みなそこ (新潮文庫)

著者 : 中脇初枝
  • 新潮社 (2017年4月28日発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101260426

作品紹介

清流をまたぐ沈下橋の向こう、懐かしいひかげの家に10歳のみやびを連れ里帰りしたさわ。自分を呼ぶ声に車をとめると、そこには親友ひかるの息子で、褐色の手足が伸びすっかり見違えた13歳のりょうがいた。蜘蛛相撲、お施餓鬼の念仏、遠い記憶を呼び戻すラヴェルの調べ。水面を叩くこどもたちの歓声と、死んだ人たちの魂が交錯する川べりに、互いの衝動をさぐる甘く危うい夏が始まる。

みなそこ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピアノが上手な女の子が、高知県の集落から都会の音大へと進学する。
    プロになれると期待されて進んだ進路で、自分の才能の限界に直面する。
    いろいろなことに折り合いをつけながら、誰もがその人の人生を歩んでいく。

    すべてが最初に望んだ通りではないが、歩んでいく道の途中で、大切にするべき新しいものに出会うこともある。

    結婚、出産、友人、家族

    田舎ののどかさと、登場人物の温かさ、素直さ。

    これまで読んだことのない、何とも言葉では表現できない素晴らしい感じを味わった。
    純粋で、繊細で、リアルで。

    私の中では、圧倒的に☆5つです。

  • 文学として思えばとても美しいお話
    リアルに思うと 嫌悪感。

  • 高知県の山奥にある「ひかげ」という集落に娘を連れて里帰りしたさわ。親友の息子との再会で、美しくも危険なひと夏の恋が始まる。
    中脇作品は『わたしをみつけて』以来二作目だが、その世界観の違いに驚く。「ひかげ」という、おそらく数年後には誰もいなくなる集落を舞台に、美しい自然と対比するかのような人の死と恋。いつの時代もいくつになっても、夏の季節は危険な香りがする。

  • 恐ろしいほど、決まった人しか登場しなかった.
    危うさって夏が一番、濃ゆい.

  • なんだか、いけないものを垣間見てしまったような妙な罪悪感を感じてしまった。
    ラヴェルの調べに乗せて流れる激情、指が触れるだけでこんな官能を匂わせるとは、すごいなほんと。

    来年のあなたのことはそれほど、ただいまのあなただけを手にして、決して消えない傷を刻む。
    なんて女だ、さわさんよ。

全5件中 1 - 5件を表示

みなそこ (新潮文庫)のその他の作品

みなそこ(新潮文庫) Kindle版 みなそこ(新潮文庫) 中脇初枝

中脇初枝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
西 加奈子
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

みなそこ (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする