眠れぬ真珠 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (176)
  • (322)
  • (393)
  • (74)
  • (20)
本棚登録 : 2694
レビュー : 290
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101250526

作品紹介・あらすじ

出会いは運命だった。17も年下の彼に、こんなにも惹かれてゆく-。孤高の魂を持つ、版画家の咲世子。人生の後半に訪れた素樹との恋は、大人の彼女を、無防備で傷つきやすい少女に変えた。愛しあう歓びと別離の予感が、咲世子の中で激しくせめぎあう。けれども若く美しいライバル、ノアの出現に咲世子は…。一瞬を永遠に変える恋の奇蹟。熱情と抒情に彩られた、最高の恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 更年期の大人の独身女性と若い彼や不倫など大人な恋愛の話でした。魅力ある女性の話は好きですが、いいなと思える恋愛でもなかったのでなかなか読み進まず…好みではなかったです。

  • 人間の強さと弱さがそれぞれの年代や人物に描かれていて、繊細な文章でした。
    ただ、いくら咲世子が大人でも、ストーカーやノアへの態度が寛大すぎだと感じるのは、私が幼いからだろうか。
    更年期、未婚、別れ、と重たい内容にも関わらず、向き合う姿が誠実で、自分もこんな芯のある女性になりたいと思った。
    40代になった時、読み返してみたい。

  • 新年ですのでね、殺しのなさそうなやつ第2弾ですw

    はい、はい。殺しはなかったけど〜、これは現実的にもかなり、ないんじゃね?w
    17歳年下の男性に恋心を抱くことはありましょう…しかーし!それがハッピーエンドで終わることは、類い稀なわけで……。

    え?やっかみじゃないですよ?
    いや、やっかんでなんかいないんだってば!!!w

  • 石田衣良さんて男なのになぜ女性の心情を描けるの?笑

    ホテルシーンで登場するオムレツが食べたいんですけどどなたか作ってくれませんか…

    ついでにビートルにも乗りたいし年下の男に恋したくなるんですけど…

    黒のともぞうとか呼ばれたい

  • 石田衣良による更年期女性の話。

    美術評論家と、若き才能ある映画監督との間で苦悩する話は、リアリティがあって面白かった。

  • 終わりの予感を共有しながら読み進めるのは、たまらない気持ちである。上り坂の若い男とくだり坂の自分がクロスした「点の瞬間」なのだと自覚しながら引きずられてしまう。哀しい予感をまとわりつけたままの、単純な終わり方をしない、大人のための恋愛小説。

  • 年齢差のあるカップルって、だいたい男性が年上。これは逆の本。どうしても肌で感じる年の差を気にしてしまうからなんだろうけど、とても男性が書いたものとは思えないほど女性の描写がうまい。ちょっと怖いくらい。

    ドラマは咲世子を藤原紀香が演じていて、もっと生々しいというかいやらしい感じがしたけど笑、もっと大人な気持ちのよい女性だった。

    自分が咲世子のように17歳も年下の男性と恋をしたいとは思わないけど、悩んでる人にお勧めしたい本。

  • ★2006年度島清恋愛文学賞

    配置場所:2F文庫書架
    請求記号:913.6||I 72
    資料ID:C0029140

  • 咲世子の魅力は誰もが認めるもの。同性からも憧れる誰もがその年齢になった時になりたい存在なんだと思います。実際に咲世子の作品を見てみたい衝動にかられます!幸せな二人のその後を応援して読み終わった感じです。

  • 女45歳、男28歳。17の年の差。ハッピーエンドは絶対にやってこないだろうと思っていたけど、意外な展開に幸せな気分になれた。

全290件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

眠れぬ真珠 (新潮文庫)のその他の作品

眠れぬ真珠 単行本 眠れぬ真珠 石田衣良
眠れぬ真珠(新潮文庫) Kindle版 眠れぬ真珠(新潮文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

眠れぬ真珠 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする