重力ピエロ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (3925)
  • (5047)
  • (5524)
  • (682)
  • (138)
本棚登録 : 39870
レビュー : 3641
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兄弟、父親とちょっと母親のつながりの話。傍目にはわからない家族の影の秘密。目を背けたくても、背いてはくれない、永遠に在り続ける秘密。立ち向かために力をあわせる。父は強かった。兄弟は強かった。

  • 思いがけず再読。
    そろそろ小説を息抜きに読みたいなと思い、図書館で借りたら読んだことあるやつだった(笑)

    でも結構内容を忘れていて、全然楽しめた。

    以前読んだ時、ちゃんと読めていたんだろうか。

    主人公の泉水と弟の春。
    二人は“spring”

    異父兄弟だが、そこには複雑な過去がある。
    母が強姦魔に襲われて生まれた春。
    強姦魔のことは認められないが、そのことがなければ春は存在しない。

    遺伝子、火、性欲。

    それらを織り込ませた美しい作品。

  • この作者の本を読みたくてなんとなく買った本

    家族の話でした。家族というより兄弟の話かもしれない。

    ミステリーな要素もあって面白い内容で、すらすら読めた。

    最後はちょっと感動した。

    自分にはあまりない兄弟の絆をみせられた様な小説でした。

  • んーいい話だった。ミステリじゃなくて青春小説だね。
    リズム感が一定で読み出したら止まらない。
    ただ少し物足りなかったのは、話の結末が予想出来てしまったところ。難解なミステリー小説じゃないから仕方ないんだけど。

  • 「春が二階から落ちてきた」この、冒頭がいい。
    お父さんが、たまらなく、いい。ミステリーだけど家族愛の話。心に残るような名言がたくさん出てくるのも、いい。物語の結末は、気に入らない。でも、「春が二階から落ちてきた」で締めているので、帳消し。

  • 初めて読んだ伊坂さんの作品。
    あまり本も読んだことがなかったが、徐々に真相がそ見えてくるのが楽しくて面白いなぁと思った。キャラクターの会話の中で あ、この言葉できっと彼も気づいただろうな とキャラクターと感情を共有しているような感覚がありました。
    最後は全てが明かされる前に真相が分かっていましたが、それがまた悲しいような寂しいような感情に繋がって良かったと思います。

  • 伊坂幸太郎さんの小説は2作目。なぜだがハードルが高そうで手を出しづらかったのです。
    が、この小説を機に一気にはまりそうです。

    DNAという、人の意志ではどうにもならないように思える大きな力をめぐり、人の「愛」がどう向き合い超克するかというテーマです。
    今回はDNAが取り上げられていましたが、おそらくは世の中のあらゆる巨大な力に対峙する際の人のあり方を著者は考えているのでしょう。たぶん。

    笑顔で重力に逆らってゆくピエロのように、笑って乗り越えることに、ひとつの哲学があるのかも知れないなと思いました。その裏には壮絶な闘いがあるのかも知れないですけどね。

    ほかにも、随所に著者の考えが潜んでいて、それが僕が共感できるものばかりで、読んでいて非常に楽しかったです。繰り返し読むべき本でしょう。

    かなりしっかりとした、深く読み込む価値のある文学作品だなぁって思うんですが、いいところは何よりも軽やかなんですよね。本当に読みやすい。

    偉そうなこと書いちゃいますけど・・・
    これぞ現代の作家、なのかもしれないと思いました。

  • レイプ魔に襲われその子どもを産み、共に育った家族の話。
    たわいも無い会話から、兄弟の関係性、父の人柄が上手く描かれてたな〜
    最後、父が兄弟を軽く問いただした時の「お前は俺に似て嘘をつくのが下手だ」って血が繋がっていない春に言ったところ感動したーーー
    あとはところどころ出てくるガンジーや偉人のセリフに感銘を受けたわ

  • 「春が二階から落ちてきた」の文章で始まり終わる伊坂幸太郎さんが家族と兄弟を描いた長編第4作。泉水と春の共にスプリングと英訳が可能な名前の兄弟の物語は題名の重力も影響したのか、謎の連続放火事件に続く殺人事件の真相は中々に重たかったですね。でも伊坂さんは絶対に深刻なムードにはせず軽やかな希望の余韻を残してくれますし、前作の勢いそのままに泥棒探偵の黒澤を登場させてご陽気に気分上々で盛り上げてくれますね。黒澤は正義に頑なに拘りませんし、泉水は勿論として今は空の上から見守る父も母も善行と捉え許している事でしょうね。

    本書は伊坂さんが遺伝子の知識やネアンデルタール人とクロマニヨン人やグラフィティアートの落書きの添えられたメッセージ等の横文字の言葉遊びに特にこだわって書かれた最もミステリ色の濃い謎解きパズル作品だと思いますね。でも厳密な意味でフーダニットの謎を追求して書かれたとも思えませんし、私はやはり兄弟の過去の回想シーンを読むのが楽しく、母が競馬で万馬券を当てたのと絵の審査員の嫌な女の尻を叩いた場面が特にお気に入りですね。それから伊坂作品では常に警察は無能で精彩を欠いていますが読者を不快にさせない思い遣りでしょうね。

    東野圭吾さんは初期の頃に縁起を担いで作品にピエロの名前を多く使われていましたね。伊坂さんには東野さん程の拘りはなさそうですが、でも人気作家は考える事も多少は似通るのでしょうね。ちなみにさだまさしさんには名曲「道化師のソネット」がありますね。さて単行本の帯に書かれた文句「小説、まだまだいけるじゃん!」について好き嫌いの意見が分かれているみたいですが、私は固い事抜きで完全に容認したいと思っていまして、解説のない単行本で読者にアピールする手段として中々に斬新で読みたい気にさせる巧い手だったなと評価したいですね。

  • 比較的静かに物語が進行していくタイプの小説。
    以前読んだ伊坂幸太郎の作品がゴールデンスランバーだったのもあってかそのような印象を受けた。

    母親がレイプされた結果産まれた弟である春とその兄の「私」。
    この二人を子供に持つ夫婦も少し特異だったがある意味で正しい家族の姿を映し出していた気がする。

    この物語の軸は放火、遺伝子、家族となっているが、遺伝子の絡め方が好きだった。

    文庫本で450ページ超えとそれなりに分量はあるがその割にはすんなり読めた印象。

    おすすめ。

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

重力ピエロ (新潮文庫)のその他の作品

重力ピエロ 単行本 重力ピエロ 伊坂幸太郎
重力ピエロ (新潮文庫) Kindle版 重力ピエロ (新潮文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする