りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (621)
  • (1009)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4428
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蓉子がりかさんも体験した数々の不思議なお人形のお話。
    しゃべる人形、動く人形のお話は怖いし苦手です。でもこの本はとても優しい。人形と人との時間を超えた繋がりがとても素敵だと感じれます。

  • すごく好きな一冊。
    それまで人形が怖かった私が人形を愛おしく思えるようになりました。ようこちゃんとりかさんとおばあちゃんの、不思議で、どこまでも暖かい作品です。
    読み終わった後のあの感覚はこの作品でしか味わえないなんともいえない清々しさです。

  • 人形には本当に魂がやどるのかも・・・。

  • りかさんを通じていろいろなことを知るようこ。
    それぞれに込められた思いを大切にしたいなって思いました。

  • 再読。
    こどもの「ようこ」の柔軟でユーモラスな態度が愛おしい。かなりヘビーなエピソードが満載だが、全体としてすごくしなやかに仕立てられている。

  • 人形も含め様々な女性が登場する。そのどれもが共感、気付きの言葉を発し考えさせられる。けれどそれは枝先の花のようなもので辿ると1本の大きな木の幹のような揺るぎない作者の意思が全体を通して貫かれている。

  • 【あらすじ】
    「彼女」と一緒なら、きっと大丈夫。書下ろし「ミケルの庭」併録。

    リカちゃんが欲しいと頼んだようこに、おばあちゃんから贈られたのは黒髪の市松人形で、名前がりか。
    こんなはずじゃ。確かに。だってこの人形、人と心を通わせる術を持っていたのだ。
    りかさんに導かれたようこが、古い人形たちの心を見つめ、かつての持ち主たちの思いに触れた時——。
    成長したようことその仲間たちの、愛と憎しみと「母性」をめぐる書下ろし「ミケルの庭」併録。

  • 【511】

    思ってたよりファンタジーファンタジーしてた。
    人形たちの話は読みにくくて、読み飛ばしてしまった。
    最後の桜の老木のオチはせつない。

    ミケルは読みにくかったな。よくわかんなかった。

  • 文章に一貫性が無くて読むのに苦労した。
    会話なら会話、説明な説明、とわかりやすければいいのだけれど、突然人形たちが大仰な感じで話し始めるし・・・。
    あまりに現実離れしているのは自分には向いてないのかも。

    アビゲイルの話のところは、泣けた。あってはならない。戦争はしてはならない。

    ミケルの庭は、全く何が言いたいのか、私にはわからなかった。もう、この作家の本はいいかな。。。

  • 「からくりからくさ」の人形「りかさん」が話をしていたころの話と、同じく「からくりからくさ」のマーガレットの子供であるミケルを描いた「ミケルの庭」の2編。話す人形といってもSFやホラー、ミステリーではありません。といっても説明は難しい…。「からくりからくさ」を読んでみて、いいと思えば読む本か。

全487件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする