幸福の手紙 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.22
  • (2)
  • (3)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101267210

作品紹介・あらすじ

「不幸の手紙」が事件の発端だった。手紙を受け取った雑誌編集者・典子の周辺で、奇怪な事件が続いた…。バラバラ事件が発生した井の頭公園で、同業者・長谷の死体が見つかる。半月前に彼は「半分の馬」という謎の言葉を典子に呟いていた。さらに、彼女に「不幸の手紙」を送りつけたとおぼしき人物まで殺された…。浅見光彦は「半分の馬」という言葉に事件の核心を嗅ぎつけ、北海道へと急いだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不幸の手紙、幸福駅からの幸福の手紙を中心としたストーリー。主人公浅見さんの推理とともに話が展開。バラバラに見えた事件がつながり、最後は犯人たちカップルの自殺という後味の悪い終わり方だが、浅見と作者のやりとりがややそれを和らげてくれる。

  • ブックオフで105円で購入。TVでも有名な浅見光彦シリーズ。松本清張ほど引き込まれる感はないけれど、ミステリ?サスペンス?としてはよくできていると思う。光彦シリーズ他のも読んでみたい。

  • 尊敬する上司がよく読んでいた作家の本。
    浅見光彦シリーズなるもので、まぁ金田一みたいな感じ??
    殺人事件がよく起きます。
    中の土地とかは架空かと思ったら実際にあるらしい。
    「半分の馬」は興味あります。

  • 北海道・十勝地方を舞台にした旅情ミステリー。
    不幸の手紙にはじまる、不吉な事件。ルポライターの浅見光彦は、被害者が残した”半分の馬”という言葉の真意を探るため、北海道へ向かいます。
    ”半分の馬”とはいったい何なのか?
    ヒロインの女性編集者はある競走馬のファン。その馬の名が登場するシーンを探すのも、競馬ファンにはちょっとした楽しみかも。

全5件中 1 - 5件を表示

幸福の手紙 (新潮文庫)のその他の作品

幸福の手紙 単行本 幸福の手紙 内田康夫

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする