りかさん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (524)
  • (620)
  • (1009)
  • (59)
  • (18)
本棚登録 : 4424
レビュー : 487
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101253343

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公のようこが祖母に「りかちゃん人形」が欲しいと言うが、祖母がくれたのはなんと黒髪の市松人形だった。
    祖母が書いてくれた説明書通りに「りかさん」と寝食を共にすることによって、ようこには人形の声が聞こえるようになる。

    私がこの小説を読んで思ったことは、
    「人形にも心がある」ということ。
    私自身小さい頃はお人形遊びなんてしたことがなかったから、あまり共感は持てなかったけど。

    ようこに人形の話すことが分かるようになったのは、
    「りかさん」にお供えした食べ物を
    説明書通りに、自分で食べたからだと思う。
    異界のものを食べることで主人異界へと通じる物語は
    多くあるので、この物語も「りかさん」が食べたあとのもの(食べたといっても人形なので実際はそのまま残っている)をようこが体内に入れることによって人形の世界に通ずるようになる。

    『千と千尋の神隠し』でも千がお団子(?)をハクからもらって食べることによって透明な体が治っていくシーンがあったが、それも湯屋のある神々の世界で身を保っていくためには必要なものだったのだと思う。


    この本を手に取ったきっかけは、毎週通ってる図書館でたまたま見つけて自分の名前と同じだったからだったけど、読んでいくと不思議な人形たちの話に引き込まれてしまいました。

    恨み言をいう人形とか、毎日泣いている人形がいてその問題をどうにかして「りかさん」と一緒に解決していくストーリー。

    漫画の『夏目友人帳』みたいだなとも思いました。人形は妖怪みたいに襲ってこないから良かったけど、、、。でもそういえは、人形じゃないけどようこが一度だけ襲われて、泣いて助けを求めるシーンがあったのだけど、その経験が後々大事になってきたりもする。

    『からくりからくさ』という小説にも「りかさん」が
    登場するので読んでみたいです!

  • 幼い頃、日本人形が怖くて、おばあちゃんに「雛人形を買ってあげる」と言われたときに大泣きした私ですが。。。

    りかさんみたいなお人形だったら、ほしかったなぁ!

    りかさんを贈られることで、主人公ようこのように、今までにない怖い体験をすることになっても、青い目のお人形にまつわる哀し過ぎるエピソードを知ることになっても、きっと得がたい素敵な日々が過ごせたことでしょう。

    • まろんさん
      いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

      円軌道の外さんも、お人形にうなされた過去があったんですね~。
      確かに、ピエロのお人形も、...
      いつもコメントありがとうございます(*^_^*)

      円軌道の外さんも、お人形にうなされた過去があったんですね~。
      確かに、ピエロのお人形も、なんか得体のしれない哀しみを背負ってそうなとこが怖いかも!

      私も、大事にされた道具や楽器や家具なんかには、想いが通じるっていうか、言葉では語りつくせないような結びつきが生まれると思います。

      音大を目指す決意をしたときに、先生から「やはり普段からグランドピアノで練習しないと」と言われて泣く泣く手放したアップライトピアノは、
      あちこち傷がついていたけど、いい感じに古びて音もまるく柔らかくなって、苦手なエチュードを弾くときもピアノに助けられているのがありありと感じられるような、大切な存在でした。
      あのあと、本当にピアノが好きで、大事にしてくれる人の手に渡っているといいな。。。

      『りかさん』は、おどろおどろしい怖さはぜんぜんないし、「もの」を慈しめる円軌道の外さんなら楽しんでいただけるんじゃないかな(*'-')
      2012/05/11
    • xxxshuxxxさん
      丁寧なコメント、ありがとうございます!
      とっても嬉しかったです (・◇・)ノ

      こんなお人形さんなら、とっても素敵ですよね
      まろんさんのピア...
      丁寧なコメント、ありがとうございます!
      とっても嬉しかったです (・◇・)ノ

      こんなお人形さんなら、とっても素敵ですよね
      まろんさんのピアノの話も、切ないけれどとっても共感できます。
      私はみんなには言えないけれど、密かに自分の楽器たちには名前をつけていたりするので(笑)

      私の本棚を見て、嬉しくなったと言ってくださいましたけれど、まだまだ、まろんさんには遠く及ばないですね(汗)
      読書量、レビュー数、内容の素敵さ、とっても尊敬します。

      これからもとっても楽しみにしています♪
      どうぞよろしくお願いします(^_^*)
      2013/01/14
    • まろんさん
      xxxshuxxxさん☆

      楽器に名前をつける。。。わかります!
      ピアノは気軽に持ち運びできないので、自宅以外で弾くとなると
      どうしても他所...
      xxxshuxxxさん☆

      楽器に名前をつける。。。わかります!
      ピアノは気軽に持ち運びできないので、自宅以外で弾くとなると
      どうしても他所のピアノを弾かなくてはなりませんが
      「うちの子だったら、ここでもっと素直に鳴ってくれるのに~!」
      なんて思ったり。
      管楽器や弦楽器だと、毎日自分の分身のように持ち歩けて、
      本番でも自分の楽器で演奏できるので、またさらに愛着が深まりますよね!

      本のこと以外でも共感できるブクログ仲間さんができて、うれしさいっぱいです♪
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いします(*'-')フフ♪
      2013/01/14
  • すっごいおもしろかったし引きこまれた…!好みのおはなしすぎて梨木さんはまりそうです…でもわりと人形がトラウマになりそうだ

  • 梨木さんの新刊を読んで、久しぶりに読みたくなって手にする。
    「澄んだ差別」と「濁った差別」という言葉が、今回は心に残った。
    ここひと月半の私は、自分の思いにとらわれすぎて、なんだか頑なにというか固執しすぎているなと思った。自分で自分をがんじがらめにして、自分の首をしめていたんだなということにふと思い至る。正当だと思っていたけれど、「濁った差別」だと思う。水には流せないけれど、そういうものなのだと心しておけばいいだけのこと。「澄んだ差別」に変えたい。
    「澄んだ差別」で物事を見ていくためには、心のゆとり、ふくよかさが欠かせないのだと思う。そんなことをぐるぐる考えながらの読書となりました。

    そして、アビゲイルの話ももう一度、心に留めておこうと思う。

    さまざまな出会いは、必然なのだろうなぁ。たとえ偶然でも。ようこが染色の道に進むのも、マーガレットに出会うのも。『からくりからくさ』をより楽しみたいときは、この本もあわせておススメしたい。

  • 巻末の解説に、小林すみ江さんという人が
    「ページを閉じて心に残ったのは、おいしい薄荷(はっか)のお菓子を食べたあとのようなみちたりた清涼感でした。」
    と感想を書かれていますが、本当にそのとおりだと思いました。
    たとえば「銀じいさん」とは何者なのか?とか、説明のない箇所がたくさん出てきて、そのままお話が進んで終わってしまったりするのですが、なんだかそのことも、「知りたいけど、梨木さんが説明しなくても良いと考えたのなら、それはそれで良いのだ」と思える、なんというか、すべてが腑に落ちるというか、そういう細かいことよりも、もっと大きなテーマを感じるだけで充分幸せになれる本でした。
    この本を読んで一層、梨木さんのことが好きになりました。
    ハードカバーは読んでいないので、どうなのかわかりませんが、私が読んだ文庫版のほうでは、本編のあと、「ミケルの庭」という短編が書き下ろしで収録されています。
    これは、「りかさん」の続編の「からくりからくさ」の、さらに続編に当たるお話なので、好きな方は是非読んで欲しいと思います。
    (「銀じいさん」やそれ以外のことは、続編の「からくりからくさ」で解明され、それがまた嬉しかったです。)

  •   もともと児童書として世に出された本ですが、この本を、本当に読んだと思えるようになるまでには、ずいぶんと人生を積む必要がるように思います。
    何歳になっても、読み返すたびに新しい発見のある作品と思っています。

  • 本当に不思議な話だった。子供のころ人形を愛しいと思っていた感覚がよみがえった。すごく素敵な話。

  • 読みたかった1冊
    これでやっとりかさんの話が繋がった
    りかさん読んで、からくりからくさ読んでからミケルを読むといいかも

  • りかさんに会いたくなって、度々本を開いてしまいます。それくらい、この本は特別な1冊です。

  • よい本。
    りかさんという、人と心を通わせることができる人形と、ようこちゃん、
    そして元の持ち主であるおばあちゃんのお話。
    おばあちゃん(麻子さん)の、かたちあるものとないものとの渾然一体具合が素敵。
    梨木さんのお話にでてくるおばあちゃんは、時間と空間で熟成された賢人の趣がある。
    20171231

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

りかさん (新潮文庫)のその他の作品

りかさん 単行本 りかさん 梨木香歩

梨木香歩の作品

ツイートする