重力ピエロ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (4071)
  • (5256)
  • (5725)
  • (727)
  • (152)
本棚登録 : 44523
レビュー : 3785
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250236

作品紹介・あらすじ

伊坂幸太郎著の重力ピエロ、映画化もされ話題となりました。
兄弟に焦点あてたストーリーですが、弟は同じ母親から生まれたもののなんと、父親はレイプ犯。衝撃的な設定のストーリー。しかし重苦しさを感じさせずしかし兄弟や家族の絆もみられ、兄弟が事件について考えるなどミステリー要素もあります。どんどん引き込まれあっという間に読んでしまいますが結末も衝撃的です。最後まで驚かされます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まことさんセレクション。
    正義は遺伝子を超えることができるか。

    伊坂的勧善懲悪の心地よさ。
    これははまってしまうとなかなか抜け出せない。
    「重量ピエロ」についてもやられた!王道的な感じ。
    気持ちよくしてくれるだろうという期待にしっかり応えてくれる。

    ーふわりと飛ぶピエロに重力なんて関係ない
    そんなふうに軽々と飛び越えたい課題を皆それぞれ抱えているもの。
    勇気づけられる小説。

    「サブマリン」と同じく、ローランド・カークが登場。

    • まことさん
      たけさん。こんにちは。

      また、読んでくださりありがとうございました。
      この作品は、作品自体ももちろんよかったけれど、私は帯のキャッチ...
      たけさん。こんにちは。

      また、読んでくださりありがとうございました。
      この作品は、作品自体ももちろんよかったけれど、私は帯のキャッチコピー「小説、まだまだいけるじゃん」がなんとも印象的な作品でした。今、家の本棚をみたらページの全部茶色く変色したこの本が眠っていました。
      『オーデュポンの祈り』といい、なんか古い作品ばかりお薦めしてしまってすいません。
      2020/10/03
    • たけさん
      まことさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      「小説、まだまだいけるじゃん」の帯コピーは知りませんでした。2003年の発行当時...
      まことさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      「小説、まだまだいけるじゃん」の帯コピーは知りませんでした。2003年の発行当時は、小説がそんだけ危機に瀕していた、ということなのでしょう。

      伊坂さんの小説は、読後、「人生捨てたものじゃない」と思えるから好きです。十数年すると、本の紙の色は変色してしまうかもしれないけど、中身はじゅうぶん新しく輝きを放っています。
      2020/10/03
  • 『本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。重いものを背負いながら、タップを踏むように…』
    こういう考え方は好き!カッコ良いし、何があっても飄々と生きていきたい。
    内容は、家族愛というほがらかな内容ではないけど、強い絆で結びついているのは感じさせる。
    遺伝子レベルの繋がりではなく。
    この結末で、幸せになれるのかは、神のみぞ知る。
    ちなみに、
    この家族、何か品があるというか、うちとは全然違う…(当たり前か^^;)
    会話に「ガンジー」とか「クロマニョン人」とか、今まで一度も出た事ない…
    「さとみロス」とかの芸能ネタか、「焼肉」「焼き鳥」などの低次元なヤツばっかり…関西なんで、オチはあるけど。
    こんな会話が出来るとこは羨ましい!

  • 兄弟の会話。親子の会話。この家族の間で繰り広げられる言葉の数々がとても印象的でした。お互いを尊重し信じ合い、なにが起きても動じないような揺るぎない根っこを持っている家族です。

    「おまえはお父さんに似て・・・」とか「家を継ぐのは長男の役目」とか「あの子がグレたのは継母だから」とか「男の子を産め」とか。例えば、お家の存続のためにもDNAや血の繋がりといったものを大事にしたがる風習がわたしの周りでは当たり前のように蔓延ってます。
    これがとても息苦しい。雁字搦めにされてしまいます。
    でも、はたっと気づきます。家族にとって血とか遺伝子とかってそんなに大切なこと?家族として愛しあうことにそれが必要条件なわけ?
    んっなことないだろう!もっと大切なことがあるじゃないか!!
    凝り固まった固定観念にガツンと衝撃を与えてくれる物語でした。
    読んでよかったなと素直に思えました。

    心に残った場面のひとつに、兄の泉水が辛い出来事によって誕生した弟の春のことについて、自分の内なる声と問答する場面があります。
    春が生まれたことは正解か。では母親に起きた事件も正解なのか。おまえの将来の妻に同じことが起こったら、子どもを産ませるのか。おまえの父親は誤っているのか・・・
    おまえの言ってることは矛盾じゃないかと問われれば、「知るか!」「矛盾だ。悪いか」とためらうことなく激昂しただろうと泉水は思います。

    人生の岐路に立ったとき、どうすればいいのかなんて自分で考えるしかない。どちらを選んだとしても、その先には正解なんてない道が続いているのでしょう。他人に理不尽だと思われようとも、憐れみや同情などのいらぬお世話にあおうとも、無責任な言動に振り回される必要なんかさらさらこれっぽっちもないんですよね。
    矛盾でなにが悪い、それが自分の選んだ道だ、文句あるか!って堂々としてたらいいんだなって、目の前がさぁーっと開けました。

  • 2019( R1)11.30〜12.11
    異父兄弟の二人が、連続放火事件の謎を追うことを通して、弟の出生の秘密と家族の大切さが明らかになっていく物語。

