りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (621)
  • (1009)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4428
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに夢中になって読める本に巡り合った。
    人形の持ち主との因縁を読み取り、人と心を通わせることができる市松人形の「りかさん」。
    彼女を媒介に、様々な人形奇譚が浮かび上がる。
    やはり圧巻なのがアビゲイルの話。
    愛を伝えるためにやってきた人形が、時代に恵まれず、無惨な扱いをうけてしまう。
    アビゲイルの運命を、主人公のようこが、りかさんに導かれながら受け入れていく様は感動的だった。

    おばあさんの麻子さんの存在もすてきだ。
    「西の魔女が死んだ」でも、人生の経験を豊かに積んだ老女が出てくる。
    この作品の麻子さんも、自分の過去の至らなさも認め、受け入れて、それを教訓に変えることのできる知恵を持った人として出てくる。
    人が老いることにも希望があることを見せてくれる。

  • 純真で聡明な主人公のようこが、人形のりかさんやおばあさんという良い触媒を通じて世間の良し悪しを捉えながら健やかに成長していくところが清々しい。人間の根本的な性格は幼少期に形作られるのかなぁ、と漠然と思う。
    人形って年季や愛情を含み続けることで本当に何かが宿って行く気がしてきますね。

    短編の方は、苦悩する紀久の心理描写にセンスを感じるし、ミゲルの赤ちゃん目線が楽しいですね。ミゲルが危ない場面では先がとても気掛かりで、読む気持ちがはやった。

  • 少しの不気味さと多くの優しさからできている物語。
    トトロを思い描いていた頃を思い出しながら一気に読みきりました。
    読んだ後暖かい気持ちになります。

    事務員の女性が仕事の帰りに電車で読んでいそう。

  • 12年ほど前に新刊で買った1冊。
    ここから読書熱再び、現在に至る思い出の本です。
    人形モチーフのファンタジーとして当時は楽しめたものの、その後読了した『からくりからくさ』等、一連の梨木作品が息苦しかったことを思い出しました。
    本日、なぜか本棚に手が伸び、そのまま再読了。
    女性特有の空気感がとてもとても苦手で、読むタイミングも良くなかったのか、気分が悪くなるほど(^^;;
    この本は私にとって、内容と同じく因縁めいていますσ(^-^;)
    マイベストはやはり『家守綺譚』あたりかな。

  • 出だしが、最高。
    リカちゃん人形だと思って開けたら真っ黒な髪の市松人形が登場したら、ものすごい衝撃だろう。トラウマになりそうだ。
    途中、テンポが早すぎて世界観についていけないところがあった。映像だったら分かりやすいかもしれない。
    この本だけだとなんだか消化不良で終わるが、からくりからくさの伏線を張っていると考えると、悪くない。
    りかさんのお世話を通して、他者を慈しむ気持ちが芽生えるというのは、とても素敵だと思った。

  • 女の子の遊びの鉄板、人形遊び。
    話しかけると答えてくれるような友達。
    表情が悲しそうだったり、楽しそうだったりその時々によって変わるように感じる。
    大切な人形。いや親友。
    ご飯を一緒に食べて寝る。
    そんな女の子の気持ちに寄り添ったお話し。

    リカちゃんがほしかったようこのもとにおばあちゃんから届いたのは日本人形のりかさんだったのだけど、りかさんは心通じ合える素敵な人形。
    お友達のうちにある素敵なお洋服を着たフランス人形。ひな人形。
    人形はその持ち主の気持ちや歴史とともに人へと伝わっていく。
    その気持ちに寄り添うようこがとってもかわいい。

  • ようこがおばあちゃんに、ねだったのはリカちゃん人形の「リカちゃん」。しかし、おばあちゃんから届いたのは市松人形の「りかさん」。がっかりするようこだが、「りかさん」の人間と意思相通できる不思議な力とおばあちゃんの存在とサポートによって、ようこは新たな世界と遭遇しながら、少しずつ成長していく。悲しくも温かいお話の数々。書き下ろし「ミケルの庭」も収録。ようこが蓉子に成長して、登場。

  • ・本気なのかごっこなのか分からない、ここが登美子ちゃんのすごいところだ、とようこはあっけにとられて登美子ちゃんを見つめていた。登美子ちゃんは、
    「それからだよ、みんな、世の中のものみんな、ふりしてるだけなのかなあって思い始めたの」
    それから登美子ちゃんはしばらく黙った。ようこは、
    「でも、そう考えると、ちょっと、ねえ。ふりをやめたらどうなるんだろう。登美子ちゃんのリカちゃんがリカちゃんのふりをやめたら・・・」
    登美子ちゃんは、
    「それなんだよ。でもそれもリカちゃんのうちだと思ってさ。バリエーションってものだよね」
    と明るく言った。ようこもほっとした。
    「でも、それ、おもしろいね。鉛筆削りは鉛筆削りのふり。テーブルはテーブルのふり。椅子は椅子のふり。松の木は松の木のふり。石は石のふり。枕は枕のふり」
    「そうそう、ご飯はご飯のふり。私は私のふり。お母さんは・・・」


    ・「それは化学染料と植物染料の違いだ。化学染料の場合は単純にその色素だけを狙って作るんだけど、植物のときは、媒染をかけてようやく色を出すだろう。頼んで素性を話してもらうように。そうすると、どうしても、アクが出るんだ。自分を出そうとするとアクが出る、それは仕方がないんだよ。だから植物染料はどんな色でも少し、悲しげだ。少し、灰色が入っているんだ。一つのものを他から見極めようとすると、どうしてもそこで差別ということが起きる。この差別にも澄んだものと濁りのあるものがあって、ようこ」
    おばあちゃんは、何だか怖いぐらいにようこをじっと見た。
    「おまえは、ようこ、澄んだ差別をして、ものごとに区別をつけて行かなくてはならないよ」
    おばあちゃんの様子で、ようこはよく分からない言葉でも心に刻んでおかなければならないものがある、と感じている。

  •  みなさんの家に日本人形はありますか。主人公のようこが「リカちゃん人形が欲しい」と祖母にねだったら、送られてきたのは市松人形の「りかさん」。りかさんには人間と心を通わせる力がありました。りかさんに導かれながら、ようこは古い人形たちの物語や、人形に託された人間の「思い」を知るようになります。人形の使命とは、「生きている人間の、強すぎる気持ちをとんとん整理してあげること」で、「いいお人形は、吸い取り紙のように感情の濁りの部分だけを吸い取っていく」のです。祖母の語る豊かなことばもこの物語の醍醐味です。(本学教員推薦)

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00531815

  • 私には面白さがわかりませんでした。

全487件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする