りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (620)
  • (1009)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4423
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「からくりからくさ」に繋がる話。りかさんがいると、そこからふわりと優しい空気が広がっていく。それはりかさんが持ち主から大事に扱われてきたいいお人形だから。いいお人形は、吸い取り紙のように、感情の濁りの部分だけを吸い取っていく。大人になった蓉子の、他人や生き物全てを包み込む優しさは、りかさんと一緒に過ごしていたから身についたのだな。文庫書き下ろしの「ミケルの庭」は初読み。マーガレットの赤ちゃん・ミケルが危篤状態になる。自分の風邪がうつったからだと後悔する紀久にかける蓉子の言葉がほんとに温かい。

  • 表題作と短編『ミケルの庭』
    「からくりからくさ」の前,蓉子とりかさんの出会いを描いている.おばあちゃんの麻子さんやようこの親友登美子ちゃんとの交流の中で,りかさんと一緒に人形達の不思議な世界に触れていくのがとても自然で,優しく暖かい感じが気持ちよかった.

  • リカちゃん人形がほしかった女の子にプレゼントされた、しゃべる日本人形りかさん。
    人形たちの秘密を、苦悩を救っていくようなお話。
    人形好きにはたまらない、のかな?

  • 再読。一気に読み終えた。

    同じ人形ファンタジーの『最後のゲーム』とくらべると、りかさんは、初めからすっとそこに不思議がある感じがして、ファンタジーとか魔法というよりは、アミニズムのような感じがした。ロジックの世界に、魔法という力が作用を及ぼしたりするんじゃなく、日常と地続きのふしぎ。だから、ふわっと包まれるような感じがするのかな。

    2編めのアビゲイルがかわいそうで……。でも、じっさいにそういうことがたくさんあったんだものね。やはり一番おそろしいのは人間のおろかさだなと思うけど、自分もふくめ、それをどうやって見極めてふせいでいけばいいのかはむずかしくてわからない。かなしい。

  • 人形は人の形をしています。
    人の心を秘め、時を超えて、未来へと想いを運ぶのですね。

    切なくも、心温まる物語でした。

  • 「からくりからくさ」と合わせて自分の本棚においてもいい!図書館本だけど、買おうかなぁ。
    お人形が話すといっても荒唐無稽にならず、少女の導き手となっているのがいい。

  • 少し不気味で温かいお話。
    人に対して、ものに対して、丁寧に向き合っている人は素敵だな。

  • お雛祭りにおばあちゃんから贈られてきたのは市松人形の「りか」。ようこが欲しかったリカちゃん人形とは全く違うものであったが、りかさんは人形や人と心を通わすことの出来る人形だった。りかさんと古い人形達・人形の持ち主の想いの声を聞き、おばあちゃんやりかさんに助けられながらようこは成長していく。□梨木さんのお話は2冊目なのですが心の奥の柔らかな部分に触れてくる感じが好きです。これは余談ですが、今年も娘が火事になる!行き遅れる!とお雛様の出し入れを手伝ってくれました。これからもお人形さんとこんな娘との時間を大切にしていきたいです。このお話を読んでしみじみ思いました。

  • 『りかさん』は、人形を通して人間を見つめる物語。心を育てる物語。人形というものの存在を深く考え掘り下げた物語。自分の心を向き合いたいときに何度か読み返したい本だと思う。
    『ミケルの庭』は、赤ん坊の視点で描かれた珍しい物語。『りかさん』の主人公だったようこちゃんが、大人になって蓉子として登場する。

  • 「からくりからくさ」は、"からくり"が深すぎて消化できなかったが、本書は良かった。
    人形って癒す場合もあるし、恐れの場合もある。
    でも良く理解しておけば何の問題もないのかな。
    梨木さんは登場人物の心情を丁寧に描く方ですね。

全487件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする