4TEEN (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (486)
  • (1048)
  • (2018)
  • (236)
  • (42)
本棚登録 : 8465
レビュー : 879
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • びっくりプレゼント
    月の草
    飛ぶ少年
    十四歳の情事
    大華火の夜に
    ぼくたちがセックスについて話すこと
    空色の自転車
    十五歳への旅

    早老病のナオト、大食いのダイ、秀才のジュン、そして僕、テツロー。四人が駆け抜ける14歳のストーリー。どのストーリーも爽やかで気持ち良いし、読みやすい。

    リアリティがないというレビューをたくさん見ましたが、リアリティを求める話じゃないと思う。だから今の14歳じゃなくて、大人が読めばいい。あー、いいな、こんな青春!って思いながら読めばいい。出来すぎた四人組、出来すぎた不良、出来すぎた物語。いいじゃないか。それでも。

  • 池袋も良かったけど、これはすごい、傑作といって良い

    こんなに読んで気持ちのいい作品はめったにないと思う
    ベタな青春モノ、ハズカシイのでどこがいいかを細かくは書かないけど、とにかくイイ!

  • 期待していたほど面白かった訳ではないけど、最後には懐かしい気持ちになって心地良かった。ダイの話が結構感動した。こーゆー友情の一時って、本当に輝いているなと思いました。くだらないバカみたい何も知らない、そんな時期。でもそれが一番大切な時間だったりするんだな。

  • 地元の話なので、情景がわかりやすくておもしろかった、けれど、この作者の文体があまり得意ではないようだ。

  • 厨二病を地で行く小説でした。切ない話もあり、結構面白かったと思います。

  • らしい石田衣良を読むのは初めてだったけど、こんな風なのに憧れてたのかなぁ。

  • 中学生4人の青春物語。
    男の子っていいなぁと思う。
    歳を取ったら、感じ方も変わると思うので
    何年後かにもう一度読んでみたいなぁと思う。

  • 話は面白かった.
    大人が振り返った14歳のお話という印象です.
    実際の14歳はそんなに達観してないし,思い出すとむずがゆくなるようなことをしてるものだと思います.

  • 十四歳の仲良しグループ四人が出会った様々な人たちに起こった出来事を解決していく姿を見て、処世術を身につけていっているなと感じてしまった。
    その中には、大人も関わっており、子供が大人の世界を垣間見るというのもあり、大人の世界って自分が知らないことが多いなどと感じたと思う。
    早老症のことも出ており、普通の十四歳よりずっと年を取るスピードが早いナオトが、大人になる前に大人しかできないことができなくなってしまうと思った他の三人が大人の世界への旅を計画し、体験できるようにという友人思いの一面もあり、バカなこともできるもの同士深い絆があるのだと感じた。

  • 14歳の頃こんなに賢く勇気なかったなぁ

全879件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

4TEEN (新潮文庫)のその他の作品

4TEEN(新潮文庫) Kindle版 4TEEN(新潮文庫) 石田衣良
4TEEN 単行本 4TEEN 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする