りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (622)
  • (1010)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4437
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 来た来たと、思わずにやりとしてしまう導入部から、りかさんには、ずいぶんすごいものを見せてもらいました。いやはや。
    「ミケルの庭」特殊な状況下ではありながら、ああ赤ん坊ってそうだった…と、ひやりとしたものを感じて。

  • リカちゃん人形が欲しかったようこ。でも誕生日に祖母から贈られたのは、市松人形の『りかさん』だった。内心がっかりしつつも説明書にある通りにお世話をして一週間目の夜、「ようこちゃん」と呼びかけるりかさんの声が聞こえてきた…。

    りかさんに導かれ、ようこは様々な過去を持ち今に辿り着いた古い人形たちの記憶を見つめ、心を知り、かつての持ち主たちの想いに触れる。
    手鞠歌を歌う姉様人形。突然持ち主を攫われた木人形。恋人たちの橋渡しをした雄雛。持ち主の争いを再現する三人官女。フランスで生まれ、イギリスを経て日本へと渡ってきたビスクドールの哀しみ。そして、頑なに沈黙する汐汲人形が守る、愛と憎しみ──。

    人間の、少女たちの強すぎる気持ちを昇華し、やがて役目を終えるといつの間にか忘れ去られてゆく人形たち。対して持ち主には、人形を幸せにしてあげる責任がある。
    人間と人形の、心の交流、愛と業を描く『からくりからくさ』、蓉子の少女時代の物語。

  • 彼岸と此岸が交錯する世界。それがかえって人間の本性をあぶり出す。善性も悪性も。梨木果歩はなぜこんなに奥の奥が見通せるのか。文学者というより巫女のようだ。また、個人に歴史が宿る様を描く筆致は見事で、希有。

  • りかさんはこれからもずっと誰かの傍で生き続けて行くのでしょうか。

  • アビゲイルのお話が印象的です。ただ愛を伝えるためにいるのに、それを阻んだ戦争はつらいものです。

  • リカちゃん人形(洋風)が欲しいといったら、おばあちゃんがりかさん人形(和風)をくれました……というお話。

    子供のころ持っていた人形のことをふと、思い出してしまう。

  • 梨木さんの作品らしい、こんどは人形がしゃべる話。なようこが本当はリカちゃんがほしかったのにおばあちゃんの勘違いによりりかさんをもらってしまったが、純粋なようこだからこそりかさんとのコンビが良かったのか。
    昔言葉が少し難しいところもあったが、腕をつかんできた桜の木許してあげる決意をしたり、人形たちのことを想ってあげたり、優しい気持ちになれるような。

    同時収録の「ミケルの庭」。なにこれ何が言いたい?って感じたったけど、実は蓉子とようこは同一人物なのねぇ。それ知って読み返せば感慨深いというか…。
    ようこは純粋のまま育ってよかった。

  • 好きな本。
    もう何回も読み返してる。
    今回は最後のお話だけ辛くなってしまって断念。。
    りかさんの持っている雰囲気て見習いたい。
    ちょっとでも近づけたらいいな、ていつも思う。

  • リカちゃん人形が欲しいと言ったようこに送られてきた日本人形のりかさん
    りかさんは人と話せる不思議な人形
    そんな事がもしかしたら本当にあるかもしれない、あったらいいなと思ってきます

    うちには髪の毛がのびているとても古い市松人形があります
    怖くてあまり近づかないようにしてましたが、りかさんのように話ができたなら、友達になれるかもしれない
    そんな事を考えてしまう
    怖がらずにかわいいねと言ってあげたい

  • 素敵なお話。

    不思議だし、
    現実ではありえないだろうけど、
    ただのおとぎ話じゃない。
    ただのファンタジーじゃない。

    限りなく現実に近い世界。

    そんな空気が梨木香歩さんの本にはある。

    もしかしたら、
    自分の周りでも起きてるような、
    そんな気さえする。

    おばあちゃんから送られてきた、りかさん。
    本当はりかちゃん人形が欲しかったはずなのに、
    りかさんとふれ合っていくうちに、
    かけがえのない存在になる。

    気持ちを理解したい。
    辿ってきた歴史を理解したい。

    りかさんを通して、
    たくさんのもの達と向かい合い
    成長していくようこ。


    なんか最後はよくわかんなかったけど。。

全487件中 101 - 110件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする