ラッシュライフ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (2929)
  • (4165)
  • (5038)
  • (469)
  • (88)
本棚登録 : 31001
レビュー : 2948
  • Amazon.co.jp ・本 (469ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エッシャーの騙し絵というモチーフの使い方がものすごく巧妙。
    次の日は別人物が主役……、という作中の台詞がそのまま小説全体の伏線にもなっている驚き。
    みごとに仕掛けに騙され、それが非常に心地よい読後感をもたらす。
    個人的には群像劇(視点切り替えもの)はあまり好きではなかったのだが、
    伊坂 幸太郎の手法は本当に巧みだった。
    今まで読んだ中でいちばん伊坂 幸太郎らしい構成なのかもしれない。

  • 最後に話が繋がるがいつものキレがない

  • まさに伊坂ワールド、文句なしの面白さでした。
    バラバラな話が最後は一つにまとまる様は本当にすごい。

  • これぞまさに伊坂ワールド。って感じ。

  • 4つの話が同時に進む
    間を空けて読むと忘れてしまうとこあり

  • すごーく面白かった。
    まさに、エッシャーの絵のようなお話だった。4つの物語がぐるぐるぐるぐる。
    軽い感じで書いてるけど、どれもみんな哲学だよな~なんて思いながら読んだ。

  • とにかく黒澤の台詞が良い!

  • いつもの伊坂ワールド

  • 伊坂さんの得意分野って感じ。読むならイッキ読みしたい作品。

  • 様々な人生のラッシュを楽しむことができました。とても面白かったです。

  • 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。
    父に自殺された青年は神に憧れる。
    女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。
    職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。
    幕間には歩くバラバラ死体登場――。
    並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

  • 面白かった!伊坂幸太郎の長編は余り好きじゃないと思ってたけどこの作品で一気に好きになったかもしれない。黒澤シリーズを時系列順に読みたくなった。最後にかけてばらばらだったピースがどんどんはまっていくような感じがすごい気持ち良い。人が死んでいるのに重々しくもないのがすごい。結局、殺された行方不明の男は誰だったんだろう。高橋さんも何者だったんだろう。

  • 読了

  • 1人1人にドラマがあり、主人公である。そのドラマにまた違うドラマの主人公が脇役で登場する。これこそが私たちの人生のかたちなのかもしれない…
    そのドラマが時間軸を越え、交わり、ゆがむ!!まるでエッシャーの絵のように…これぞ伊坂幸太郎ワールド!!!

  • いろんな人の、いろんな非日常っぽい話が細切れで時系列もバラバラに展開されていて、でも同じ場所にいるんだけど、直接の繋がりはなくて、でも何かを媒介して(例えば好きな日本語を書いてくださいとか)影響し合っている、日常のちょっとしたカラクリみたいなのを俯瞰した状態で物語は進んでいく。
    最後は少しだけいい話。
    登場人物の泥棒さんは、陽気なギャングが~のリーダーに雰囲気がちょっと似てた

  • 登場人物が素晴らしいし、構成が本当に凄い!
    ただ、郵便局強盗後のところと青山と青山の奥様がどうなったのかもう少し詳しくあっても良かったかな(あれ、読み飛ばした?)
    作中に銀行強盗がお面を着けて人質を解放したというのがありましたが、伊坂幸太郎氏『チルドレン』と関係あるのでしょうか?
    しばらくしたら再読してみます(*^¬^*)

  • つながったな~
    …と、思っただけで、つながるべくして!とか、すごい!とか、思わなかった。
    直前にフィッシュストーリーを読んだので、フィッシュストーリーのパズルのピースがパチンパチンとはまっていった感じはした。

  • まったく関係のない人達のばっらばらの物語りが、最後に繋がるという伊坂らしい作品だけど、ちょっと無理矢理な感じ。
    物語りも現実離れしたものばかりだったので、好きな作品ではないな。

  • 2016 01

  • 別々の事柄が複雑に絡み合っていくのは伊坂ワールドの真骨頂って感じ。うまいことやるね、このおっさんは。まったく。

    フィクションなわけだからさ、実際の世界ではそんなうまいこと偶然が重なるわけないし、まぁなんだ「すげえ」っていうのもおかしいのかもしんないけどさ、やっぱり「うまい」「すごい」は感じちゃいます。

    こういうの、好きです。

  • 2010

  • 再読。複雑な組み合わせを爽快に読ませる技巧はすごい。再読のため、細かい伏線を意識的に拾い読みして、初読以上に頭がこんがらがってくる。そのうえ、他の作品も全部読んでるから、外とのリンクも意識しはじめると、さらに気をとられることが多すぎて困惑。つながっていないところも、つながるんじゃないかと深読みしすぎてしまった。新幹線に乗っているだけで、『マリアビートル』につなげようとしたりして・・・。つたない記憶力に頼ってリンクさせようとすること自体が無理があるんだけど。この作品だけを単純に楽しむのは1回目が最適かも。

  • 構成がうまかった。

    これだけ時間軸の構成で読者を唸らせることができるのに、人物や物語が少し軽いのが残念。
    内容がもう少し深ければもっと良かった。

  • 上手く繋がっている。それだけ。

  • 登場人物皆が魅力的。特に黒澤!

  • 読みすすめていて
    みえてくる、気持ちいいループ!
    なんてすごい構成!

    エッシャーのあの絵が
    こんなにもオモシロク思えたのは初めて。

    解説に映画に絡めたことが書かれていたけど
    伊坂さん、自分の作品を映像化して欲しい!

  • ハズレなし!

  • いろんな時系列で複数の登場人物のストーリーが交錯して、展開する

  • 2015年11月27日読了。「このミステリーがすごい!」2003年度の第11位の作品。泥棒や失業者、神を信じる青年に殺人を企む精神科医、画商に付き従う画家らの「ライフ」が仙台の街で交錯する。奇妙なムード・会話のやり取りで異なる視点の物語たちが進行し、その絡み合い方にちょっとした「トリック」が仕掛けられており、最後は各人物に「救い」のようなものがもたらされる、という小説で、はまり込む人は大いにはまりこむだろうと思う。個人的にはこの作者の「殺人」や「街の中を普通にうろつく犯罪者」といった要素への異様な関心の高さがちょっと苦手。

  • 絡み合ういくつかの人生をそれぞれの立場から描いている。まあまあおもしろかった。

全2948件中 181 - 210件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

ラッシュライフ (新潮文庫)のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする