砂漠 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2072)
  • (2348)
  • (1385)
  • (271)
  • (46)
本棚登録 : 18911
レビュー : 1757
  • Amazon.co.jp ・本 (546ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ。」西嶋のキャラクターが最高。名言の宝庫。最後の寂しくも心地よい仕掛けも秀逸。文句なしの満点!

  • 青春小説。
    こんな青春いいなぁって思って、ついでに仙台行きたくなったw この間初めて行ったけど、いい感じの街じゃね。

    ところで前使っていた磁石性のおしゃれな栞がこの小説にはさっていて、見つかったのがうれしいw

  • 学生で知り合った5人の青春物語。
    飛び抜けて大きな事件があるわけではないけど、自分の学生時代を懐かしんだ。
     
    最後の仕掛けは、またこの本を読み返したくなる。
    どんどん深まる絆を感じた。

  • 大学生のうちに読んでおいてよかった。
    西嶋がもうほんと気持ちいい奴。

  • 伊坂さんの中で一番好きな作品。

    伊坂さんの産み出す人物にはいつも引き込まれるけど、こんなにも肩入れできたのは滅多にないと思う。
    絶対ないけど、続編か何かでまたこの主人公たちに会いたいなって強く思えた。

    ただ解説とか他人のレビューを見てると、ほとんどの人が「西嶋は脇役でも一番光ってた」「西嶋が物語を引き立ててた」「実は私は西嶋が一番好き」って書いてることにちょっと違和感を覚えた。というか、ちゃんと本読んでへんやろって思った。

    そもそも、この本の主役は五人全員でしょ。西嶋は決して脇役ではない。

    これってドラえもんを見て「ドラえもんが一番光ってた」「ドラえもんが物語を引き立ててた」「実は私はドラえもんが一番好き」ってわざわざ解説とかレビューに書いてるのと一緒やで。

    というわけで、僕がこの本の脇役で一番好きだったのは、莞爾です。

    なんかやたらと登場回数多いなって思ってたら、最後に「実は僕も君たちの仲間になりたかった」
    これって物凄くリアルなことやと思う。自分が属していないグループが楽しそうに見えると、羨ましいと思いながら指を咥えて見てるしかない。
    自分はあくまで傍観者でしかないから、憧憬の眼差しで主人公たちを見てしまう。自分も彼らと一緒に行動してみたいという気分にさせられる。

    とにかく、莞爾のこの一言で、夢みたいなこの物語が急に現実味を帯びてくる印象を受ける。

    だから、主人公たちにまた会いたいって思ってしまうほど惹きつけられてしまったんやろな。

    そんなことを、小説の中の一架空人物である莞爾くんがしてくれるとか、ほんま莞爾が一番光ってるわ。莞爾好きやわ。

    なんてことは、まるでない。

  • 大学に入学した東堂・西嶋・南・北村と、東西南北に関係ない名前の鳥井が、春夏秋冬を通しどんな生活をしていたかを書いた物語。

    四季→1年という先入観で次は2年になるかと思ったが、最終章の冬で卒業してしまった。

    取り留めない話だが世界平和を願いマージャンで平和(ピンフ)を狙い続けるなど、キャラの濃い西嶋がいい。

    これといって大事件があるわけではないが面白かった。

    なぜ、面白いと思うのか考えたけど今のところ不明。

    著者の作の中では「ラッシュライフ」の次によかったと思う。

    • マサトさん
      こんにちは。フォローありがとうございます(^^)v
      「砂漠」は僕も大好きな小説です。西嶋のある意味ブレない生き方、うらやましいと思いながら...
      こんにちは。フォローありがとうございます(^^)v
      「砂漠」は僕も大好きな小説です。西嶋のある意味ブレない生き方、うらやましいと思いながら読みました。

      また、なにかオススメ有りましたら、教えて下さいね。
      2013/10/22
  • 伊坂幸太郎はこれが初めて。
    何かとインパクトのある登場人物である西嶋くんをはじめ、キャラがたってるけれど、ボクにとっては、むしろ「僕」のキャラのほうが気になる。
    作者は千葉出身の東北大卒みたいだけれど、「僕」になんともいえない東北っぽさを感じる(非常に好意的に)のは、あくまでも「僕」のキャラとしての文体なのか、あるいは作者の持っているものそのものなのか、が気になってしまった。

  • 西嶋サイコー! もっと早く読むべきだった…。
    西嶋含め他のメンツも国士無双といったかんじ。
    「平和ってなんですか?」(笑)

  • ここ数年のマイベスト3(著者問わない)に入る1冊です。
    社会のことを知らず大きなことを言ってみたり、何もわかっていない時間やその時代の友情なるものを慈しみながら描く傍ら、そういう若さをちょっと上のところから見ている。君たち、今がオアシスなんだよ。
    この本を読んだとき、ちょうど社会人3年目で、あぁ、大学時代はよかった、お金はなかったけど幸せだった、あの頃に戻りたいと思ってこの本を夢中で読み、最後の学長の言葉がグサリと刺さりました。
    いまは社会人6年目。大学時代はきれいな思い出。でも今が、キャリア、家族、恋人、結婚、お金、全部が生々しい問題、リアル。でも生きている感じ。これでいいんだ。

    多くの「砂漠」ファンがそうなように私も西島のトリコですwちょっと上記のレビューで自己陶酔的なことを書いてしまったけど、ああやってかっこ悪くかっこよくなりたいな。砂漠に出ると何かをしない理由ばかり考えてしまうけど、何もしないなんて単なる馬鹿ですよ、ってバカみたいな言えた自分はどこに行ったか?西島が卒業後どうなったのか見てみたい、けど現実社会と折り合いをつけてしまった西島の姿は、フツーの大人になってしまった身としては見たくないwできればチルドレンの陣内みたいになっててほしい。できすぎだけど。

  • 2010私的夏の文庫フェア第5弾。

    この小説の真の主人公・西嶋はどう考えてもサンボマスターの山口隆(Vo.)。
    「砂漠に雪を降らせることだって、余裕でできるんですよ」

    西嶋のキャラが魅力と言えば魅力。
    初めは面食らった主人公の北村もその仲間たちも、西嶋というアクの強い友人にどこか惹かれ、どこか尊敬していく。

    まぁ個人的には
    「ミュージシャンの誰それがこう言っていたじゃないですか!何でわからないんですか!」
    みたいな人間は苦手なのだけれど…
    ただ読んでいて「あぁ自分はきっと初期北村と同じ鳥瞰型の人間なんだな」と思い、西嶋や、タイプは違うけど鳥井のようなやつが羨ましくなったのも事実。

    社会という「砂漠」に出る前の(出るための)、期間限定の「オアシス」。
    そういう大学生活を送れていたかな、いや送れてなかったな、小説ラストの卒業式で学長が言った言葉が沁みるな、と少し凹んでしまうのも事実。

    悔いある大学生活を送った人間には手痛い「青春小説」。
    とりあえず麻雀シーンが多い&長い。知識がないから読んでて退屈。ホントに必要なくだりなのか、あれ。

全1757件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

砂漠 (新潮文庫)のその他の作品

砂漠 単行本 砂漠 伊坂幸太郎
砂漠 (実業之日本社文庫) 文庫 砂漠 (実業之日本社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする