特殊法人改革のまやかし―官僚たちの甘い汁 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101272245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身近な話として、NEXCO話として、「権力の道化」を読んでみようと思ったんだけど、なかなか見あたらず、ひとまずBookoffで目に止まったこいつを。

    なんで日本の公会計はストックの把握をしないんだろう?外国もそうなのかな?確かに説明しにくいモノになりそうだけど、一方で維持管理費とかも把握しやすくなるのかな?

    あと、郵貯→大蔵省→独法←税の流れがあったとは。
    気になって調べたら、郵貯は約170兆、MUFJは約130兆円(@2013/03)でホントに大きな銀行なんだね。

    この本読んでいて、ホント日本のデフォルトの可能性をちょっと考えたりして。。。海外への分散投資に、興味もってまった。

  • 難しい。「この人の書いている通りでいいのか?」と、すっきりしないまま読む。苦行のようであった。読解力が足りないのかな。

  • 題名通り、特殊法人のデタラメさを糾弾しています。取材やレポートなので、小説のような文章の面白さはありません。それよりも、おそらく本当であろう官僚を主とするモラルの退廃に、ぐったりさせられます。

全3件中 1 - 3件を表示

櫻井よしこの作品

特殊法人改革のまやかし―官僚たちの甘い汁 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする