からくりからくさ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.72
  • (583)
  • (622)
  • (1033)
  • (79)
  • (17)
本棚登録 : 4944
レビュー : 522
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者さんが草木染めをするようになるノンフィクションの本を前に読んで、またこの本でも草木染めのことがあるので興味がわきました。
    まだ読み始めたばかりです。
    また読了してから追記します。

    追記:「りかさん」は未読です。

    最初ほんわか優しい雰囲気が、途中から暗雲たちこめる感じになり、最後は壮絶な芸術となり、次へつなぐ。
    そんな風に感じました。

    「完全な闇が欲しいのだ」というところは、本当に怖かった。
    紀久とマーガレットがお蔦騒動と同じ結果になるのではと恐ろしくなった。
    そして、生理的に受け入れられないことをやるしかない辛さや、「内側から衝動のように出てくる義務感」によりやりたくないけどやりたいとなる複雑さ。
    全員に感情移入して、読み進める気持ちが重かった。

    女の人の強さだけでなく、弱さも醜さも、優しく包み込むようなお話でした。

    ただ、赤ちゃんの精神は、胎外へ出る瞬間ではなく、受精の瞬間でもなく、もっと太古の幻想的かつ神秘的なところで誕生していると私は思っているので、この作品に限らず、生まれ変わり的な考えはなかなか受け入れがたいところもあります。

    神崎の手紙の内容も、織物を学ぶ人たちに向けたものとしては必然なのかもしれないが全く知識のない私には難しくて、流し読みしてしまった。
    それでもいいのかもしれないけれど。

    みなさんのレビュー見て:
    与希子と紀久
    斧琴菊
    !!
    わぁ、変わった名前だと思ってたけど、そういうことだったのかぁ~

  • 「りかさん」の続編、と言っても、単なる話の続きではない。
    ようこが「蓉子」に成長して、紀久、与希子、マーガレットの三人の女性たちとの暮らしを通し、深みを増していく。
    物語も、それぞれの人物の過去や祖先の時代まで遡り、今と思いがけない結びつきを露にする。
    マーガレットやクルディスタンで行方不明になっていく神崎の存在のために、東西の往還も含まれる。

    複雑で、いろいろなものが混然一体となって、それでもひとつの統一体として、この物語は立ち上がってくる。
    その厚みに圧倒される。

    この物語ではもう死んでしまっているおばあさん。
    蓉子に残した、手を洗った後、しっかり水気を拭き取ればあかぎれなんかにならない、という教え。
    これを今私も実践中。
    これがなかなかいい調子なのだ。
    すごい。

  • なかなか読み進まなかった。「西の魔女が死んだ」は好きなんだけど…

  • 心の奥深いところ、本質を書いたんだと思う。少し難しかったけど、読みやすくはあった。言葉では言い表せないような、壮大な話だった。
    何年後かにもう一度読んでみたいと思う。

  •  お話はあちこちに広がり、絡み合い、複雑な紋様を織りなしていく……。
     けど、結局何が言いたいのかわからない作品でした。
     女の内面や嫉妬、それに人形や能のお面はやっぱり怖いな、という感想です。
     読んだ後に知ったけど、前作として「りかさん」、続編として「ミケルの庭」という短編があるらしいですね。図書館にないので私は読めませんが、この三部作をきちんと順番に読んだら、また違うものが見えてくるのかもしれません。

  • 女性3人が古い家で暮らす。たまには波風も立つが穏やかな暮らし。そんな本かと思っていたが、なかなか難しい。

  • たまたま共同生活を始めた4人の女性にまつわる不思議なお話。
    "からくり"が深すぎて、うまく消化できませんでした。
    私にとっては、もう少し単純な方が合っているのかも。
    梨木さんらしい物語だと思います。

  • 女性4人の共同生活。
    庭の草を使って草木染めをする人がいて、その糸で機を織る人がいて。テキスタイルを考える人がいて。庭の野草や野菜で慎ましい食事をして、生きる。
    共同生活も、こうした自立した人々との生活ならば、楽しいかもしれない。依存はしないが、影響を受け合う存在。
    その根底には、りかさんがいて、りかさんからすべてのものを慈しむ気持ちを育んだ蓉子がいる。その精神を見習いたい。
    博学で、それでいてそれをひけらかさずにじっと見つめる、梨木香歩さんの眼差しを感じられる作品。

    ―――――――――――
    女たちは機を織る。

    反物という一つの作品に並行して、彼女たちは自分の思いのたけも織り上げていった。

    古今東西、機の織り手がほとんど女だというのには、それが適性であった以前に、女にはそういう営みが必要だったからなのではないか。
    誰にも言えない、口に出していったら、世界を破滅させてしまうような、マグマのような思いを、とんとんからり、となだめなだめ、静かな日常を紡いでいくような、そういう営みが。 p.95

  • こういった丁寧さの中から美しさは生まれると思う。

    登場人物とか背景にある人形の歴史とかに関する記述は名前がぐちゃぐちゃになってしまって読みづらかった。

  • 読み返し。
    やっと児童文学以外も読むようになった頃に読んだためか、頭に刻み込まれてる作品なのですが、今、出版された月をみると、りかさんとの差が7か月しかないことに驚く。もっと経っていると思ってました。
    うーん、真剣に読んでた時期だったんだなぁ。

全522件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

からくりからくさ (新潮文庫)のその他の作品

からくりからくさ 単行本 からくりからくさ 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする