東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)

  • 2066人登録
  • 4.12評価
    • (275)
    • (241)
    • (144)
    • (20)
    • (3)
  • 207レビュー
  • 新潮社 (2010年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101275710

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リリーさんがあとがきで、三千人の人が、みんな違った、三千種類の感想を話してくれたと書かれていました。
    その中には家族という枠から、息苦しくて飛び出した人もいるでしょう。辛くて逃げ出した人もいるんじゃないでしょうか。もしかしたら、追い出された人もいるかもしれません。
    家族という形は幸せの象徴だと思い込んでしまうけれど、柵となることもあると思います。
    それでも、読んだ人たちが、読んだ人たちの数だけ、家族のことを一瞬でも振り返ることのできる力のある小説だと思いました。
    そして、読んだ人たちが、読んだ人たちの数だけ、誰かを心に描いて素直に「ありがとう」って思うことのできる優しさの滲み出た小説だと思いました。

  • 大学のとき、授業中にも関わらず嗚咽を漏らしながら読んだ記憶があります。
    男の人の方がより共感するのかな…。
    素敵な家族に出会えたという気持ちです。

  • リリーフランキーさん、以前からずっと気になっていたけどずっと手を出せなかった作品。

    前半はボクとオカンの出会いからボクの成長までを描いている。

    これがダラダラと続くのかなと思いきや後半に急展開が…。


    もう涙が止まりませんでした。


    ボクに感情移入したらもう負けというか、、


    オカンの優しさ裏の努力がジワジワと後から見えてくるのに。


    それがわかった時には既に時は遅しというやつ。

    1日1日で人は変われるし、感謝するなら今しようと思った。

  • 人は誰にも親がいてどんな形にせよ想いがある。
    この本をよんで改めて母親の愛情について感謝と無償の思いに感動。

    死ぬ間際まで息子を思う。
    生活が苦しくても幸せな日々。
    子供と一緒に生活する幸せ。

    オカンは幸せだった。

    途中、何度か涙が溢れそうになり、やはり自分の親に思いを馳せた。

    いい本でした。
    大人になって結婚して子供ができてやっと親孝行しなければ思う。

  • 最初の方は馴染めなくて
    なかなか進まず…
    ふーんという気持ちが勝ってた。

    でも後半はいろいろと
    考えてしまうこともあって
    特に最後はちょっと読んでは
    立ち止まって噛み締めて…を
    繰り返していた。

    この家族の話も泣けるけど
    読みながら自分自身の親のことを
    改めて考えたときに泣けた。

    いつかはその日が来るんだよなぁ。

  • 2006年 本屋大賞

    リリーフランキーのエッセイ
    映画にもなって結構話題になってたけど

  • ★2006年度本屋大賞

    配置場所:2F文庫書架
    請求記号:913.6||R 47
    資料ID:C0031301

  • 心がホクホクする。リリーフランキーが好きになった。
    おでんくんだけじゃなかった!

  • 泣きながら読みました。

  •  8回ぐらい泣いた。
     オカンの人生が小さく見えるのは、オカンが自分の人生を息子に分け与えているから、というのはとても素敵な考え方。
     僕自身一人息子なこともあって、オカンからの愛情を重荷に感じ、またいつまでも心配され、一人の大人として認めてもられないことにひどくプライドを傷つけられる。
     なぜこんなプライドを持つのか、どう折り合いをつけたらいいのか、分からない。

全207件中 1 - 10件を表示

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)のその他の作品

リリー・フランキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)に関連するまとめ

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)はこんな本です

東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする