同できない読者でも、エッセイストとしての著者の力量はなかなか否定できないのではないでしょうか。

    とくに、検便を強制する小学校に対する著者たち一家の戦いを描いた「苦い勝利」と題された一編は圧巻です。噴き出したり、目頭が熱くなったりと、たいへんでした。

  • 著者の1994年に出されたエッセー集。解説にあるように、「支離滅裂的涙腺過敏的ユーモア」に溢れたエッセーの数々。

    厳しい武士教育を受けた父、新田次郎氏の薫陶を受けて「武士道」に強い憧れを抱き、現代人がそれを失いつつあることに危機感を募られる著者の姿は、は、亭主関白で頑固一徹な古いおやじ像と重なる。

    圧巻は、ラストの「苦い勝利」。息子の修学旅行を賭けて規則一点張りの小学校と闘う苦いエピソード。結果的にルールを変えさせることに成功したとは言え、息子が修学旅行に行けなかったことは大きな敗北とも言える。意地と意地のぶつかり合いが無駄な犠牲を産んだ、有りがちなエピソードがビビッドに語られていて、はまった。

    著者が本書で挙げている、古きよき日本の姿を観察した明治の外国人、ラフカディオ・ハーンとウェンセスラウ・デ・モラエスの作品、読んでみたくなった。

  •  著者のこの種の家族論のエッセイを読むと、「ツカレ親」(敬せず遠ざけたい面倒なタイプ)の典型であることが良く判る。

  •  国際人とは英語を流暢にしゃべれる人ではない、自国の文化、伝統、情緒をきちんと身につけていなければならない。これらの基礎がなければ国籍不明人となる(P217参照)

     ところで昨今の小学校では授業に英語を学び、ダンス(ヒップホップダンス他)授業が必須なのだとか、日本語もまだ身についていない彼らに必要なのはまずは国語、そしてソロバンじゃないのか(怒 TVに映し出されるエグザイルはいったい何人?AKB48はアキバ文化(日本発信)だから許そう(笑

  • 明治中期までに海外に渡った日本人が、その品格にしばしば欧米人を瞠目させた、という事実はよく聞くことである 人間は誰も、一定期間の後に死を迎える 別れとは死への階梯であり、そこには根源的悲しみがこもっている 義、勇、仁、礼、誠、忠、孝、名誉、克己などである。孔孟の影響も否定できないが、これらの精神は成文化されずに、日本人の心から心へと、実践を通して綿々と伝えられてきた 「本を読まないと偉くなれない」は正しいと思う。「本を読めば偉くなる」が誤りなのである

  • 最後の中編は一気に読まされた。
    やりすぎな気もするが、やりすぎなことをしない人は日本には多すぎる。

  • 理系の自分としては、作者のやることや考えることに(マニアックな意味で)同感できて楽しかったですが、それはやり過ぎだろうという場面もあり、理系でも色んな人がいるんだなあと思わされた一冊です。

  • 序盤では、父上(新田次郎)、母上(藤原てい)に関する内容が多く、積読本となっている『流れる星は生きている』を読まなければ、という思いが強くなった。新田次郎も『八甲田山死の彷徨』しか読めていないな…

    父上の「本代だけはケチるな」という言葉には勇気をいただいたので、積読本が増え続けてるけど今後も本を買おうと思った。また、「大人になってからでは遅すぎる本もある」には、就職するまでほとんど本を読んでこなかったことを改めて後悔した。でも思えば読書するようになったきっかけは氏の『国家の品格』だった。遅かったかもしれないけど、感謝です。

    アメリカやイギリス、武士道、教育などに関しては本作以前の作品を読んでいるのでスラスラ読めた。やっぱりこの人の本を読んでいるとイギリスびいきに傾く。今日は選挙だけど、日本は優雅に朽ちることを許せるだろうか。

    フェルマーの予想の項では、アンドリュー・ワイルズの苦闘ぶりが描かれ、『フェルマーの最終定理』を夢中で読んだことを思い出した。また再読したいな。

    本作では岡潔についての記述はなかったけど、先日本屋で見かけて『春宵十話』を購入したので、来年ぜひ読みたいと思う。

  • (「BOOK」データベースより)
    冷厳なはずの数学者が、涙もろくて自他共に認める猪突猛進?!妻、育ち盛りの息子三人と暮す著者。健全な価値観を家庭内に醸成するためには、父親の大局的認識と母親の現実的発想との激論はぜひ必要と考えるのに、正直、三人の部下を従えた女房の権勢は強まるばかり。…渾身の傑作「苦い勝利」、文庫初収録の15編など、父、夫、そして数学者としての奮戦模様を描いて、本領全開の随筆66編。

全23件中 1 - 10件を表示

父の威厳 数学者の意地 (新潮文庫)のその他の作品

藤原正彦の作品

ツイートする