りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (622)
  • (1010)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4437
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人形の不思議。
    リカちゃん人形の代わりにりかさんが来たら私なら泣いてしまっていたことでしょう。
    でも、りかさんには不思議な力がありました。
    人形にも心がある。苦しみだって痛みだってきっと感じてる。
    だから、昔のお人形をなかなか捨てられないのですよ;;

  • 人形「りかさん」と、持ち主ようこと、おばあちゃんと、周りの人形と。
    はっきりすっきり、というよりは、少し曖昧というか読者に委ねる部分もある、そんな話でした。
    梨木さんは初でした。あまり合わないかも?

    処世術というか、指針にしたい言葉がいくつもありました。

  • 梨木香歩さんシリーズ。

    3つの短編からなる本です。

    一つ前に読んだ「からくりからくさ」の前後譚で、これも女性の世界の物語ですね。

    最初の2編は、主人公ようこ(まだ「蓉子」ではない)が少女で、日本人形の「りかさん」と出会う頃のお話。

    寄せ集めの雛飾りを始め、なかなか難しい人形たちの固く絡まった人生?を、ようこがりかさんの力を借りながら解きほぐして行きます。

    人形と話をするというのは、ファンタジー、またはスピリチュアルに思えるけど、感じやすい女の子には普通にできることなのかもね・・・と思った。

    りかさんと、ようこの祖母・麻子さんがことのほか魅力的。
    若い女じゃなくてやっぱおばあちゃん、ベテランの凄みさえ感じます。こういうおばあちゃんにならないと・・・!(男だけど)

    3編目は、「からくりからくさ」直後の話。

    女性にとって赤ん坊とはどういう存在なのかを描く。男の読者としてはやはり濃厚っていうか、生々しさを感じますねー。

  • 再読。正直幼少期より人形は苦手だった。人並みには人形遊びをした記憶はあるものの、怖いと思うことの方が多かったし、いまだに苦手だ。その頃この本を読んでいたら、人形に対する思いは違っていただろう。親善使節アビゲイルの悲しくて痛ましい話を入れてくるあたりが梨木さんらしい。時系列としては『りかさん』→『からくりからくさ』→『ミケルの庭』となる。赤ちゃんのミケルが感じる世界の描写がいい。

  • 読み終わったあと、押し入れから好きだったぬいぐるみを引っ張り出してきた。

  • 10年前に読んだ時は「話す人形を書いた小説」としか印象が無かった。読み返してみて、少しこの本の魅力が理解できたと思う。

    頭が良くて優しいようことおばあちゃんとりかさんの、三人の絡みはとても暖かい。ふと自分の子供だった頃を思い出し、懐かしい気分になった。おばあちゃんの言葉が胸に響く。

    また、それぞれの人形の歴史ファンタジーが、嵐のようにどんどん繰り広げられるところや、少女達が遊ぶ描写がとてもリアルで、どっぷり感情移入してしまう。

    この本は特に女の人におススメしたい。
    また何年か経ったら読もう。

  • りかさんに会いたくなって、度々本を開いてしまいます。それくらい、この本は特別な1冊です。

  • からくりからくさの前半の感じが結構好きだったんだけど、それの前後譚って感じかな。両方ともちょっと本編とは感じが違う。りかさんの方は結構好きな感じだったけどミケルの方は怖いかな。

  • よい本。
    りかさんという、人と心を通わせることができる人形と、ようこちゃん、
    そして元の持ち主であるおばあちゃんのお話。
    おばあちゃん(麻子さん)の、かたちあるものとないものとの渾然一体具合が素敵。
    梨木さんのお話にでてくるおばあちゃんは、時間と空間で熟成された賢人の趣がある。
    20171231

  • リカちゃん人形をねだったようこにおばあちゃんが贈ってくれたのは、なんと市松人形の「りかさん」だった。

    おもしろいけど、この作者独特のとっちらかった表現のためにやや本筋を追うのに混乱する気がする。

    おばあちゃんの言葉には含蓄があるなぁ、と感じます。

    小さい頃、お人形遊びをしなかった女の人は癇が強いみたいなの。

全487件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする