ワールズ・エンド・ガーデン (新潮文庫)

  • 新潮社
3.63
  • (15)
  • (14)
  • (28)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学

  • ある村に宗教的魅力を持つ異邦人が現れ
    惑わされた人々は散り散りになるのを
    その中の一人である主人公から眺める寓話のようなお話
    20年くらい前の独自当時としんぜられるわかものぶんかを題材にしているが
    およそどこのいつでも変わらぬ景色
    わかものすなわち青年は彷徨し
    日常世間一般から目を背けて今日も自身の信ずる価値に閉じこもるのであった
    それが青春だから仕方ない

  • 途中まで言い回しや表現が複雑で2回、3回読まないとならなかったけど、後半は映像が見えるようで面白かった。もう2回くらい読むといいのかも。

  • 2011年現在は絶版。
    ドラッグや宗教、そしてゲットーのような街。退廃的なエンターテイメントは限りなく透明に近い。
    ワルモノの成り上がり、都市開発、地上げ屋やマスコミの立ち回りなどは作品が書かれた時代を感じさせるが、それがリアルでなくなった今も尚、作品にリアルを与えてくれるのは物語の力か。
    疾走感がありながらも空っぽな感じはしない。
    是非、復刊してほしい作品のひとつ。

  • 好きな本を挙げて下さいと言われたら、たぶんコレを真っ先に出すと思います。
    たぶん、思春期に出会った本なのでとても影響が強かったんですよ。
    映像化したらどうなるだろうか、と言うのが物凄く鮮明に妄想できて、勝手にキャスティングしながら読んでいたと思います。

  • 本を読む人読まぬ人とかくこの世はままならぬpart2より

  • 確保済み。

  • 示唆に富んだ内容ではあるが
    非常に後味が悪い。

  • 解体屋外伝へと続く世界観の話。
    最初はこちらから…ってことかな。

    先に解体屋外伝を読んでしまったので、爽快感は解体屋のほうが上。
    こっちはもっと……哲学的というか、世界観を味わうもののような気がする。
    描かれている世界が想像しにくそうで、とてもしやすい、というのが不思議。

  • これもディストピアものですね。
    ドラッグとバイオレンスと、宗教。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

ワールズ・エンド・ガーデン (新潮文庫)のその他の作品

いとうせいこうの作品

ワールズ・エンド・ガーデン (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする