谷内六郎展覧会 (冬・新年) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101252025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷内六郎は子供のこころで風景を絵にできる画家であると言われる。その郷愁が週刊新潮の表紙を飾り続け、大衆から圧倒的な支持を受けた。
    しかしそうだろうか。私には谷内六郎という人の人並み外れた大人の感性が、あの絵を描かせたように思えてならない。

    都会化に追われるまちと自分、その反発とさみしさがあのような絵になったものだろう。

  • どの巻も好きで、大事にとってある。絵も素朴なようでいて、相当緻密(そうに見える)。絵も文章もすばらしい。
    なぜこれが家にあるのかが不明。母が買ってきたのか??

全3件中 1 - 3件を表示

谷内六郎展覧会 (冬・新年) (新潮文庫)のその他の作品

谷内六郎の作品

ツイートする