    初“伊坂幸太郎”作品だった。
    「この人、頭いいんだなあ。」というのが第一印象。兄弟の会話からそんなことを感じた。

    物語の展開はミステリー風で読みやすい。
    更に、場面ごとに小見出しがついており、「ちょくちょく読み」する私には、区切りがはっきりしていてありがたかった。

    物語自体には、もしかしたら賛否両論あるかもしれない。
    私は“賛”であるが、“否”の部分も持ち合わせている。

    だから、もう少し伊坂作品に触れてみようと思う。

  • グラフィティアート、放火、凌辱、遺伝子。癌、探偵、兄弟、ガンジー。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    遺伝子の会社に勤める兄の泉水、らくがきを消す仕事をしている弟の春、癌で入院している父。
    しかし春の出生には、つらい出来事が絡んでいた。

    謎のグラフィティアート出現と連続放火の関連を示唆してきた弟に巻き込まれる形で、兄と父は事件の真相を考えはじめる。

    しかし、その事件と遺伝子の知識までがリンクしはじめ、絡み合い、ひとつの地点に着地する。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「フーガはユーガ」「アイネクライネナハトムジーク」「死神の精度」と読んできて、4作目に手にした伊坂幸太郎さんの作品がこちらの「重力ピエロ」でした。

    正直なところ、もう少しコンパクトに話が進められたのではないか?という感が拭えませんでした。
    それは、辻村深月さんの初期作品を読んだときも感じた印象であり、登場人物たちの抱えるしんどさはを余すところなく深く書かれているが故、作品としての歩みが遅くなってしまった感じでした。

    「重力ピエロ」の発行年を見てみると、こちらも伊坂幸太郎さんの初期作品にあたるようで、ここから伸びていくと考えると、この小説の話運びは、まったく不思議ではありません。
    それでも☆2つにしたのは、主人公の目的が途中で8割方、予測ができてしまったことと、途中出てくる黒崎、葛城の正体もわかってしまったためです。
    弟と父の思惑こそ2割程度しか読めなかったものの、主人公・黒崎・葛城についての予測が当たってしまったため、真相に対する驚きが半減してしまいました。

    文庫の裏表紙のあらすじには「謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とはー。」(引用)と書かれていますが、最後の事実を知って思うのは「圧倒的」な真実というよりは「クラシックが鳴るホールの中で、静かに近づいてきた大きな闇」といった感じでした。
    その闇を、表から見るのか裏から見るのか、はたまたどこか違うところから見るかで、このお話の印象はひどく違ってきます。
    どんな印象を抱くにせよ、世の中には白と黒のふたつで割りきれないものでほぼできていることだけは、誰しもがしみじみと感じるだろう、お話でした。

  • 「『本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ』
    まさに今がそうだ。ピエロは、重力を忘れさせるために、メイクをし、玉に乗り、空中ブランコで優雅に空を飛び、時には不格好に転ぶ。何かを忘れさせるために、だ。
    私が常識や法律を持ち出すまでもなく、重力は放っておいても働いてくる。それならば、唯一の兄弟である私は、その重力に逆らってみせるべきではないか。」p. 449
    __

    遺伝子情報を扱う企業に勤める兄・泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと信じている弟・春。そして、優しい父と美しい母。家族には、辛い過去があった。
    兄弟が大人になった時、事件は始まる。連続放火事件と、火事を予見するような謎の落書きの出現。落書きと遺伝子のルールの奇妙なリンク……
    __

    ミステリにおける退屈な手続き、という名の章が立てられていたりして、結末に期待しすぎたかも。
    これはミステリというより、家族小説? あたたかくていい話でした。

    序盤に居酒屋に現れて強烈な印象を残していった女性は、また出てくるのかと期待していましたが残念。
    ほかの伊坂作品の登場人物も出てきてるみたいで、んーこの喋り方不自然だしそうなんだろうなと思いながら読みましたがちょっとつまんなかったかな。知ってるとうれしいのかもしれません。
    __

    「重いものを背負いながら、タップを踏むように」、さりげなくすごいことをやってしまう夏子さんとお父さんが、好きです。

  • 伊坂ワールド全開で良かった。
    真実が明かされていくと、重い内容だが、互いに家族を思いやる気持ちが溢れていて好きな1冊。

  • お父さんもお母さんも泉水も春が大好きで、間違いなく春のことを家族と思っていて…春の生い立ちは信じられないくらい悲しいものですが、血の繋がりとは関係のない家族の絆に泣けてきます。お父さんの言葉が素敵過ぎる…

    読み終わった後は清々しくて、優しく温かい気持ちになるお話です。スプリング兄弟がかわいいです。春が家族との思い出一つ一つを大事にしていて、自分の中に刻み込んでいて、願掛けにもしているのだと思うとほほえましくていじらしいです。

    遺伝子で繋がっていく仕掛けもおもしろいし、遺伝子が仕掛けであることにとても意味がある繋がりでした。
    伊坂さんの小説は引用の使われ方がおもしろくて説得力があるというか、すごい言い当ててる感があって楽しいです。

    名言満載!伊坂作品の中で一番好きな作品です。

  • んー 伊坂幸太郎さんの作品は結構昔読ませていただきいたが、自分が歳をとったせいなのか?文章が
    頭に入ってこない。仕事の隙間時間を見つけて読破したけれど、僕としては「んー」ですかね。生意気な感想ですみません。

  • ただただ面白い!
    ある家族を中心としたストーリーで、その家族がとても魅力的でした。

    文章が読みやすく簡潔していて清々しい。

    この人が犯人だったらイヤだなぁと思いながら最後まで読み進めていました。

    題材は重く悲しいものではありますが、それを補って余るくらいユーモアもあり登場人物が優しく
    最後は泣きながら読んでました。

    自分もこんな家族の一員になりたい。

    伊坂作品をたくさん読みたくなる一冊。

全3785件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
万城目 学
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

重力ピエロ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×