砂漠 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2072)
  • (2348)
  • (1385)
  • (271)
  • (46)
本棚登録 : 18916
レビュー : 1757
  • Amazon.co.jp ・本 (546ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊坂幸太郎らしい大学生活を描いた青春小説。主人公目線ではあるが一歩下がった位置から冷めた視線で描かれている。
    青春小説のためオチらしいオチは無いが色々な伏線は全て回収されている。
    自分の大学生活はそんなにトラブルがなかったが懐かしさを感じて読む事が出来る。

  • 伏線回収が少なくて伊坂幸太郎ぽくないと思った。読みやすくてジョークが効いていて面白いんだけど、期待値が高くて、騙されるという展開がなかったので星が3つ。
    自分は大学生で主人公達と同い年。砂漠という厳しい環境の社会を経験していないからこそ、現実的な問題を知らないからこそ、大きな理想を言える。けれどそれは後ろめたく感じる必要はなく、寧ろその熱意を大切にして行かないと砂漠を乗り越えれない
    学生時代に有意義に過ごしていないことを焦る学生がいる。けれど無駄な時間(飲み歩きまくったり、ただただ無駄話を永遠としたり等)を友人と過ごしているうちに核となる物が自然とわかって来るよっていう解説のメッセージがとても心に残った
    南の可愛さと西嶋の暑くれまっすぐな性格がとても良かった笑

  • それぞれのキャラクターが強くて青い大学生たちが、大学生活を通して、他の人には経験できないような青春を送った記録を四季を通して描いた作品。登場人物ひとりひとりに魅力があって、彼らの浮き沈みとともに読んでるこっちまで浮き沈みしてしまうほど、感情移入しやすかった。これは大学を卒業してしばらくしてからもう一度読みたい!

  • 入学した大学で出会った5人の男女。
    ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決……。
    共に経験した出来事や事件が、互いの絆を深め、それぞれを成長させてゆく。
    自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、それでも何かを求めて手探りで先へ進もうとする青春時代。
    二度とない季節の光と闇をパンクロックのビートにのせて描く、爽快感溢れる長編小説。

  • やっと読み終わった。最初は全然面白くなくて読むのやめようかと思ったけど我慢して読み進めて良かった!段々みんなのキャラに慣れてきて、この先どうなるのかとワクワクしている自分がいた。鳥井に乾杯!

  • サン・テグジュペリ「人間の土地」リスペクト。社会を砂漠に例える人たちが、まだ見ぬ砂漠を漠然と思い描きながら、オアシスで過ごす時間の物語。

    私自身は、大学3,4年生の時間が砂漠に例えられるような大学・学部で過ごしたからか、社会が砂漠に例えられるのはいまいちピンとこない。けれど、私にもオアシスで過ごした懐かしい時代はきっとあって、その残り香のようなものを身にまといながら今も生きているんだろう。

    砂漠も悪くない、と言える毎日を積み重ねていきたい、と思いを新たにする作品。

  • 伊坂幸太郎の作品の中で、1番好きなもの。
    高校生の時に一度読み、受験を終え入る大学が決まった段階の時にもう一度読んだ。
    1回目よりも2回目のときのほうが読後の爽快感や興奮の度合いが大きかったように思える。
    伊坂節ともいえる軽快でユーモラスな会話の流れや話の展開が、とても活きている作品。
    西嶋のような少し変わっていて面白みのある人間に出会いたいし、東堂のような美人と友だちになりたい。ただ事故で腕は失いたくない。

  • 五回目くらい。学生時代に戻りたい。

  • 再読。
    ほぼ内容を忘れていたので、初読のように楽しめた。
    主人公は北村だが、西嶋の物語。
    西嶋は全くカッコよくないのに、かっこいい。
    小説全体としては、大学生活の雰囲気がよく出てる。
    なんてことは、まるでない。

  • 伊坂幸太郎流の青春小説。
    40を手前にしても、この作品好きだ。
    青春を思い出すから?そういうことでもあるけど、そうでもない。

    麻雀すると、平和のためにピンフをあがろうとする。
    砂漠に雪を降らすことだって余裕で出来ると豪語する。
    そんな見た目もイマイチで変なことばかり言っている西嶋こそが本当の主人公。

    西嶋は<陣内>のお世話になっている過去がある。
    そう、彼は弟子なわけだ。

    そういうわけで、「チルドレン」「サブマリン」が好きな人にお勧めしておこう。
    伊坂幸太郎が好きな人はもちろんだけど、
    中でも軽い感じのほうが好きな人に受けると思う。

    軽いけど、深い。

    パンク・ネタ多数。
    クラッシュ、ラモーンズ、そしてTHE ROOSTERS。
    セドリックは新型じゃないと駄目なんですよ。

全1757件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

砂漠 (新潮文庫)のその他の作品

砂漠 単行本 砂漠 伊坂幸太郎
砂漠 (実業之日本社文庫) 文庫 砂漠 (実業之日本社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする