りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (621)
  • (1009)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4424
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • からくりからくさ、を久々に読み直したので、こちらも読み直し。

    りかさんとようこちゃんの出会いから始まって人形たちに纏わる話、そしてマーガレットの子ども、ミケルのこと。

    ようこちゃんがどうやって蓉子さんに育ったか。その片鱗は元々持っていたし、ここで見ることができた。
    自分は人形やそれ以外のものたち、周りの人たちとどう接してきたか、接しているか、を考えさせられる。

    蓉子さん、麻子さん、りかさんのように慈しむことができればなあ。

  • りかさんとおばあちゃんの考え方がとても好き。

  • 後半の短編もいい

  • とても不思議な本だった。
    ようこという女の子はおばあちゃんから「りかさん」という市松人形を贈られる。そのりかさんといると、持ち主のようこは他の人形と会話が出来るのだ。お雛様や友達の家にある古い人形の想いとは。
    怖くはないが、ほんわかしているだけではない。
    第2部はまったく別の話だが、「りかさん」からの続きとして読むことが出来る。
    丁寧な言葉でつづられていて、この著者の文章が好きだ。是非「からくりからくさ」も読んでみたい。

  • りかさん人形とようこちゃんの会話がとても丁寧でよかった。丁寧な会話の見本のような本だと思った。
    桜の木も、フランス人形も、ようこちゃんと気持ちを通わすことができてよかったなと思った。丁寧に会話すれば、ちょっと難しい相手とも、気持ちを通わすことができるのだと感じた。

  • 『からくりからくさ』とこれをまとめて職場から拝借してきて、読むときどっちが先なんか何回も確かめてしまったよ…。これが後発で合っとるのよね。
    『からくりからくさ』はフェミニズム満載のおとなむけ小説やったけども、こっちはすごく児童書っぽかったので、とても読みやすかった。
    人形と話せる世界、人形に意志がある世界は境界の向こう側ぽいけども、そんなものはなくて全て現実のことなのよね。やけんか知らんけどもファンタジー感は全然なかった。

  • 雛祭りにようこがおばあちゃんからもらった人形の名は「りかさん」。生きている人間の強すぎる気持ちを整理し、感情の濁りの部分を吸い取る力を持った「りかさん」とようこのふれあいを優しく描いたファンタジー。

  • 【本の内容】
    「彼女」と一緒なら、きっと大丈夫。

    リカちゃんが欲しいと頼んだようこに、おばあちゃんから贈られたのは黒髪の市松人形で、名前がりか。

    こんなはずじゃ。

    確かに。

    だってこの人形、人と心を通わせる術を持っていたのだ。

    りかさんに導かれたようこが、古い人形たちの心を見つめ、かつての持ち主たちの思いに触れた時――。

    成長したようことその仲間たちの、愛と憎しみと「母性」をめぐる書下ろし「ミケルの庭」併録。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    なんて優しい物語なんだろう、と思った。

    人形のりかさんは宜保愛子さんみたいに(この例えが適切かどうか?)人間の世界と異界(人形の世界)との橋渡しをしている。

    りかさんと祖母麻子が人形の過去の悲しみをときほぐしてゆく中で、主人公ようこはいろんなことを学んでゆく。

    起ることすべてに対してしなやかに受けとめていく姿勢。様々な存在に対して心を開き慈しみもって接する態度。

    どんな感情も否定せず包み込む知恵。

    この作者は、目に見えないものを、繊細だがしっかりとした言葉で丹念に表現している。

    それは例えば、人と人の間にある気のようなものだろうか。

    登場する女性たちのふくよかな心がとても魅力的だ。

    続編の「からくりからくさ」もおすすめ。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 和風綺譚

  • 再読3回目。

全487件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする