沖田総司を歩く (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101275215

作品紹介・あらすじ

青雲の志をいだいた沖田総司は、江戸でどのように腕を磨いたのか。近藤勇、土方歳三らと共に、戦乱の京でいかにして戦ったのか。悲劇の剣士の出生からその死までを軸に、新選組の足跡を追う歴史紀行&史跡ガイド。出稽古に励んだ武州多摩、新選組を結成した京・壬生など、ゆかりの地を東西に訪ねる。史跡や遺品の写真、観光にも便利な地図も豊富に加えた「新選組入門」の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沖田総司の生きた短い人生を、作者が自分の足で歩いて書いたものです。 内容は、詳しい解説と現在の地図上での位置、そして資料の写真、住所や参拝時間などのガイドが一冊にまとめられています。 特に解説は丁寧に書き込まれていて、異説についてや他の参考資料書からの抜粋、実際に自分が歩いてみての感想など読みごたえがあります。 沖田さん好きな方にはオススメしたい本です。 試衛館メンバーの紹介のところで土方さんが「注 女関係多し」と書かれていて、ちょっと笑えました。(作者は真剣に書いてます)

  • 一番組長のみならず新撰組の歩んだ道について簡略に(部分的には実に詳細に)まとめたガイトブックとして、わかりやすい地図もついていて、なかなか良いかも。
    語り手ならではの感慨や推察、想像も、まあ、共感できます。

  • 沖田総司紀行。

  • (2003.12.1 初版)

  • 090227(s 090430)

  • 私としては新人物往来社から出版されている同著者による同名の著書の方が好きですね。

全7件中 1 - 7件を表示

沖田総司を歩く (新潮文庫)のその他の作品

沖田総司を歩く 単行本 沖田総司を歩く 大路和子

大路和子の作品

ツイートする