青い目のヴァイオリニストとの結婚 (新潮文庫)

  • 新潮社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101264615

作品紹介・あらすじ

日本でも多くのファンを持つ、ウィーン・フィル第一コンサートマスターのライナー・キュッヒル。その夫人が綴る、今まで語られることのなかった世界最高のヴァイオリニストの生い立ちと日常生活、コンサートマスターという仕事。そして、ウィーンでの暮らし、国際結婚の喜びと難しさ、自己中心的な姑との苦悩の日々……。大反響のエッセイ、待望の文庫化。『青い目の夫』改題

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20150725読了
    ウィーンフィル、コンマスの奥さんが著者。そこが目について購入したのだったが、買ったことをこれほどに後悔する本も珍しい。ぱらぱらとでもいいから中身を確認しろ、とあのときの自分に言いたい。定価ではない(古本屋購入)のが救いといえば救いか。●国際結婚が大変なのは当然として、それを通した個人的な日本人論等は日記にとどめるようなもの。加えて子離れしない義父母、夫ではない男性との不倫…私生活が赤裸々すぎて不快だった。素人の文章は読みにくい。

  • コンサートマスター、キュッヒル氏の奥様が書かれた本。妻として、それからビジネスウーマンとして、また日本人としての思いが率直なエピソードとともに書かれています。

  • なんと期待を裏切る内容。音楽やウィーンフィルとは全く関係なし。勝手に期待した方が悪いのですが…

  • 本のタイトルに惹かれて購入。しかし、Amazonなどのレビューを確認して購入すべきだった…と後悔。おそらくタイトルから想像して本書を手に取る人の多くの期待を見事に裏切ってくれる内容。それでも不快感を感じさせられないならまだしも、これは酷い。にも関わらず、文庫本にまでなって出版されているのは何故??

  • これはなかなか・・・。
    タイトルから想像していたのとはだいぶイメージが違った。


    自らの不倫をこんなところで発表しちゃっていいのか。
    そんな経験を堂々と告白しながら、「やっぱりこの人(夫)と結婚して良かったと思う、夫が大好き」と同じ本の中で言うのは、なんだかよくわからんな・・・。

全5件中 1 - 5件を表示

キュッヒル真知子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする