ジャイロスコープ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.27
  • (69)
  • (428)
  • (754)
  • (145)
  • (20)
本棚登録 : 4413
レビュー : 534
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皆さんと同じ、新幹線の清掃員の話が印象的

  • 短編集
    ・浜田青年ホントスカ
     相談屋 稲垣さんの下で働くことになった浜田青年の話し
    ・ギア
     セミンゴ 一匹見たら十匹いる。
    ・二月下旬から三月上旬
     坂本ジョン
    ・if
     もし、あの時 ああしていれば。。。
     バスジャックの話
    ・一人では無理がある
     配達は一人では大変
    ・彗星さんたち
     新幹線の車輌清掃をする仕事の話

    ・後ろの声がうるさい 書き下ろし
    6篇は過去に文庫や文芸誌で発表されたもの
    最後の1篇は書き下ろし。
    この1篇が絶妙に前の物語を受けてる。

  • 「浜田青年ホントスカ」みたいにトボけたキャラクターなんだけど殺し屋みたいなのが伊坂のイメージ。

  • 伊坂幸太郎の短編集。

    「浜田青年ホントスカ」…結局稲垣さんって、殺されずに浜田青年と旅しているんだよね?
    「ギア」…不条理。よく分からない。なんなんだこれ?
    「二月下旬から三月上旬」…タイムトリックを使って読者をうまくだます話。まんまと騙されたー!でも面白かった!
    「if」…これもタイムトリック。うまくだまされた。でも後味よい。
    「一人では無理がある」…この小説が一番よかった。こんなことがあったらいいなを小説にしてくれた感じ。夢があって好きだ。救いがあって好きだ。
    「彗星さんたち」…前に読んだ。
    「後ろの声がうるさい」…上記6編をまとめたような話。「浜田青年ホントスカ」の稲垣さんと「二月下旬から三月上旬」の坂本ジョン、「彗星さんたち」の鶴田さんがチョイ役で出てくる。直接ではないけど、間接的に「if」のバスジャック犯と「ギア」のセミンゴと「一人では無理がある」のサンタクロースも出てくる。

    最後に、「十五年を振り返って 伊坂幸太郎インタビュー」が載っていて、実はこれが一番この本で面白かった。
    <blockquote>長編は自分が一番やりたいこと、というか、部屋にこもって絵描きさんが大好きな絵を描くような感じだと思うんですよね。読者のことも考えますけど、基本的には自分のために書くだけで。短編はそれに比べると、依頼されたから頑張って書く(笑)、という感じで。(中略)だからなのか、長編よりも短編集のほうが読者には人気があるような気もして。</blockquote>300ページから。

    そうか、伊坂幸太郎の長編は書きたいものだったのか。

    私はどちらかというと、伊坂幸太郎作品の中では長編の方が好きだ。『モダンタイムス』が一番好き。『ゴールデンスランバー』とか。短編もいいけど、伊坂幸太郎のこれまでの短編集って、単なる連作集であって、純然たる短編集ではないよね・・・?

    作者が書きたいと思って書くものの方が読み応えがあると思う。読者におもねられても、萎えるだけ。そのときはさらっと軽く読めるだろうけど、きっと心には残らない気がする。


    20190724再読
    ifおもしろい。読むの2度目のはずなのに、すっかり忘れていて、初めて読むように楽しめた。
    最近物忘れがひどくて、認知症かな?てちょっと落ち込んでいたけど、こういうサプライズがあるなら、忘れっぽいのも捨てたもんじゃないな。

  • セミンゴ。

  • 久しぶりの伊坂本。短編集だけど、少しずつ登場人物がかぶって出てくる感じとかやっぱり面白い。サンタクロースのトレーニング、新幹線清掃員の話から続いて、最後の1話のラストシーンに鳥肌。心がじわりと温かくなった。
    いい本に巡り会えると本当にしあわせを感じる。伊坂幸太郎-ジャイロスコープ

  • 彫像 / 三谷 龍二
    撮影 / 広瀬 達郎(新潮社写真部)
    初出 / 「エソラvol.3」2006年4月、『エール!3』(実業之日本社文庫)2013年10月、「新潮」2014年6月号、『晴れた日は謎を追って がまくら市事件』(東京創元推理文庫)2014年12月、「小説トリッパー」2015年夏号、書下ろし1本。改稿あり。

  • 久しぶりの読書にぴったりな短編集。流れも終わり方もとても好き。
    どれかについて語りたいけれどどれも好きすぎて、その1つが選べない。困った。

  • 最初の方はナンダコリャって感じで訳わからなかった。
    途中からいい話でホノボノできた。
    でもムリクリ感が残るー!

  • 小説

全534件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

ジャイロスコープ (新潮文庫)のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする