ボタニカル・ライフ-植物生活 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.93
  • (80)
  • (64)
  • (78)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 652
レビュー : 85
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250144

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 植物がダメになる。それでも植物を育てずにはいられない。庭が無いならベランダで。そうやって逞しく植物と暮らし、枯らしても枯らしても続けていくことの可笑しくも勇気のある生き生き生活エッセイ。

  • ★が10くらい。せいこうさんのベランダーっぷりが最高!何度でも読み返したいです。

  • 都会の植物エッセイ。楽しくも真剣に植物に向かい合う姿に共感。植え替えしないとなー。

  • 植物を育てる−そんな生活に生と死の循環をみいだしたりして。
    すごく哲学的な本だと思います。
    私はなんだか泣けるのよね、この本。
    いや、基本的には気楽に読めるエッセイです。植物好きならなおさら!

  • ちいさなしあわせがもりだくさん!

    ちいさなことに期待して、裏切られて、振り回されて。それでもやつらを愛し続けるせいこう氏のけなげさに惚れました!!
    人生を楽しむコツってこういうところにあるんだと思う。そしてなにげに深い!!

  • 狭いベランダに鉢植えを置いてしまう私たちに「ベランダー」という素晴らしい名前を授けてくれたいとうせいこう。スーパーで売ってるのはアボカドの果肉ではなく種なのだという真実を暴き、水草にはめられて魚人間にされ、シクラメンの魅力を「どぜう」と語る。電車で読んでいても笑うのをこらえきれないですっかり怪しい人になってしまった。そして改めてベランダの鉢植えを愛しく思うのでした。

  • 抱腹絶倒。…間違いない。

  • 「表現なんてしゃらくせぇ」と言いつつ、くだくだ理屈をこねて文章をものさずにはいられぬ「いとうせいこう」という男。
    なんかイタい。でもそんなところがいとおしくもある。
    ま、そんなことはさておき、めちゃくちゃ笑えるエッセイだ。

  • 都会の園芸生活。
    ベランダーという言葉はここから生まれた

  • 単行本の内容に追加があったので、買ってみました。

全85件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

ボタニカル・ライフ-植物生活 (新潮文庫)のその他の作品

ボタニカル・ライフ―植物生活 単行本 ボタニカル・ライフ―植物生活 いとうせいこう

いとうせいこうの作品

ツイートする